LitePayリリースとソフトフォーク構想がライトコインの価格上昇を後押しか

LitePayが近日中にリリースか
ライトコインの独自トランザクションプロセッサーであるLitePayが今週中にリリースされる予定です。LitePayは、決済時に即座に銀行口座に法定通貨建ての取引額が反映されるため、仮想通貨決済におけるボラティリティリスクを抑えることができます。
ソフトフォークによるライトコインのアップグレードが優良な「取引手数料市場」を作る
1月には、ライトコイン開発者のリー氏がライトコインのアップグレードのアイディアを提案しています。彼は、マイナーに手数料設定の自由を与えて競争を作り出すことで、ライトコインの取引ボリュームの変動によって調整する構想を公表しています。

2月4日現在、ライトコイン価格は多くの仮想通貨が下落からの反発で上昇する中、ひと際大きな上昇を記録しています。

ライトコインは、近日中にLitePayのリリースを予定していることに加え、ソフトフォークも予定しており、これらが今回の価格上昇の要因ではないかと考えられます。

LitePayのリリース

ライトコイン専用トランザクションプロセッサーであるLitePayは、2月のリリースを予定しており、今週は消費者向けにリリースされる予定です。

仮想通貨によるトランザクションプロセッサーとしては、ビットコイン及びビットコインキャッシュで決済が可能なBitPayが既にリリースされています。

通常の仮想通貨決済には、販売者が仮想通貨から法定通貨に交換するまでの時間に仮想通貨価格が下落するリスクがあります。

一方、LitePayなどの仮想通貨トランザクションプロセッサーは、決済と同時に、法定通貨建てでの決済額が銀行口座に反映されるため、決済のボラティリティリスクを緩和できます。

また、LitePayでは、BitPayでビットコイン支払いをする場合に比べ、安い取引手数料でより速い決済が可能です。

Litecoinのソフトフォーク

ライトコイン創設者のCharlie Lee氏(以下、リー氏)は1月、Twitterの一連のつぶやきの中で、ソフトフォークによるライトコインのアップグレードの構想を説明しました。

リー氏のアイディアは、マイナー各自にトランザクション手数料の設定の自由を与えることで、優良な「手数料市場」を創設することを目指すものです。

ブロックヘッダーへマイナーが最低手数料率を記録することで、より最適な手数料の把握がよりしやすくなる利点も想定されます。

現在では、取引の生成者(送金者)がトランザクション手数料を決め、マイナーが選ぶ形でマイニングを行っています。

しかし、マイナー各自に手数料設定の自由を与えることで、より競争的な状況を作り出せます。

送金が詰まっている時、マイナーは高い料金を設定し、送金のボリュームが小さい時には低い料金で競争が発生するため、送金詰まりが緩和されることが期待できます。

価格を高騰させるカルテルの結成が不安視されるが、所有できるマイニングハードウェアの数に限界があることや、仮想通貨の日中央集権制(マイニングでは常に他者より価格が下回るマイナーがいる状況)と考えると、結果としてフェアになることが予想され、手数料が下落し、よりライトコインが決済通貨として魅力的になることが期待される。

Litecoin’s Payment Processor Is Almost Ready to Launch

February 3, 2018 by Trevor Hill

参考記事はこちらから

Litecoin’s Soft Fork – Charlie Lee’s Plan for a ‘Fee Market’

January 9, 2018 by Matt Breen

参考記事はこちらから