仮想通貨 QASHとは/QUOINEプラットフォーム「LIQUID」のトークン

QUOINE LIQUIDが仮想通貨市場の流動性を高める
QUOINEは、仮想通貨市場の流動性の問題に注目し、LIQUIDプラットフォームの運営を目指しています。QASHは、LIQUIDプラットフォームのトークンです。
LIQUIDプラットフォームは仮想通貨の恩恵をより多くの人々に提供する
LIQUIDプラットフォームは、QUOINEの技術によって、異なる通貨間の複雑な発注を効率的に仲介します。これによって、現在流動性が低い、マイナーな法定通貨と仮想通貨間の取引を盛んにします。
2018年から、LIQUIDプラットフォームの運営が本格化する
2018年には、QUOINE LIQUIDの運営が公式的に始まり、LIQUIDプラットフォームの付随サービスも本格化するでしょう

概要

通貨コード QASH
公開日 2017年11月6日
発行上限 1,000,000,000 QASH
公式サイト LIQUID 公式サイト
ブロックチェーンURL Ethplorer
White paper Liquid White paper

QASHとLIQUIDプラットフォーム

QASH(キャッシュ)は、QUOINE社が仮想通貨取引所QUOINEXで取り扱うトークンです。

QUOINE社では、誰もがユーザーやトークン保有者として参加できる金融プラットフォームを目指しており、QUOINE社が提供する金融プラットフォームであるLIQUID上で、支払いや送金などのサービスを利用するために使われます。

現時点では、仮想通貨市場の流動性は十分だとは言えません。

LIQUIDプラットフォームの流動性が高まれば、QASHが幅広い金融業界で使用されるトークンになるかもしれません。

10月16日には、世界最大級の仮想通貨取引所であるBitfinexとの提携が発表されました。

日本取引所のQUOINEがICO実施/Bitfinexとの提携も決定
日本の取引所QUOINEが、世界最大級の取引所であるBitfinexと提携しICOを実施します。BitfinexはICOが完了した時点でQASHを上場する予定です。また、金融庁が登録した仮想通貨交換業者が行う初のICOということで注目が集まっています。

2017年11月に行われたLIQUIDプラットフォームのICOでは、目標額(約70億円)をわずか1日で調達しました。

その後も資金が集まり続け、最終的に約124億円を調達し、世界トップクラスのICOになりました。

流動性を確保するためのLIQUIDプラットフォーム

現在、仮想通貨界隈では、トークンを用いた多くのビジネスモデルが構築されている中で、QUOINEは仮想通貨市場の流動性の問題に注目しています。

大半の取引所が一部の流動性の高い通貨(日本円、米ドルなど)について豊富な流動性を提供しているのに対し、マイナーな通貨の保有者が仮想通貨市場に参入するための流動性の高い取引所は存在しません。

LIQUID プラットフォームのワールドブックでは、世界中の取引所の価格を、流動性の高い単一のオーダーブック上に統合し、さらにユーザーが選択した法定通貨建てで発注することができるようになります。

これによって、より多くの人々が、仮想通貨市場が提供する機会を享受できるようになります。

世界の流動性をまとめるワールドブック

ワールドブックは、ユーザーが選択した法定通貨建てでの仮想通貨取引をサポートします。

例えば、BTCを売却したいと考えるドイツのトレーダー(A)は、ユーロ(EUR)建てのBTC価格をワールドブックで見ることができます。

ワールドブック上で発注すると、注文価格はEUR建てで表示されます。

一方でワールドブックを使用するシンガポールのトレーダー(B)は、オーダーブック全体を、シンガポールドル(SGD)で見ることができます。

シンガポールのトレーダーBは、ドイツのトレーダーAが発注したBTC/EURの注文を、BTC/SGDで見ることができます。

ワールドブックでは、QUOINEが利用している技術によって、異なる通貨間の複雑な取引を仲介します。

QASHの今後

QUOINEのロードマップによると、2018年の第二四半期には、公式LIQUIDプラットフォームの運営が始まります。

さらに、2018年内には、ダイレクト・マーケット・アクセスプライムブローカレッジなどの付随サービスが本格化し、LIQUIDプラットフォームの利便性をさらに向上させていくでしょう。

おすすめ取扱取引所

取引所 解説

QUIONEX

BTC取引の手数料0%実施中。レバレッジ取引がビットコインだけではなくイーサリアム・ビットコインキャッシュでも可能で、2・4・5・10・25倍の5段階から選べるため、少ない資産で大きくトレードしたい方はもちろん、幅広いトレードに対応しています。
  • BTC
  • BCH
  • ETH
  • XRP
  • QASH

まとめ

QUOINEはより多くの人々が分散型金融プラットフォームの恩恵を享受することを目標としています。

QUOINEの技術を利用すれば、LIQUIDプラットフォームは異なる通貨間での複雑な取引を効率的に仲介するようになるでしょう。

それによって、マイナーな自国通貨を持つユーザーの参入が増え、仮想通貨の流動性の向上が期待できます。

2018年には、LIQUIDプラットフォームの運営が本格的に開始される予定で、QASHは今後も注目を集めるトークンになるでしょう。