ライトニングネットワーク:注目すべきビットコイントレンドVo.2

ビットコインメインネットで展開する予定のライトニングネットワーク
取引手数料削減の解決策として最も期待されている一つがライトニングネットワークです。

ビットコイン最大のプロトコルアップデートSegWitが幅広く活用されれば手数料および認証時間が改善します。

そして長期的なスケーラビリティがビットコインブロックチェーン上で達成されるというSegWitに関する記事を投稿しましたが、今回はVol.2注目すべきビットコイントレンドライトニングネットワークをご紹介します。

ビットコインメインネットで展開するライトニングネットワーク

SegWitが幅広く活用されれば手数料および認証時間が改善します。

そして長期的なスケーラビリティはビットコインブロックチェーン上に構築されるセカンドレイヤーソリューションによって達成されるでしょう。

ビットコインの問題点の解決策として最も期待されているものの一つがライトニングネットワークです。

このオーバーレイネットワークは2015年『ビットコインのセキュリティを保ちつつ、取引ほぼ無料、即時認証を可能にする』として、Joseph Poon氏とTadge Dryja氏によって提案されました。

このソリューションはACINQ、Blockstream、Lightning Labsにより活発に開発されて二年が経ちます。

昨年を通しスケーリングレイヤー開発は大幅に進展し、ビットコインテストネット及びビットコインメインネットの双方で初段階のソフトウェアリリース、利用可能なウォレットインターフェース、試用取引が日常的に行われています。

Blockstream社のライントニング開発者 Christian Decker氏は、『既に大きな技術的問題は修正し、現状システムをどのように改善すればいいかわかっています。

今後の大きな壁はネットワークのトポロジー(ネットワークフォーメーションをできる限り分散化すること)です』とBitcoin Magazine紙に伝えました。

現在の開発段階を考慮すると、今年は開発者に限らずエンドユーザーなど幅広くライトニングネットワーク導入されるでしょう。

Lightning Labs CEO Elizabeth Stark紙は、以下のように述べました。

『インテグレーションと試験は次の大きなステップです。既に複数の取引所やウォレットがこれに取り組んでいます』

Keep an Eye Out for These Bitcoin Tech Trends in 2018

Aaron van Wirdum JANUARY, 02 2018

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