ゴールドマンサックスが仮想通貨のトレーディングデスクを設置

ウォール・ストリート初の市場参入
多くの取引や投資信託が参入する一方で、ゴールドマンサックスがウォールストリートで初の市場参入を検討する大手証券会社となります。
仮想通貨のトレーディングデスクを設置
安全性と取引量の一連の課題に取り組み、この市場を2018年6月までには稼働させたいと計画しています。

急な風の吹き回しで、ゴールドマンサックスはビットコイン戦略思考を持ちはじめてきています。

この急成長している分野に多くの取引商品や投資信託が参入する一方で、ゴールドマンサックスがウォールストリートで初の市場参入を検討する大手証券会社となります。

機関運営の変化

ほんの数か月前、ゴールドマンサックスは仮想通貨市場とその筆頭であるビットコインを牽制していました。

10月に

「ゴールドマンサックスは新興で不安定なこの資産にいかに対応するべきかをまだ決めかねている」

とCEOのLloyd Blankfein(以下、ブランクフェイン氏)はツイッターで呟いています。

しかし、翌11月にブランクフェイン氏は、ゴールドマンサックスが仮想通貨の採用を検討し始めたと述べました。

今やゴールドマンサックスは仮想通貨市場に果敢に立ち向かっているようです。

Bloombergで取り上げられたように、この証券会社は仮想通貨のトレーディングデスクを設置し始めましたが、その目的は自社の市場をデジタル資産市場へと広げることにあります。

安全性と取引量の一連の課題に取り組み、この市場を2018年6月までには稼働させたいと計画しています。

この一連の開発によってゴールドマンサックスは、ウォールストリートでは初めて伝統的な市場に仮想通貨を取り入れることとなります。

社内のどの部門がこの新市場を管轄するかはこれから決定されますが、その通貨商品の系統的な取引の仕組みの責任は自社が持つことになります。

新たな資産形態の起こり

今月、多くの機関がシカゴ・オプション取引所(CBOE)のビットコイン先物取引をしましたが、ゴールドマンサックスもそのうちの一つでした。

こういった先物は様々な特定仮想資産に向けてせきを切ったようですが、ゴールドマンサックスは需要に応えようとしています。

ゴールドマンサックスのスポークスマンMichael DuVally氏はある声明の中でこう述べました。

「顧客のデジタル通貨への関心に応えようと、我々は一番うまく顧客に役立てる方法を探求している」

新年に近く中で、ウォール・ストリートのような伝統的な金融機関はビットコインや仮想通貨に着手する動きが追随することは間違いないでしょう。

投資信託やさらに多くの先物取引のぼんやりとした可能性が視野に入り、多くの参入者は仮想通貨が着手されることを予期しています。

多くのよい予測が2018年に続いていきます。

Goldman Sachs Is Establishing a Cryptocurrency Trading Desk

Dec. 23, 2017 by Colin Harper

参考記事はこちらから