仮想通貨取引所の比較一覧と解説 / 海外取引所について

アルトコイン取引は海外がメイン
仮想通貨は現在1,000種類以上はあると言われているが、日本の取引所では、そこまで多くのアルトコインは取り扱っていない
取引所は取引量が多い場所を選ぶ
売り注文と買い注文(=需要と供給)の分母が大きい方が取引が成立しやすい
coincheckとBittrexはとりあえず口座開設すべき
ビットコイン・アルトコインの取引で投資をするなら上記二つの取引所は鉄板。
目次
  1. 仮想通貨取引所とは
  2. どの仮想通貨取引所を利用すべきか
  3. 日本国内のおすすめ仮想通貨取引所
  4. 日本国内の仮想通貨取引所一覧
  5. 海外のおすすめ仮想通貨取引所
  6. アルトコインの取引所一覧
  7. 海外の仮装通貨取引所一覧
  8. 仮想通貨取引所に関するよくある質問
日本の取引所
  1. bitFlyer
  2. coincheck
  3. zaif
  4. bitbank
  5. クラーケン
  6. BITPOINT
  7. BTCBOX
  8. GMOコイン
  9. quoinex
アルトコインの仮想通貨取引所
  1. Poloniex
  2. BITTREX
  3. hitBTC
  4. liqui
中国の仮想通貨取引所
  1. BTCC
  2. OK
  3. houbi
イギリスの仮想通貨取引所
  1. BITSTAMP

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所とは、仮想通貨を持ったユーザー同士が売値・買値を提示して売買を行う場所を指します。

仮想通貨を投資商品として考えた場合(決済手段などを除いて考えるとき)、取引所を通じた売買以外に利益を得る方法はありません。

したがって、仮想通貨を投資商品として扱いたい場合、必ずどこか1箇所以上の取引所を開設する必要があります。

どの仮想通貨取引所を利用すべきか

仮想通貨取引所には、下記のような機能があります。

  • ブロックチェーン上の仮想通貨のユーザー間取引
  • 販売所機能として仮想通貨の売買(一部取引所のみ)
  • ウォレットとしての機能

こういった機能を利用する中で、各取引所で差が出てくるため、 用途に応じて使い分けていくことでより利便性を高めることができます。

例えば…

  • 取引手数料が安い
  • アルトコインの取扱い数が多い
  • 取引量が多い
  • 仮想通貨の円建て売買ができる(販売所機能)
  • マルチシグ対応ウォレットによるセキュリティ強化(ハッキング対策
  • レバレッジ比が異なる
  • 信用取引が可能
  • チャート機能が豊富
といったことが挙げられます。

全てにおいて万能な取引所というものは存在していないので、 複数の取引所アカウントを持っているのが賢い運用方法です。

日本国内のおすすめ仮想通貨取引所

上記の点を踏まえて、仮想通貨未経験者・初心者の方にぜひ利用して頂きたいおすすめの仮想通貨取引所を紹介して行きます。

仮想通貨取引所 比較

CoinPost独自評価シートにより国内の仮想通貨取引所を比較しました。

それぞれに優れた点とそうではない点がありますので、慣れてきた方は使い分けることをおすすめします。

仮想通貨取引所を開設するのが初めて、という初心者向けのCoinPostのおすすめ仮想通貨取引所は、Coincheck(コインチェック)、GMOコイン、bitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)の順番です。

それぞれ詳しく解説致します。

Coincheck(コインチェック)-ビットコイン取引量No.1

coincheck 取引所

Coincheck(コインチェック)は日本国内ではもっとも運営歴の長い老舗取引所となっています。

日本のビットコインの月間取引高(信用取引を除く)はbitFlyer(ビットフライヤー)を抑え日本国内で1位となり、 指値での約定がより成立しやすい取引所として今後も人気が続いていく可能性は高いでしょう。

取り扱いアルトコインも、ビットコインと並び流通・取引量が多い主要な通貨が多いため、ある程度の突発的な下落や急上昇にも日本円からすぐに対応し、購入が可能です(ただし、販売所としての売買のみで、取引はできません)。

