Cboeが米証券取引委員会(SEC)に6つのビットコインETFを申請

Cboe Global Marketsが新たな資産カテゴリーに賭け、SECに6つのビットコイン関係上場投資信託の登録を申請
今月初め、Cboeはライバル取引所CMEグループに先立ち、ビットコイン先物実装を試みました。

ETFの解説はこちら↓

ビットコインがETFとなる可能性とその影響
まず初めに、今までビットコインを取引していたのは個人投資家であり、機関投資家の存在はほとんどありませんでしたが、ビットコインETFという金融商品になること機関投資家でも取引できるようになり、新しいビットコインの形が誕生するでしょう。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ETFとは

Exchange Traded Fundの略であり、証券取引所に上場している投資信託のことです。

証券取引所を通して誰でも取引できるようになっているため、株と同じように取引所がオープンしている時間は取引可能です。

誰でも取引ができるということで、個人投資家だけではなく、機関投資家も投資することができる金融商品です。

種類も豊富で株式、金、原油など世界中の色々な資産に投資できます。

また、今あるビットコインに連動するビットコインETFは、ビットコインの値動きとほとんど同じ動きをするように運用されます。

投資家はそのETFが連動する指標が組み込まれている株式をパッケージにしたような受益証券というものを取引し、この証券は株式と同じように証券会社を通じて取引できるのです。

手数料に関しても株式投資のように安く、売買がシンプルであるメリットもあります。

Cboeが6つのETFを登録申請

以下が6つの上場投資信託です。

  • First Trust Bitcoin Strategy ETF
  • First Trust Inverse Bitcoin Strategy ETF
  • REX Bitcoin Strategy ETF
  • REX Short Bitcoin Strategy ETF
  • GraniteShares Bitcoin ETF
  • GraniteShares Short Bitcoin ETF

これらの上場投資信託により、取引者は変動する仮想通貨先物コントラクトの動きに投資することができます。

Cboeは先週にかけてSECに6つの上場投資信託の登録を申請しました。

ビットコイン自身は先週打撃を受け、週初めの過去最高値から44%も下がり、12月22日(金曜日)、価格は$11,000(約124万6千円)を下回りました。

Cboe代表者がCNBCに対し、

「今回のビットコイン先物実装の成功を機に、いくつかのパートナーは取引所ソリューション発展とともに前進することを考えています」

と発表しました。

First Trust上場投資信託によると、Cboeは

「主にビットコイン先物コントラクトに投資するが、他のRecordedビットコインデリバティブ、OTCビットコインデリバティブ、米取引所ETP、そして米以外のコンポーネントストック(まとめて、「Bitcoin Instruments」)にも投資する可能性があります」

REX上場投資信託は資産のほとんどをビットコインデリバティブに変えますが、米取引所上場投資信託も購入するかもしれません。

GraniteShares上場投資信託は先例に従います。

取引所が仮想通貨界での前進を競う中、Cboe Global Markets上場投資信託は二つのビットコイン上場投資信託登録を申請したNYSEのすぐ後ろまで来ています

CBOE Files To List 6 Bitcoin ETFs (Exchange-Traded Funds) With The SEC

日時不明 by BitcoinExchangeGuide

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧

CoinPostの考察

今まで多くのビットコインETFがSECによって却下されてきました。 有名なところだと、ウィンクルボス兄弟が提出したウインクルボス・ビットコインETFも同様な状況なっていましたが、BTC先物上場を経て米国に認可されるCboeのETF登録申請の動きにより、より現実的なものに近づいたことは間違い無いでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。