仮想通貨間取引も米国税庁IRSの調査対象となり課税対象となる

脱税を取り締まるために、米国税庁IRSは最新税制法案を発表
ビットコインをアルトコインに換え、アルトコイン投資にて税負担を避けようとしていた米国の投資家に悲報です。
ブロックチェーンを利用した取引所売買追跡サービス
ブロックチェーンアナリスト専門サービスを利用し、特定の人物の仮想通貨取引記録を3年前まで監査することが可能です。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコイン対アルトコイン取引は“同種”交換の対象にはならない

本日まで、税理士や会計士はビットコインをアルトコイン購入のために取引すれば課税の対象にならないと主張できましたが、アメリカ合衆国内国歳入庁(日本でいう国税庁)IRSはこの“税金の抜け穴”を埋めるために急いでいます。

最新の税制法案はこの税金最小化戦略を無効化します。

そもそも問題はIRSがビットコインを財産と分類したことが始まりです。内国歳入法 セクション1031を基にすると、仮想通貨間取引(ビットコインとアルトコインの取引など)は“同種”交換(Like-Kind exchange)に値するので非課税対象になると議論できます。

【補足】 Like-Kind exchange:  同種交換◆米国で同種の資産を交換した場合は、その資産を売却するまで課税対象にしないと言う制度。

しかしそれを覆す様に、最新税制法案は、“同種”交換は不動産取引だけに対象すると定義します。

例えば、ビットコインをtether(USDT)に換えたとき、課税の対象になります。

NY会計事務所税務マネージャー Evan Fox氏は以下のように述べています。

『一部の方は、“IRSが財産だと定義したビットコインとアルトコインを投資目的で取引しているので、これは内国歳入法 セクション1031によって守られます”と主張しますが、この弁解はすこし無理があります』

現在のフレームワーク

現状でアメリカ市民は、ビットコイン取引の利益を基に、自らそれに掛かる税金を計算し、申告しなければいけません。

資産所有期間が一年未満だった場合、短期投資の対象となり、税率は10~39.6%になります。

所有期間が一年以上だった場合は、長期投資と見なされ、税率は20%になります。Coinbase社で2万ドル(225万円)以上を取引した場合、自動的にIRSに記録が残ります。

Fox氏は以下の通りに述べています。

『ビットコイン投資で得た利益を現金化し、そのお金で200万ドル(約2.2億円)の家を購入すれば、もちろんIRSは気付きます。お金がどこからともなく現れることはないのです』

IRSは『Chainalysis』というブロックチェーンアナリスト専門サービスを利用し、特定の人物の仮想通貨取引記録を3年前まで監査することが可能です。

『数年後IRSが資産運用を解読できるようになれば、未申告の仮想通貨投資利益に発生している利子と罰金を課せられるようになるでしょう。ある程度のリスクを覚悟し申告をしない投資家もいますが、捕まった場合の結果は一目瞭然です

Fox氏はこのように述べています。

Trading Bitcoin for an Altcoin Won’t Shield You From the IRS Anymore

Avi Mizrahi on December 19th, 2017

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。