2017年はビットコインの年、2018年はイーサリアムの年

ビットコインとイーサリアム
ビットコインは限られたユーザーにしか手が出せませんが、イーサリアムは一般化を目指しています。
次の王位はイーサリアム
2017年11月DevCon3(イーサリアム開発者会議)が行われ、チームはブロックチェーン革新の限界を越えようと挑戦中。今後の2018年はおそらくイーサリアムの年になるでしょう。

ビットコイン・仮想通貨の長年投資者から見ても2017年は驚くべき年でした。しかし、これは始まりにすぎません。

評価にかかわらず、メジャーなプロトコルはユーザーにバリューを届けることにおいてはまだ不完全です。

ビットコインは高い手数料および遅い取引時間という問題を抱えているため、適切な決済方法とは言い難いです。

コーヒーを買うときと大金を送るときとで同じ手数料がかかってしまっては話になりません。

さらに、ライトニングネットワーク のようなスケーリングソリューションも未だ実現できていません。

いくら価格が大きく上昇したといっても、ビットコインの価値の保存としての立ち位置は不安定です。

新旧支持者が不足していない上、より良いビットコインフォーク作成に力を入れている開発者が十分にいる中、私はもっと適応性のある代用品に賭けています。

イーサリアムのようにスマートコントラクトを利用するブロックチェーンの扉は大きく開かれており、その潜在市場が「価値の保存」チェーンの成長を妨ぐでしょう。

イーサリアムのようなプラットフォームは分散型財政および商業のオペレーティングシステムです。

それらプラットフォームはかなり多くのアプリケーションを扱っています。

ビットコイン(DOS)、イーサリアム比較(Windows,Mac OS)

ビットコインをディスク・オペレーティングシステム(DOS)、そしてイーサリアムをWindowsまたはMac OSとして考えてみてください。DOS自体には何も問題はありません。

先駆者であり、コンピューターの成功に欠かせない存在でした。

我々オタクはDOSとともに育ちましたが、コンピューターが主流となったのはWindowsとMac OSの出現以降です。

DOSは習得が難しく、プログラミングするにも手ぎわを要します。その上、アプリケーションがほとんどありませんでした。

WindowsとMac OSはアプリケーション作成を支持および促進しているため、結果的に使いやすいと思われるようになりました。

イーサリアムは例えるならWindowsとMac OSと同じであり、結果として現在千単位のアプリが開発されています。

まるで2000年のインターネットブームを見ているようです。数千もの新会社が調整された革新的ビジネスモデルおよび最先端コンプライアンス、そしてそれらの資金を供給する新たな手段をもって誕生しています。

ほとんどはPets.comやWebvanのように失敗しますが、ブロックチェーン時代のAmazon、eBay、またはGoogleになり得る会社も現れるでしょう。

しかし、証明された安定性と並外れた不変性でいうと、ビットコイン開発者は敬意を受けるに値するのではないでしょうか?

これに関してはすぐに「はい」とは言えません。彼らは変わるくらいなら一般人の利用を諦めるぐらい変化に対して抵抗があります。

事実を正直に受け入れましょう。

現在ビットコインを利用しているのは高い取引手数料を払う余裕がある数少ないエリート主義者だけです。彼らが選んだ道の先は行き止まりです。

考えられるイーサリアムの今後

11月のDevCon3(イーサリアム開発者会議)では代わりとなる手段が見つかったのかもしれません。

2000人の開発者が各$1000以上を支払って参加し、ブロックチェーン革新の限界を越えようと挑戦しました。

イーサリアムの未来は安定でしょう。しかし、他のスマートコントラクト対応技術についてはどうでしょうか?

イーサリアム2.0を名乗り、王位をねらう新参者が現れていることは確かです。

しかし、どれも未だイーサリアムのような革新や急速な発展を証明できておらず、その思考態度も見られません。

それらが失敗すると決め付けるにはまだ早いですが、イーサリアムの革新への献身と有効性から、将来ブロックチェーンアプリケーション開発の主要プラットフォームになることは間違いないでしょう。

2017 Was Bitcoin’s Year. 2018 Will Be Ethereum’s

Dec. 27, 2017 by Jez San

参考記事はこちらから