Schnorrシグネチャ計画:注目すべきビットコイントレンドVo.5

Schnorrシグネチャプロポーザルについて
ビットコインのスケーラビリティを大幅に改善するシグネチャ機能。過去の取引を基にした分析では、これを導入することで各取引25%ほど節約されると言われ、これはビットコインの最大取引制限を約33%増大することに相当します。

認証時間短縮、プライバシー強化、スマートコントラクト機能増大させる特徴を持つサイドチェーンをVol.4で紹介しましたが、今回はビットコインのスケーラビリティを大幅に改善すると言われるシグネチャを紹介します。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

シグネチャとは

シグネチャとは取引している人を証明する数学的はメカニズムです。

ブロックチェーン上では仮想通貨所有者のシグネチャが記録されており、誰かがブロックチェーン上でウソのシグネチャを使って取引状況を覗こうと思ってもシグネチャが一致しないためにに見ることはできません。

つまり、シグネチャがない限り内容の書き換えは行うことはできません。

Schnorrシグネチャプロポーザル

発明者のClaus-Peter Schnorrの名前に由来する、Schnorrシグネチャはたくさんの仮想通貨利用者に最も優れたシグネチャ機能だと言われています。

この技術の数学的性質によって高レベルな精度を持ち、マレアビリティ(トランザクション展性)問題がない上、利便性の高い機能を可能にします。SegWit始動により、ビットコインプロトコルにSchnorrシグネチャを導入することは比較的容易になります。

恐らくSchorrシグネチャ最大のアドバンテージはマルチシグネチャ を一つに集約することができる点でしょう。

ビットコインの観点から話すと、一つのシグネチャによって複数のビットコインアドレス(実質、インプット)のオーナーシップを証明することができます。

多くの取引は複数のインプットからコインを送るため、一取引に対して一つのシグネチャを割り振ることによりビットコインのスケーラビリティを大幅に改善します。

過去の取引を基にした分析では各取引25%ほど節約され、これはビットコインの最大取引制限を約33%増大することになります。

さらに、Schorrシグネチャの利点はこれだけではありません。例として、Schorrがあれば、マルチシグネチャ取引の異なるシグネチャをまとめることができます。

これにCoinJoinを通常の取引より安い代用にし、ビットコインをよりプライベート用コインに促します。

ゆくゆくSchorrシグネチャの数学的性質は“Scriptless Scripts”を利用するスマートコントラクトより高度な応用を可能にします。

Wullie氏は、より正確なSchorrシグネチャのためのビットコイン改善提案(Bitcoin Improvement Proposal)を発表することを認めました。

Bitcoin Magazine紙の取材で、以下のように発言しています。

『我々は、最初のステップとして、集約機能なしのSchnorrシグネチャサポートアップグレードを提案するでしょう。これはより率直な導入で既に複数の利点があります。その後に、集約機能を追加します』

Schorrシグネチャがビットコインメインネットに導入され利用されるかはまだわかりません。

それにはソフトフォークアップグレードが必要となり、さらに相互評価や試験プロセスが必要になります。

Keep an Eye Out for These Bitcoin Tech Trends in 2018

Aaron van Wirdum JANUARY, 02 2018

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