中国権力者:マイナーに月一回現状報告を要求

マイナーに定期的な現状報告が要求される
新疆ウイグル自治区権力者が発行した公文書により、ビットコインマイナーは具体的なスケジュールに沿った現状報告提出が要求されるようになりました。

ビットコインマイニング業はとても濃縮しており、半分近くのマイニング装置が中国にあります。

今回は金融リスクを抑制し、実体経済を促進するために、月一回の現状報告が要求されました。

ビットコインマイニング業は159の異なる国よりも使用電力が多く、増加するマイニング活動は多くの後進国での停電につながっているのが現状です。

この要求により電力価格、土地利用、税金、そして環境保護に関する取り組みを始まることが予想されます。

中国の中央銀行がビットコインマイニング抑制計画を進行中
中国の中央銀行がビットコインマイニングを抑制するため、権力者に電気使用量規制を要求しています。また、元中国最大仮想通貨取引所Huobiは日本SBIグループと組み、今月2つの新たな取引所を開設する予定です。
ビットコインマイニングの消費電力が世界159ヶ国の各消費量より多い現状
ビットコインの需要が増えていくにつれて、ビットコインマイニングの電力消費量も上昇しています。既に世界中の159ヶ国それぞれの消費電力量よりも多く消費していて、2018年10月にはイギリスの総電力消費量をも凌駕するのではないかと予想されています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

規律正しい退出

インターネット金融リスク担当新疆ウイグル自治区委員会が著名した政府通達によると、ビットコインマイニング会社は1月5日までに現状報告書を提出しなければなりません。

その文書によると

「新疆にはエネルギー集約的かつ非常に思索的なビットコインマイナーが多数います。金融リスクを抑制し、実体経済を促進するためにはマイナーを「規律正しい」退出へと誘導する取り組みが必要です。

新疆経済および情報科学技術委員会は毎月5日までに計画およびマイニング会社の退出ステータスの最新情報をまとめた資料を上記委員会に提出しなければなりません。

採用される取り組みは?

世界の有力マイナーは安い電力を理由に人里離れた山地にある四川省と雲南省を拠点としています。

しかし、マイニング業を抑制するため、中国権力者は電力消費制限を提案しました。

権力者は中国人民銀行金融市場が著名した別の文書をもってマイニング業の電力使用制限を計画しています。

その文書によると

「マイナーを規律正しく退出させるため、地方自治体は複数の省と連携をとり、電力価格、土地利用、税金、そして環境保護に関する取り組みを始めるべきです。

9月の中国ICO禁止と比べた場合、これらのマイニング制限は中国コミュニティにパニックを起こさせるという点では失敗となりました。

四川省のマイナーはnews.bitcoin.comに対し中国マイニング会社が首位に立ち続ける確信があると伝えました。

「権力者が行動するにはもう手遅れです。人々はすでに取り締まりに免疫があるようです。」

Chinese Authorities Ask Local Miners to Submit Monthly Status Reports

Jan. 8, 2018 by Cindy Wang

参考記事はこちらから