仮想通貨取引所DMM Bitcoinについて/取り扱い通貨等最新情報を掲載

取引所DMM Bitcoinが1月11日にスタート
株式会社東京ビットコイン取引所は12月12日に株式会社DMM Bitcoinに社名を変更し、2018年1月11日に口座開設申込受付開始しました。
取引可能な仮想通貨は7種類
BTC、ETHが現物取引可能で、XEM、XRP、LTC、ETC、BCHはレバレッジ取引のみ可能です。

2017年12月20日、株式会社DMM.com(以下、DMM)が重大発表をしました。

その発表は、株式会社東京ビットコイン取引所を12月12日に株式会社DMM Bitcoinに社名変更し、2018年1月11日に口座開設申込受付開始、という内容です。

年明けや1月にはSBIの取引所も2つ(SBIバーチャルカレンシーズとDigital Asset Exchage)オープン予定です。

よって、2018年早々から仮想通貨取引所の業界に大手企業が多数参加することになります。

また、最近ではbitflyerやcoincheckがテレビCMを流していることもあって新規参入者が増えていますが、大手企業が取引所を多数開設することで仮想通貨市場の更なる拡大に繋がるでしょう。

DMMはマイニング事業にも進出していて、今後も仮想通貨業界における存在感を増していくと思われます。

目次
  1. DMM Bitcoinの手数料等概要
  2. DMM Bitcoinの取り扱い通貨
  3. DMM Bitcoinのアプリについて

DMM Bitcoinの手数料等概要

取引時間

24時間365日 取引における1日の区切りは午前7:00~翌午前6:59

(ただし、毎週水曜日正午12:00~午後6:00はメンテナンス時間となり取引はできません)

注文の種類

現物取引

ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)

レバレッジ取引

ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、OCO(オーシーオー)、IFD(イフダン)、IFO(IFD+OCO)、一括決済、クイック決済

※注文の有効期限は現物、レバレッジともGTC(Good Till Cancel)のみ

レバレッジとロスカット

レバレッジ取引:5倍固定

ロスカット:証拠金維持率が80%を下回った時点で、未約定注文を取消後、証拠金維持率が80%を回復しない場合は全てのポジションを決済

取引手数料

現物取引

取引手数料:無料

レバレッジ取引

取引手数料:無料

レバレッジ手数料(スワップ):日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算

円貨の入出金

振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)

クイック入金手数料:無料

仮想通貨の入出庫

入庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はお客様負担)

出庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はお客様負担)

DMM Bitcoinの取り扱い通貨

  1. ビットコイン BTC
  2. イーサリアム ETH
  3. ネム XEM
  4. リップル XRP
  5. ライトコイン LTC
  6. イーサリアムクラシック ETC
  7. ビットコインキャッシュ BCH

DMM Bitcoinの取り扱い通貨には注意点があります。

それは、現物取引が可能な通貨は現状だとビットコイン(円建)、イーサリアム(円建orBTC建)だけ、という点です。

他の取り扱い通貨(XEM、XRP、LTC、ETC、BCH)に関しては、現物取引には対応していません。

なお、レバレッジ取引に関してはアルトコイン全て円建てとBTC建で行う事が可能で、ビットコインも円建てでレバレッジ取引が可能です。

また、レバレッジ倍率は最大5倍です。

DMM Bitcoinのアプリについて

DMM Bitcoinのアプリ版はiOS、Androidに対応予定です。

また、チャートを眺めながらワンタッチで発注する事が可能で、レートアラート通知やテクニカル指標アラートといったポップアップ機能も搭載する、とのことです。

上の公式画像では売りと買いの値段が隣り合わせになっているため、スプレッドの大きさが一目で分かるのもユーザーにとってはありがたいです。

仮想通貨取引の新サービスオープン&口座開設受付開始

株式会社DMM Bitcoin 2017年12月20日

参考記事はこちらから

DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所の商号変更及び平成30年1月からの新ブランド「DMM Bitcoin」での取引サービススタートのお知らせ

株式会社DMM.com 2017年12月20日

参考記事はこちらから