グローバル開発コミュニティのために「IOTA Ecosystem」が実装

IOTA Ecosystemとは?
IOTA EcosystemはIOTAコミュニティのために教育材料などの資源を作るために実装されたプラットフォームです。
成長とその代償
IOTAはここ数ヶ月で様々な前進(新たなパートナーシップなど)をしたと同時にいくつかの問題(ウォレットの使いやすさなど)にも直面しました。

2月7日、IOTAは公式ブログ投稿にて、「誰もが熱望する分散型未来の創造に努力している世界中の開発者、スタートアップ、愛好家、そしてイニシアチブの宿るプラットフォーム」の実装について投稿しました。

「IOTA Ecosystem」と名付けられたそのプラットフォームは「IOTAコアプロトコル上に作られたオープンソースDLTアプリケーション用の」developers.google.comと例えられていました。

そのようなイニシアチブに対し一部のトークン所持者は肩をすくめるかもしれませんが、技術とトークン価値が仮想通貨の長期的価値上昇において切っても切り離せないものであることは認めなければなりません。

IOTA Ecosytemの出現によるIOTA価値の短期的上昇は見込めません。

しかしIOTA Foundationが開発者のグローバルコミュニティと連動および成長を促進し続けているため、より早いIOTAネットワークの実社会採用が予想できます。

IOTA Ecosystem

システムの一部となるため、教育資源、IOTA開発者と組織およびスタートアップの「縁結び」、ハッカソン、そして博愛イニシアチブが選出されます。

さらに、コミュニティメンバーが個々の貢献度および他の開発者の信用性を決めるために利用する評価システムが実装されます。

IOTA Ecosystemは(21.7 TI(TIはIOTAトークンの大きい単位)の寄付から始まった)Ecosystem Development Fundによって資金供給されます。

当時は1TIの価値は約20万ドル(約2190万円)でしたが、今では3700万ドル(約40.5億円)まで上昇しています。

IOTAはもともと2017年5月のIOTA Ecosystem Fundの実装により、開発コミュニティを育てるつもりでした。

当時Ecosystem Fundは1000万ドル(約11億円)の価値があり、「 エコシステムの拡大および形作りへの参加の動機付けを通したIOTAの成長」を目的としていました。

開発者は今でもEcosystem Fundを通した資金供給申請ができます。

多くの出来事があったIOTA

IOTAにとってここ数ヶ月は多くの出来事があるタームでした。

自動推進分野のIoTツール開発用テストベッドネットワーク作成を理由とした、インターナショナル・トランスポテーション・イノベーション・センター(International Transportation Innovation Center – ITIC)とのパートナーシップなどを発表しました。

ほかにも詐欺ウェブサイト(偽ウォレットサイト)を通したIOTAウォレットの秘密鍵作成および盗難による400万ドル(約4.4億円)相当のIOTA損失についても反応を強いられました。

さらに一般的なトークン保持者にとってウォレットが複雑すぎると非難されたため、現在より使いやすい新たなウォレットを開発しています。

また最近では、台湾の首都である台北市、IoTを推し進めるTangleテクノロジーを有し、ベルリンの非営利団体でもあるIOTA Foundationとの提携、ブロックチェーンスタートアップであるBiiLabsとも提携し、アプリケーション重視のスマートシティに移行させるために協力して取り組んでいます。

台北市がIOTAと提携を組みスマートシティ移行を目指す
台北市は、IoTを推し進めるTangleテクノロジーを有し、ベルリンの非営利団体でもあるIOTA Foundationとの提携や、ブロックチェーンスタートアップであるBiiLabsとも提携し、アプリケーション重視のスマートシティに移行させるために協力して取り組んでいます。

$37 Million ‘IOTA Ecosystem’ Launched for Global Development Community

Feb. 8, 2018 by Rachel McIntosh

参考記事はこちらから