アルトコイン入手に関して、手数料の面からオススメしている(販売手数料 > 取引手数料)Poloniexなどは、フィアット(法定通貨)の日本円から購入する場合、一度日本取引所のビットコイン購入を挟む(BTC建取引)必要があるため、タイムロスによる機会損失も生まれやすいです。

iOS/Androidアプリのチャートが非常に便利なため、アルトコインの動向を知る目的で、アカウント開設せずにアプリをダウンロードするだけでも価値があります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck ビットコイン

GMOコイン-スプレット(売りと買いの価格差)が狭く、アプリで簡単ビットコインFX

GMOコイン

GMOコインスプレット(売りと買いの価格差)が狭く、サーバーも安定した国内取引所(販売所)です。

ユーザー間同士で取引する取引所は存在せず、販売所で中央管理者であるGMOコインから仮想通貨を買う事になります。

GMOコインはとてもスプレット(売りと買いの価格差)が狭いため、他の販売所で買うよりもかなりお得です。

取り扱いアルトコインも、11月にリップルが上場するなど、取引量が多いメジャーな通貨を揃えており、今後も更に通貨を追加する予定とのことです。

運営会社は、仮想通貨以外のFX業界でも有名な企業であるため、サービスの質や、サーバーも安定しており、非常に安心して利用する事が出来ます。

また、使いやすいiOS/Androidアプリでどこでも簡単にビットコインFXをする事が出来ます。

ただし、仮想通貨は非常にボラティリティ(価格変動の度合い)が大きい市場なため、ビットコインFXを行う場合はリスクをしっかりと認識した上で行うべきです。

gmoコイン ビットコインfx

日本の仮想通貨取引所一覧

日本にある仮想通貨取引所の一覧です。

ロゴをタップすると、それぞれの取引所の詳しい解説に進みます。

2017年4月に「改正資金決済法」が施行されて以来、仮想通貨の取り扱い業者(販売所・取引所)は国への申請・審査が義務付けられています。

改正資金決済法が作成される以前(~2017年4月)から設立していた取引所に関しては、2017年9月末までは移行/猶予期間があります。

また、改正資金決済法が作成される以前(~2017年4月)から設立していた取引所で、2017年9月に登録申請した取引所は更に2ヶ月間の猶予があります。

金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表/15社がリスト入り、13社が審査中
10月1日の日本の取引所登録制度の施行を前にして、金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表しました。ビットフライヤー、SBI、Zaif等はリスト入りしましたが、コインチェックは未だリスト入りしていません。
日本の仮想通貨取引所の解説
取引所 解説

coincheck

2017年3月より、ビットコインの現物取引高はbitFlyerを抑えて取引量No.1。世界でも取引量が多い主要なアルトコインの販売も行っているが、アルトコインの取引は出来ない点に注意。スマートフォンアプリが使いやすく、評判も良い。
  • BTC
  • ETH
  • ETC
  • XRP
  • FCT
  • LSK
  • LTC
  • XMR
  • REP
  • ZEC
  • XEM
  • BCH

GMOコイン

FX界隈では不動の地位を持つ業界大手のGMO(GMOクリック証券)によって展開されている取引所。レバレッジ最大25倍で取引が可能であり、仮想通貨の信用取引業界でこれから存在感を増すと思われる。また、取り扱い通貨も増え始めた。
  • BTC
  • ETH
  • BCH
  • LTC
  • XRP
  • ETC(12月予定)

bitFlyer

bitWireによる決済、Lightningによる信用取引など幅広く展開。先物取引を含めたビットコインの取引高は他の取引所を寄せ付けない圧倒的な通貨流通量を誇る。販売所としても機能している。
  • BTC
  • BCH
  • ETH
  • ETC
  • LTC
  • MONA

