【前編】ビットコインマイニングエネルギー危機を解決する5つの方法

ビットコインマイニング費用と環境への影響
ビットコインマイニングには大量のエネルギーが必要であり、二酸化炭素排出による環境問題が話題になっています。

最近のニュースではビットコインマイニングによるエネルギー利用量と環境への影響が話題になっています。

当時、一回のGoogle検索は60ワット電球を17秒間点灯できるほどのエネルギーを必要としました。これを見ると多量のエネルギーが消費されていることがわかります。

ここで本日までを早送りしてみましょう。Googleは2017年、全二酸化炭素排出量を相殺するほどのクリーンエネルギーを購入したことを発表しました。

 優秀な人材をこの問題に割り当て、二酸化炭素排出量削減に数十億ドル投資しました。結果、エネルギー消費効率の大幅改善に成功しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインと増え続ける二酸化炭素排出量に対する批判について

研究者によると、一年の間にビットコインマイニングに利用されるエネルギーはアイルランド全体が必要とする量よりも多いです。

そのうえ、オランダ銀行ING(インターナショナーレ・ネーデルランデン・グループ)によると、ビットコイン一個の取引に必要なエネルギーは家一軒の電力1ヶ月分に値します。

つまりビットコインマイニングは世界の気候の変化に影響しています。

実際ビットコインマイニングの費用は?

Digieconomistによるとビットコインは毎年32テラワットのエネルギー(米国の家約300万軒の消費電力に等しい)を利用しています。

そのうえ、ビットコインマイニングに必要なエネルギーは指数関数的に増え続けると予想されています。

多くの人はビットコインのマイニングが、徐々に解くことが難しくなる数学式をもとにしていると考えています。

ビットコイン創設者はマイニング難易度の自動調節が可能なネットワークを開発しました。

これにより計算力に関係なく10分に1個のブロックが必ず生成されます。

ビットコインが立ち上げられた年(2009年)には、マイニング者に生成ブロック一個につき、50ビットコインが与えられました。

その数は4年ごとに半減します。2012年に25ビットコインまで下がり、2016年には1ブロックにつき12.5ビットコインとなりました。

そして2020年には6.25ビットコインまで下がる予定です。

論理的には収入が半減した場合、費用も同様に減少しないと利益がないと判断されてしまいます。

GristのEric Holthausによると現在の成長レートが変わらなければ、

2020年にはビットコインネットワークの消費電力は現在、全世界が利用している電力と同等になります。これは持続不可能な道です。

本当に問題はあるのでしょうか?

まず最初に、果たしてこの問題を解決する必要はあるのでしょうか?他のどの市場 (例えば、金、石油、不換通貨)同様、生成にはエネルギーが必要です。

金のマイニングや採油は環境に大きな影響を与えています。

しかし、ビットコインはデジタルなのになぜ必要以上のエネルギーを消費するようにデザインされたのでしょうか?

Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)は消費エネルギーの増加を予期し、ブロックマイニング費用とブロック価値が大体等しくなるようにデザインしました。

彼はProof of Work algorithm(プルーフ・オブ・ワークアルゴリズム)を利用して供給を制御(9)しました。

ビットコインの価値が上昇している主な理由は、供給の制御と匿名かつ公平な分配システムです。

環境への影響にかかわらず、この最初のデザインに賛成している人もいます。彼らは安全で透明な通貨制度にそれだけの価値があると主張しています。

私はその主張にはどちらかというと反対です。

なぜなら理論的にはビットコインが失敗し、全てが台無しになることも有り得るからです。

5 Ways to Solve the Bitcoin Mining Energy Crisis

Dec. 11, 2017 by Mark Fidelman

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

一年の間にビットコインマイニングに利用されるエネルギーはアイルランド全体が必要とする量よりも多いと本文中で述べられていましたが、2018年の10月には、イギリスの総電力消費量をも凌駕するのではないかと予想されています。

マイニングによる電気消費は今後もさらに深刻化されると考えられるでしょう。

今後我々がこの問題にしっかりと向き合っていく必要があり、今回は、現在考えられる5つの解決策を後編でご紹介します。

ビットコインマイニングの消費電力が世界159ヶ国の各消費量より多い現状
ビットコインの需要が増えていくにつれて、ビットコインマイニングの電力消費量も上昇しています。既に世界中の159ヶ国それぞれの消費電力量よりも多く消費していて、2018年10月にはイギリスの総電力消費量をも凌駕するのではないかと予想されています。