ビットコインとAmazonが中流階級に与える影響

アメリカ経済は問題点を抱えている
アメリカ経済の現状は従来の発展途上経済で資本家的部門(近代部門)と生存維持的部門(伝統的部門)が分裂したように、約20%の米国雇用者は金融、ハイテック、エレクトロニクスなどの高賃金の職に就き、残りの80%は低賃金の職に就きます。
ビットコインとAmazon
最新の資本主義の理想は、ものづくりや誰かに生活賃金を払うことなく、儲けを出すことです。そして、これにはビットコインとAmazonが当てはまります。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

アメリカ議会が逆進税(課税対象額が高いほど税率が下がる税制)を認める

2017年も終わり、アメリカ議会は既に裕福な富裕層に富を再配分する税制法案を可決しました。

これは金メッキ時代以来初めての立案になります。

今回の税制法案は逆進税(課税対象額が高いほど税率が下がる税制)であり、現状の経済システムを考慮した上で、合理的な法案になります。

アメリカ経済の現状

我々は過去数か月間、末期の資本主義の例を多数目の当たりにしました。

Forbes社は、米国で最も裕福な3人(ビルゲイツ、ウォーレン・バフェット、ジェフベゾス)は米国人口過半数の合計よりも富裕だと報じました。

11月27日の報告によると、Amazon社の株価は過去最高の$1,213.41(13.7万円)に達し、CEOであるジェフ・ベゾス氏は世界で唯一1000億ドル(11.2兆円)の個人財産を持つ人物となりました。

McKinsey Global Instituteはアメリカでは2030年までに機械などのオートメーション(自動化)により7300万の雇用を削除すると予想しました。

これには無関係ですが、同時にビットコインは1万7900ドル(201.8万円)を記録し、デジタル通貨市場の時価総額は3000億ドル(33.9兆円)に達しました。

これらのデータはPeter Temin氏の著作“The Vanishing Middle Class: Prejudice and Power in a Dual Economy”の内容と比例し、作品の中でTemin氏は金融市場が過去最高値を記録し、失業率は経済が成長していると証明しているにも関わらず、多くの米国人は経済悪化を経験していると指摘しました。

Temin氏は、米国経済は従来の発展途上経済で資本家的部門(近代部門)と生存維持的部門(伝統的部門)が分裂したように、二つのセクタに割れたと指摘します。

約20%の米国雇用者は金融、ハイテック、エレクトロニクスなどの高賃金の職に就き、残りの80%は低賃金の職に就き、毎日生活を送るために奮闘しています。

資本主義の理想

1950年代の時は、中産階級は大人一人が週40時間働き、一家族を養うことができました。

家と車を所有し、負債を負うことなく日計を満たし、子供たちは学生ローンを組むことなく大学を卒業し、安定し快適な老後を得ることができました。

殆どの白人が経験したことのあるそのライフスタイルを現在得るには、米国平均所得の2倍にあたる$57,617(649万円)が必要です。

分裂した米国経済の二つのセクターは驚くほどに“資本家的部門”と“生存維持的部門”という銘柄が当てはまります。

資本家は既に裕福な富裕層をさらに豊かにさせることに集中してきました。

そして最新の資本主義の理想は、価値あるものを生産する工程(ものづくり)や誰かに生活賃金を払うことなく、儲けを出すことです。

これらの資本主義の理想にビットコインとアマゾンが当てはまります

ビットコインとAmazon

現状金融界のスターであるビットコイン唯一の役割は、コンピュータで生成された通貨の価格が金融バブルによって上昇し続けるというアイデアだけに基づいて新しい財産を創出することです。

ビットコインと(デリバティブのような実在する資産の価格を基にした)他の金融バブルの違いは、ビットコインは一年間のアイスランド全土の電気消費量以上の巨大なコンピューターパワーを必要とするという点です。

ビットコインの成功は他の資産家を魅了し、人材などの資源を投資させ、更にユニークな仮想通貨(CryptoKittiesなど)を誕生させました。

その裏で経済は、生存部門セクター内の数十億の人々の本質的な必要性を無視しています。

もう一方の資本主義のスターはAmazon社です。

一見便利なオンラインリテーラーですが、実は生産・消費者の関係を急速に独占するテック企業なのです。

Amazon社の成功は、人間による小売取引を取り除く非常に高度なオートメーションに由来しています。

Amazon社は既に倉庫のヒューマンレス化を視野に入れています。

Wired Magazine社は以下のように述べました。

『フェニックス州にあるAmazonのフルフィルメントセンターに訪れると、人間ではなく機械が支配する世界にいるように感じる』

現状の問題点

金融とテックセクタは我々の生活手段、我々が求め必要とする製品やサービスへのアクセス、コミュニケーション方法、生活変化を報じる情報源などを制御することによって巨大化を続けます。

特別なスキルを持った人材はこのセクタの巨大化に必須な存在として活躍します。

つまり彼らは米国経済で高賃金を所得し、快適な生活を過ごす20%の人々です。

しかし将来、技術が発展し、資本主義がより巨大化すれば、これらの人々のための雇用数は低下するでしょう。

よって高熟練労働者は仕事を失い、中産階級が存在しない生存部門に追いやられます。

このプロセスは当然のことながら、一度中産階級ライフスタイルを味わった白人や、一瞬の間アメリカの夢を掴むことを夢見た有色人種を不満にし、彼らを裏切るのです。

我々はジェフ・ベゾスを含むすべての人の未来を危険にさらすであろう、この崩壊するシステムの重大さに対面しています。

単純に少数の女性や有色人種に雇用の機会を与えるだけではこの問題は解決されません。

YES! Magazineは近日、以下のように報じました。

『米国と世界各地の人々が人種、性別、階級を超えて、連帯経済(社会連帯を基盤とする経済活動)を成長させようとしています。彼らは世界中の人々とのコミュニティ関係を再構築しながら、生産や商品取引によって自活をしています』

これらの連帯経済は我々のお金への依存を減らし、食糧の栽培と生産、若者の教育、老人の介護などをする労働者の生活を保護し、住居、水道、電気、通信、輸送などの必要なサービスを提供するシステムを維持します。

地球と共同生産的な関係を保つための真の民主的社会に移行し始めている今、我々は邪悪な資本主義と抑圧的な社会主義を抜け出すための初段階にいます。

これは私たちを一致団結させる、2018年の抱負とも言えるでしょう。

What Bitcoin and Amazon Are Doing to the Middle Class

Dec 29, 2017 by David Korten

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。