Zaif

取引手数料が-0.01%となり、取引回数が増えると手数料をもらえる仕組みになっている(手数料還元システムに関して、付与されるBTCには上限がある点に注意)。多くのアルトコインを扱っているが、独自トークンや取引量の少ないマイナーな通貨も多い。
  • BTC
  • XEM
  • MONA
  • ZAIF
  • XCP
  • BCY
  • SJCX
  • FSCC
  • PEPECASH
  • CICC
  • NCXC
  • JPYZ
  • BCH
  • ETH
bitbank

bitbank

取引手数料がマイナス0%のbitbank.cc、追証なしレバレッジ最大20倍のビットコインFXが出来るbitbank Tradeの二つの取引所を運営。販売所機能はないが、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナコインは日本円建てで取引可能。
  • BTC
  • XRP
  • LTC
  • ETH
  • MONA
  • BCH

QUIONEX

BTC取引の手数料0%実施中。レバレッジ取引がビットコインだけではなくイーサリアム・ビットコインキャッシュでも可能で、2・4・5・10・25倍の5段階から選べるため、少ない資産で大きくトレードしたい方はもちろん、幅広いトレードに対応しています。
  • BTC
  • BCH
  • ETH

BITPOINT

自動売買ツールMT4(MetaTrader4)を日本で初めて提供した取引所。売買手数料・入出金手数料は全て無料(今後変更の可能性有り)。
  • BTC
  • BCH
  • ETC

Kraken

ヨーロッパを中心に世界進出を手がける大手取引所。マウントゴックスのビットコイン消失事件被害者の救済を支援するなど、仮想通貨の歴史上での功績は大きい。取扱いアルトコインも多いのが特徴。
  • BTC(XBT)
  • DASH
  • EOS
  • ETC
  • ETH
  • GNO
  • ICN
  • LTC
  • MLN
  • REP
  • USDT
  • XDG
  • XLM
  • XMR
  • XRP
  • ZEC

BTCBOX

日本国内版と国際版の取引所に分かれていて、取り扱い通貨も別々だが、どちらも日本語対応している。日本語対応取引所では珍しいGameCredits(GAME)を取り扱う取引所。
  • BTC
  • BCH(日本版)
  • ETH(国際版)
  • GAME(国際版)

海外のおすすめ仮想通貨取引所

アルトコイン取引の手数料を安く抑えたい、またはマイナー通貨など多くのアルトコインを取引したい場合は海外取引所を利用する必要があります。

そんな海外取引所の中でもおすすめの取引所を紹介します。

Poloniex(ポロニエックス)-世界最大級のアルトコイン取引量

poloniex 仮想通貨取引所

世界でもトップクラスの仮想通貨取引量を誇るアルトコイン取引所です。

ビットコイン(BTC)建てで様々なアルトコイン(60種類以上!)の取引ができる仮想通貨取引所として、国内外共に利用者がとても多い取引所です。

イーサリアム(ETH)、モネロ(XMR)、テザー(USDT)建てでも取引が可能ですが、対応通貨は少なく、やはりビットコイン建てがメインとなります。

アメリカ国籍を持たない日本人も口座開設・取引を行えるところもポイントです。また、国内取引所とは違い、本人確認書類(免許証等)を提出しなくても取引が可能です(ただし、出金制限はあります)。

アルトコインの販売を行っている仮想通貨取引所・販売所は多いですが、特定のマイナーな仮想通貨の取引を、「ある程度の取引量がある板で行えるかどうか」という視点で考慮した際、「Poloniex」はアルトコイン取引に最も適している取引所の一つと言えます。

LiquiやHitBTCなど最近のICO通貨をいち早く上場させているアルトコイン取引所もありますが、板の厚さ(=取引量)が圧倒的に違うため、アルトコイン業界ではトップクラスに上場を目指したいしたい取引所であり、日本でいう東証1部のような存在です。

