CFTC及びSECの会長が、上院銀行委員会の前に仮想通貨に対して証言を予定

ビットコイン先物の綿密な取り組み
仮想通貨先物の操作の可能性を精査し、適切な証拠金を保証するためのCFTCの諮問グループでの議論されました。
CFTCとSECの状況
CFTCは、アメリカ証券取引委員会(以下、SEC)が傍観している中、潜在的仮想通貨操作を規制する事を考慮。またCFTCの会長Giancarlo氏及び、SECの会長であるJay Clayton氏は、火曜日に執り行われる上院銀行委員会の前に仮想通貨に対して証言する予定です。

2つの先物取引所の役員は、極端にリスクが高いわけではないと商品先物委員会による仮想通貨の金融派生商品のより厳格な精査に対して弁護しました。

弁護士達が自己申告について議論

Forbesによると、Cboeの国際市場責任者及び、COOであるChris Concannon氏は、12月にビットコイン先物を提供する際に、米国商品先物取引委員会(以下、CFTC)のスタッフ及び、先物取次業者、その他の市場参加者と連携を取り合ったと強く主張しました。

さらに、CMEグループの法律顧問であるKathleen Cronin氏も、CMEがビットコイン先物を公開するまでの厳密な取り組みを主張しました。

私達は、リスク特性について理解しているつもりです。ボラティリティを含む他の契約と何ら遜色はありません。

このコメントは、仮想通貨先物の操作の可能性を精査し、適切な証拠金を保証するためのCFTCの諮問グループでの議論にて言及されました。

CFTCの会長であるChristopher Giancarlo氏(以下、Giancarlo氏)は、他の取引所がCFTCの許可なしに仮想通貨先物を公開した場合、投資家にとって大きなリスクとなり得ると懸念しています。

そして、この大きなリスクは、各取引所がCFTCのスタッフと共同で監視、調査する必要があると述べました。

CFTCが先物の操作を懸念

Giancarlo氏の同僚で共和党委員のBrian Quintenz氏は、自己申告制はビットコイン先物において上手く機能しており、新しい仮想通貨デリバティブの公開は政治的思惑や規制当局によって影響されるべきではありませんと語りました。

一方で、より厳格な規制を求める民主党委員のRostin Behnam氏は、投資家に対し、仮想通貨商品は高リスクに晒される危険性が高いため、CFTCの承認は必須であると主張しています。

複数の仮想通貨先物取引所の弁護士として働くKin Larsen氏によると、多くの仮想通貨のボラティリティを考慮すると、デリバティブ商品は投資家達にとってリスクヘッジを行う大切な手段であると言及しました。

CFTCは、アメリカ証券取引委員会(以下、SEC)が傍観している中、潜在的仮想通貨操作を規制する事を考慮しています。

CFTCの会長Giancarlo氏及び、SECの会長であるJay Clayton氏は、火曜日に執り行われる上院銀行委員会の前に仮想通貨に対して証言する予定です。

アメリカでのビットコイン先物規制については、おそらくしばらくの間、議論されるでしょう。しかし、日本の東京金融取引所では、2018年初頭にビットコイン先物商品を取り扱う主旨を発表しています。

日本は、ビットコインを通貨として認めている数少ない国であるので、仮想通貨先物市場でも先駆者となっていくのは驚くべき事ではないのかも知れません。

Creators of Bitcoin Futures Defend Practices Against Regulation

Feb 1, 2018 by JMCMAHON

参考記事はこちらから