投資ファンドGrayscaleが大量のビットコインキャッシュの売却を終える

Grayscale Investmentsがビットコインキャッシュを換金
Grayscale Investmentsが付与された大量のビットコインキャッシュトークン(172501BCH)を投資者に直接支給せず、一度ドルに換金しました。
ビットコインキャッシュの今後
今回のGrayscale Investments「大換金」が終了したことにより、ビットコインキャッシュの価格高騰が期待されています。

ハードフォーク初期では反対する人が多かったビットコインキャッシュは、比較的多くの団体やユーザーに支持されています。

ビットコインキャッシュ投資者にとって、このGrayscale Investmentsのニュースは大ニュースに値するでしょう。

Grayscale Investmentsは、ビットコインの投資ファンドですが、BCHハードフォーク時ファンドとして保有するBTCに対して付与されたビットコインキャッシュトークンを投資者に直接返さず、一度売って現金の形で返すことを発表していました。

過去5週間の間に合計172501BCH(ビットコインキャッシュトークン)が公開市場上で売れましたが、上記の売却過程は正式に終了したことを報告しています。

ある意味では、この「換金」は正解でした。売却が実行されずただ一つのファンドに管理されているトークンが多いことがわかっている状態が続くと、Grayscale Investmentsは市場を暴落させることもできるという懸念点に繋がりかねません。

今回のGrayscale Investmentsは暴落をさせない安定な道を選び、市場に少しずつBCHを投下していきました。

トークンは2017年11月6日まで会社の管理下にありましたが、会社の信託契約に従い、全てのトークンが投資者のために換金されました。換金後、現金は適宜に会社の株主に支給されます。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Grayscale InvestmentsのBCH売却の影響

より具体的に、各株主は1株につき$113.195042(約1万3千円)が支給されます。

これはGrayscale Investments株主にとってもとても良い知らせであり、中には当初期待していた以上の利益を得る人もいるでしょう。

しかし、この売却が行われている最中ビットコインキャッシュの価値はしばらく前から$1400(約15万8千円)付近で安定しています。

驚くことに今回の「換金」による相場の大きな変動はありませんでした。

しかし売却が終わった本日14日にBCHが再度価格上昇を始めたことを考えると、市場の高騰を抑えていた要因の一つであったことに違いはないでしょう。

ビットコインキャッシュの将来にどのようなことが起きるかを見届けていきたいです。

この「大換金」が終わり、市場はまた安定し、売りの圧力が弱まることは間違いないでしょう。

ほとんどのトークンはここ数日のうちに価値が急増しました。

そしてビットコインキャッシュもまた例外ではありません。

しかし、今回の「換金」により仮想通貨界全体にどのような影響が与えられるかはまだ不明です。

Grayscale Investmentsが立ちはだかる脅威でなくなったため、ビットコインキャッシュのこれからに期待できます。

2017年は全暗号通貨にとってなかなかおもしろい一年でした。

最初から反対する人が多かったにもかかわらず、ビットコインキャッシュは比較的多くに支持され生き残っています。

Grayscale Investmentsはビットコインキャッシュから手を引き、一つの障害物がなくなりました

2017年の終わりにはまだ何かが起こりそうです。しかし、どのようにことが運ぶかは今のところまだ未知のままです。

Grayscale Investments Completes Bitcoin Cash Liquidation

Dec. 13, 2017 by JP Buntinx

参考記事はこちらから
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)ニュースまとめ
ビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。