安くアルトコインを仕入れたいという方は、Polonixでの取引入手(BTC建アルトコイン取引)を検討するのが投資という視点で考える際にはベストと言えます。

難点としては海外の取引所であるため、

  1. 円建て販売を行っていない
  2. 口座開設のステップがやや難易度が高い
  3. WEBサイト・サポート対応が英語
という点でしょう。

Bittrex(ビットトレックス)-アルトコイン取り扱い数200種類以上

アルトコイン取り扱い数が多く、なおかつ最近では取引量でもPoloniexを超えた海外取引所です。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)建てで取引が可能で、Poloniexとは違い対応通貨ペアは非常に多いですが、取引量自体が少ない通貨はやはりビットコイン(BTC)建てでの取引がおすすめです。

取り扱い通貨数200種類以上であることからもわかるように、マイナーな仮想通貨も多く取り扱っており、仮想通貨取引に慣れ始め、Poloniexに上場していない仮想通貨を取引したいと思った方は開設することをおすすめします。

最近では仮想通貨取引に慣れた方が増えてきたためか、日本人の中でもPoloniexよりもBittrexを主な取引所とする方が増えている印象です。

また、これはアルトコイン取り扱い数の多い海外取引所全般に言えることですが、取引量が少なく知名度も低い仮想通貨を上場させる場合もあるため、そういった通貨を入手したいと考えた時、ハイリスクハイリターンな取引を覚悟すべきです。

当然、Poloniexと同じく、円建て販売は行っていません。また、英語以外未対応であることも懸念点として挙げられるでしょう。

アルトコインの取引所一覧

アルトコインの売買は基本的に海外の取引所頼りになります。

中でもPoloniex・BITTREXは群を抜いてアルトコインの取扱量が多く、 マイナー通貨はこの取引所での取引がなくなるだけで存亡が危うくなることも珍しくありません。

アルトコイン取引所の解説
取引所 解説

Poloniex

世界最大級の仮想通貨取引所。60種類以上のアルトコインの取扱いがある。 国内に在住しながらアルトコインの取引を行いたいのであれば、口座開設しておきたい取引所。
  • BTC
  • ETH
  • XMR
  • LTC
  • XRP
  • XEM
  • ETC
  • STR
  • BTS
  • DAS
  • GNT
  • STRAT
  • SC
  • ZEC
  • FCT
  • DGB
  • 40種類以上

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える200種類以上。更に最近ではPoloniexの取引量をも上回ったために、仮想通貨取引に慣れた人がPoloniexからBittrexへと移り始めている。
  • BTC
  • ETH
  • LTC
  • XRP
  • XEM
  • ETC
  • GAME
  • ZEC
  • その他180種類以上

HitBTC

Bittrexに引けを取らない程多くのアルトコインを取り扱うイギリスの取引所。ICO直後の仮想通貨を多く上場させる。取引手数料が0.1%と非常に安い。
  • NXT
  • LTC
  • XEM
  • ETH
  • ZEC
  • XMR
  • QCN
  • BCN
  • WAVES
  • STEEM
  • XDN
  • DOGE
  • DSH
  • SBD
  • SC
  • EMC
  • LSK
  • DASH
  • ARDR
  • FCN

Liqui

Bittrex等に上場する大型ICO通貨以外のマイナーなICO通貨、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。認知度の低い通貨や、流通量・取引量が少ない通貨は突然消えることもあるので、ハイリスク・ハイリターンは覚悟しておく必要がある。
    Coin
  • MGO
  • GNT
  • BAT
  • ETH
  • VSL
  • ROUND
  • ICN
  • SNM
  • EOS
  • QRL
  • TAAS
  • EDG
  • PLU
  • NET
  • OMG
  • PAY
  • CFI
  • SNT
  • LTC
  • ANT
  • WAVES
  • SNGLS
  • STORJ
  • PTOY
  • SAN
  • BCAP
  • ADX
  • BNT
  • MYST
  • 1ST
  • TRST
  • XID
  • HMQ
  • TIME
  • CVC
  • TKN
  • RLC
  • WINGS
  • MCO
  • GNO
  • REP
  • MLN
  • GUP
  • INCNT
  • QTUM
  • LUN
  • DASH
  • DGD

