【後編】2018年ベンチャーキャピタルが注目する4つのテクノロジー

来年は新しいサービスが増える
ブロックチェーン技術を利用し、仮想通貨エコシステム内の仮想通貨保管、証券、アプリディストリビューション、ブロックチェーンベースのファイル管理を含むサービスなどの新しい仮想通貨企業やサービスが増えるでしょう。

この記事は「2018年ベンチャーキャピタルが注目する4つのテクノロジー」の後編となります。

前編はこちら↓

【前編】2018年ベンチャーキャピタルが注目する4つのテクノロジー
来年度、ベンチャーキャピタリストによってブロックチェーン、ボイス、AI、そしてアニマルコミュニケーションが注目されるでしょう。また、ビットコインよりブロックチェーン、と考える人も存在します。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

全て“Dollar Shave Club”化

Unileverが10億ドル(1,136億円)でサブスクリプション型髭剃りサービスを提供するDollar Shave Clubを買収して早18ヶ月となりました。

そのビジネスモデルを真似た企業はまだ現れていません。

確かに消費材カテゴリー電子化の市場スペースは存在し、投資家はいずれその波が来ると信じています。

Kleiner Perkins Caulfield & Byers社パートナーのMamoon Hamid氏は、“デジタルネイティブ製品”の投資を狙っていると述べ、ベンチャー支援企業のNurx(バースコントロール製品)、Curology(ニキビ治療のスタートアップ)、SmileDirectClub(矯正サービス)などの企業名を挙げ、このカテゴリーのトレンドを証明しました。

Greycroft社パートナーのKamran Ansari氏は近日、Billie(女性用オンデマンドかみそり)に投資したと述べました。

さらにこのトレンドの証拠として、Candid(矯正サービス)、Roman(ミレニアム世代用のバイアグラ)の企業名を挙げました。

Ansari氏は、Dollar Shave Clubの後継製品の不足を理由に、消費者製品の巨大企業がこの市場対して慎重な姿勢を挙げました。

しかし来年はより多くのM&Aがあるでしょう。彼は、『大手ブランドがこの市場に投資を始めるのは時間の問題です』と述べました。

大手企業は確かにこの市場に注目しています。

過去半年、Foot Locker、Macy’s、Express Scripts、CVS社のCEOらはAmazonの危険性について対談しました。

『CPG、小売り、薬局などの業界では、Amazonの脅威から身を守るために、より積極的な投資と買収を行う必要があります。この業界で生き残るために、再開発の必要性を感じています』

とデータ企業CB Insights社CEO Anand Sanwal氏は述べました。

Amazon Echo、Google Homeなどのボイスデバイス関連のサービスを提供する企業が増えていて、投資家はその企業らを注目しています。

Canvas社のLynn氏は、以下のように述べました。

『ハードテック問題がほぼ解決された今、スタートアップ企業はボイスや広告を利用した新しい商機を狙っています』

現在、Amazon社のAlexaは広告ビジネス向きではなく、改善点が存在するため、VoiceLabs社は手を引きました。

しかし来年度、クリエイティブなソリューションを持ったスタートアップ企業は成長するでしょう。

デジタル広告より有料メディア

近年、ベンチャーキャピタルはMic、Mashable、BuzzFeed、Vox Media、Group Nine Media、Vice Media、Refinery29、Bustle、Clique Media GroupInなどを含むデジタルメディアスタートアップ企業らを助長しました。

しかし上記の一部企業はベンチャー投資家の期待に応えることに苦戦しています

例えば、過去数週間BuzzFeedやRefinery29は一部従業員の解雇を発表し、噂ではVice社は目標利益を達成できず、 Mashable社は一部事業をZiff Davisに売り渡しています。

ベンチャー投資家は今年9月6千万ドル(約68億円)を調達したPatreonのようなサブスクリプション型の商品に目を止めています。

ベンチャーファンディング1億3200万ドル(150億円)を調達したMedium社は、近日ビジネスモデルをサブスクリプション型に変更しました。

それだけではなく、投資家は広告、アフィリエイト、サブスクリプションを混ぜた収益モデルのコンテンツビジネスにも注目しています。

Kaplan社は、Reviews.comを所有するスタートアップ企業 PurchやGeneral Atlanticポートフォリオ会社であるA Place for Mom(上級居住施設の紹介サービス)などをトレンドの例として挙げました。

アニマルコミュニケーション

Lux Capital社のJosh Wolfe氏は、将来性のある長期的なアイデアを狙っています。

彼が最近、最も注目しているのは人間対動物のコミュニケーションです。

Wolfe氏は、テクノロジーを使い、動物へ同情するシグナルプロセスを改善したことにより、人間対動物のコミュニケーションの需要が増すと指摘します。

彼は既にこの分野を研究する人々に声をかけています。

Wolf氏は以下のように述べました。

『彼らと協力し、ペット所有者にとって魅力的で、最高の人材と真の最先端技術を誇るアップルのような会社を設計する、という大きな野望を持っています。成功するかはまだわかりませんが、もし成功した場合、百億ドル規模の企業となるでしょう』

WHERE VC’S WILL INVEST IN 2018: BLOCKCHAIN, AI, VOICE, PETS

RIN GRIFFITH 12.20.17

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。