業界別3大覇権通貨ビットコイン、イーサリアム、モネロの利点・欠点

最も貯蔵価値に優れるビットコイン
現在ビットコインは市場で最も高いハッシュレート(43億GHz)を持つため、現状最も安全でハックに強い仮想通貨です。
最も優れたDApps、イーサリアム
イーサリアムプロジェクト“Metropolis”は仮想通貨利用をより安易にさせるため、今後イーサリアム値が高騰することが考えられます。
最もプライバシー性能が高いMonero(XMR)
取引履歴などの個人情報やMonero口座を開くために特別なプライベートキー(view key)が必要になり、送金主、送金額、入金先などの個人情報は全てパスワードで守られます。

2008年、ビットコインが誕生して以来、個人事業主が独自の仮想通貨を作成することが安易になっています。

市場に流通するトークンをコピーし、パラメーターを調整するだけで独自の仮想通貨を作ることができます。

これにより、ウェブ上に流通する仮想通貨は多量に増え、どの通貨が安全、信頼、利益的か判断をすることが難しい状況になっています。

残念ながら、新しく誕生する多くの仮想通貨は詐欺であることが現状です。時に不正な通貨は、良く管理され高い認知度を得ることがあります。

一部の不正コインは個人情報を奪い、一部の不正コインは(本来存在しない)価値があるように見せることに優れます。

コインを判断する際に考慮すべき要素は3つ存在します。それは貯蔵価値、DApps(分散型アプリケーション)、そしてプライバシーです。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

最も貯蔵価値に優れるビットコイン

ビットコインは市場に登場した最初のコインで、その他多くの仮想通貨はビットコインコードを基盤としている通貨が殆どです。

さらにビットコインは市場で最も高いハッシュレート(43億GHz)を持つため、多くのマイナーの計算力からビットコインは現状最も安全でハッキングに強い仮想通貨でしょう。

ビットコインは初代の仮想通貨で、アルトコインはビットコインのブループリントを基にしているため、多くの取引所はビットコインを基軸通貨としてアルトコインの取引を行います。

アルトコイン同士で取引をすることはほとんどなく、大きな取引所でも少数のアルトコインペアがある程度となります。よってビットコインが人気になれば、比例してアルトコインの人気も上がります。

逆に言えば価格下落もフィアット建で見ると影響が及ぶため、BTCの価格変動は市場全体にとって重要な位置を占めています。

ビットコインの利点

  • ビットコインは全ての仮想通貨のベース
  • 初代仮想通貨のため、ビットコインは最も安全なブロックチェーンであり、最大のハッシュレートを持つ
  • 2008年から流通するし長い目で研究されているため、詐欺ではない

ビットコインの欠点

  • ビットコインのブロックチェーンサイズ(1MB)は巨大なため、毎秒3取引に制限される
  • 1MBのブロックサイズにより手数料が高騰
  • 1MBブックサイズにより取引が遅延

これらのブロックチェーン問題は他のコインに比べて、ビットコイン取引・マイニングを遅らせます。

最も優れたDApps、イーサリアム

仮想通貨を利用する大きなアドバンテージは、政府などの中央政権にコントロールされないため、国や政府が通貨の価値に影響を及ぼすことがない点です。

この特性は仮想通貨を動かす分散型アプリケーション(DApps)と呼ばれるソフトウェアに由来します。

仮想通貨アプリケーションがどれほど分散されているかは、利用するユーザー数とその価値が定めます。

特定の仮想通貨に関る開発者が多ければ多いほど、より分散されます。

オープンソースコードにも同じことが当てはまり、より多くの開発者が関わればコード変更も安易になります。

残念ながら、イーサリアムのコード言語の読解は困難なため、イーサリアムをコピーするには一定以上の知識が必要です。

イーサリアムプロジェクト“Metropolis”は仮想通貨利用をより安易にさせるため、今後イーサリアムの価格が高騰することが考えられます。

イーサリアムの利点

  • イーサリアムはビットコインの次に高いハッシュレートを持つ
  • イーサリアムはうまく管理され、明確なリーダシップチームに先導される
  • イーサリアムは市場内最高のDAppsを開発・リリース
  • マイクロソフトを始めとする大手企業が支援

イーサリアムの欠点

  • コード言語を習得するのが困難
  • 科学技術知識がある方以外にとってシステムは複雑

最もプライバシー性能が高いMonero(XMR)

Moneroは“改善をするためには欠点が伴う”という概念の最も典型的な例です。

Moneroの場合、プライバシーが足される度に、通貨の利便性が少しづつ減少します。

一方で、Moneroはダイナミックなブロックチェーンサイズを持つため、Moneroはビットコインやアルトコインが成長することに対して持つ懸念を考慮することなく、急激に成長することが可能です。

つまりMoneroが成長しても手数料は変わらず、ネットワーク運営を妨げないことを意味します。

さらにMoneroマイニングの報酬に影響せず、その価値は独自で維持されます。

Monero最大の利点は、ユーザーへ莫大なプライバシーを与える事です。

取引履歴などの個人情報やMonero口座を開くために特別なプライベートキー(view key)が必要になります。

送金主、送金額、入金先などの個人情報は全てパスワードで守られます。FBIはMoneroの取引履歴を見れないため、企業名を挙げて懸念を表しました。

この水準はセキュリティ面に優れる反面、Moneroの利便性を妨げることになります、なぜならユーザーは複雑な手順を踏む必要があるからです。

もしあなたが完全な匿名性を求めているなら、Moneroを選択すべきです。

また匿名通貨の中で、モネロはマルチシグ機能を追加しており、闇サイトなどダークネットがモネロに集約することが予想されています。

Moneroの利点

  • ダイナミックなブロックチェーンサイズにより、 Moneroはスケーラブル
  • 誰が利用しようとMoneroはプライベート(非公開)
  • 代替可能
  • MoneroマイニングはGPUを必要としない
  • マルチシグの採用

Moneroの欠点

  • MoneroのGUIは不完全なため改善点が多い
  • Moneroの利便性は低く、通常の取引よりコツが必要

Cryptocurrency Holy Trinity – Store Value, Payment Privacy & DAPPs?

Bitcoinexchange guide

参考記事はこちらから