海外の仮装通貨取引所一覧

海外の仮想通貨取引所の一覧です。

中国の仮想取引所の解説
取引所 解説

BTCC

※調査中

OKCoin

※調査中

huobi

※調査中
イギリスの仮想取引所の解説
取引所 解説

BITSTAMP

※調査中
  • BTC
  • XRP
  • LTC

その他の仮想通貨取引所

その他の仮想通貨取引所の解説一覧です。

その他の仮想取引所の解説
取引所 解説

Lemuria

BitGOと呼ばれるセキュリティを重視するウォレットを導入した取引所。ビットコイン取引手数料無料。
  • BTC
  • ETH

みんなのビットコイン

トレーダーズ証券(みんなのFX)がQUOINEX社と業務提携し運営。レバレッジ最大25倍のハイリスク・ハイリターントレードが可能。
  • BTC
  • ETH

Mr.Ripple

国内で円建てでリップルコインを購入出来る数少ない取引所。
  • XRP
  • ETH
  • BTC
  • ETC
  • LTC
  • REP
  • DOGE
  • XLM
  • RJP

Fisco

※調査中
  • BTC
  • MONA

Money365

※調査中
  • BTC

BITFINEX

ビットコインのレートが他の取引所よりも異常に高いことがある。ただし、現在はWells Fargo(米銀行)の目が厳しく、出金・送金に難ありのため手を出さないのが無難。
  • BTC
  • ETH
  • LTC
  • XRP
  • ZEC
  • EOS
  • IOTA
  • DASH
  • XMR
  • OMG
  • BCC

VirWoX

セカンドライフというゲーム内通貨を元に、BTCに取引が可能。ゲームを介して収益を得るのは魅力的な話ではあるが、動かせる額が小さすぎるため現実的とは言い難い。
  • BTC
  • OMC

Local
Bitcoins.com

厳密には取引所ではない。掲示板のようなイメージで、人と人のやり取りがベースになり、大口取引が非常に多い。取引所は常に注文が成立するわけではないので、トレードスタイルによってはLocalBitcoins.comを利用することで有利に展開することがある。
  • BTC

仮想通貨取引所に関するよくある質問

取引所に関するよくある質問に対して回答します。

取引所のセキュリティは何を基準に判断すれば良い?

こまめにニュースを確認しましょう。 取引量の多い取引所や大手運営・運営歴などのブランド力を過信することなく、 個別のウォレットへ通貨へ移動させておくことを推奨します。 WEBサイトがSSLを導入しているか、コールドウォレット(ペーパーウォレット)に対応しているかなど基本的な項目はありますが、基本的には個別のウォレットを利用します。

取引所と販売所の違い

よく販売所と取引所の違いとは?が話題に上がりますが、 こちらは取引する相手が「取引所」 or 「ユーザー」の違いです。

販売所
  1. 取引所運営者から仮想通貨を購入
  2. 取引所運営者へ仮想通貨を売却
取引所
  1. 売り注文を出しているユーザーから仮想通貨を購入
  2. 買い注文を出しているユーザーへ仮想通貨を売却

また、仮想通貨を販売所から手にいれる際の手数料を考慮すると、 取引から手にいれる方が圧倒的に手数料を抑えることができます。

つまり、 販売所手数料 > 取引手数料 ということです。

ウォレットと取引所の違いって?

ウォレットは仮想通貨を入れておくための専用財布です。

取引所にはウォレットとしての機能(お金を預かる)も付いていますが、マウントゴックスのビットコイン消失事件からもわかるように、取引所は常にハッキングのリスクに晒されています。

外部要因による仮想通貨消失に対して保証を謳う取引所もありますが安易に安心せず、セキュリティの脆弱性・ハッキングリスクに関してはシビアに向き合うべきでしょう。

仮想通貨のウォレット一覧

取引所を使い分ける(複数口座を開設する)理由

アルトコインの取り扱いが異なるこれが一番大きいでしょう。

他にも使いやすいツール(チャートなど)や手数料差・セキュリティ面など比較する箇所はあります。

詳細は個別のページより確認しましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck ビットコイン