インターネットの歴史から学ぶ仮想通貨を全面禁止するべきではない理由

インターネットと仮想通貨
インターネットと仮想通貨の歴史は似ています。国際社会においてどれほど重要な役割を果たすのかを理解せずに早まって全面禁止するべきではありません。
消費者リスク
日本のようなモデルを参考にした消費者保護策が必要です。国際規制枠組みを作り、これ以上の全面禁止を止める時です。
企業ユースケース
これからは消費者だけでなく、企業も仮想通貨に手を出し始めるでしょう。

1990年代前半、共産主義およびソビエト連邦の没落と同時にインターネットの時代が始まりました。

インターネットの人気および有用性が増すにつれ、世界中の民主主義国が繁盛したのは偶然ではありません。

インターネットの可能性は国境を越え、世界の地政学的構造を変えたのです。

しかしインターネットの採用が激増するとともに、いくつかの否定的なユースケースも生まれました。

そして規定者および政府の間では消費者保護の心配が芽生えました。

これは仮想通貨初期のころ、ビットコインが麻薬、銃、そしてシルクロードと関連していたときとあまり変わりません

インターネットの場合、役員および行動主義者は国際社会においてそれがどれほど重要な役割を果たすのかを理解せずに全面禁止を求めました。

幸運にも、W3C(World Wide Web Consortium)と国が協力し、1997年に電子商取引(エレクトロニックコマース)の国際的枠組みが作られ、インターネットの採用および成長への道が開かれました。

人々はインターネットの禁止が革新を妨げ、世界の繋がりを絶ってしまうことに気づいたのです。

仮想通貨を否定する人たちの言い分が通ってしまった場合、まさにそれが起きてしまいます。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨の現状

仮想通貨に対する消費者関心およびその動力となっている「分散型台帳」技術は2017年に爆発しました。

価格は最高記録に達し、消費者関心だけでなく規定者間の新たな心配も大きくなりました。

そしてそれは米国証券取引委員会(SEC)と米国商品先物取引委員会(CFTC)が国会の前で証言したときに最高潮に達しました。

ヨーロッパでは、フランスとドイツがG20に対し仮想通貨の国際規制枠組みを考慮に入れるよう呼びかけました。

ドイツとフランスがG20財務相会合でビットコイン規制を共同提案する予定
ドイツとフランスがG20財務相会合でビットコイン規制案を共同で提案します。仮想通貨市場は現状では投資家に対しての保護が十分に行われているとは言えないため、今後は規制についての議論が更に活発になっていくでしょう。

アジアでは、韓国が国際的整合性を主張したのに対し、中国はほとんどの仮想通貨活動を禁止しました。

中国:国内外の全仮想通貨、ICO関連サイトへのアクセスを遮断する
中国の中央銀行は国内のトレーダー及び、投資家達が国外の仮想通貨取引所を使用する事を禁止するために、さらなる効率的なファイアーウォールの構築を進めている。

今こそ国際規制枠組みを作り、これ以上の全面禁止を止める時です。

仮想通貨活動を管理する国際枠組みは、特定の仮想通貨に特有のユースケースがあることを認めるべきです。

仮想通貨利用において消費者と企業では危険に違いがあることを認めるべきです。

この枠組みの作成は規定者、中央銀行、金融機関、そして科学技術者による協同的な取り組みとなるべきです。

うまくいけば、世界最大級の財政問題を解決し、古い決済システムを修復するような新たな基盤を作ることができます。

消費者リスク

今のところ、仮想通貨に対して最も積極的な参加者は消費者です。

未規制の仮想通貨市場がもたらす危険を考えたとき、(現在の統制市場に似た)強力な消費者保護策が必須であることがわかります。

仮想通貨の規制が消費者を守った例として、日本で起こった事件がわかりやすいです。

2017年より、日本で運営されている仮想通貨取引所は規制監督および資産管理条件の対象となりました。

ある仮想通貨取引所がハッカーによる盗みをされたとき、日本金融庁が緊急対応をし、結果取引所はユーザーに弁償しました。

日本モデルが機能している理由は、3つのことをうまくこなしているからです。

ユーザーを悪事から守り、アンチマネーロンダリングに対する必要条件および報告制度があり、そして安全と堅実さの分野においては資金需要、サイバーセキュリティー、そしてシステムリスク管理の規定があります。

企業ユースケースの出現

技術進歩が常に技術の成熟とともに起きることを歴史が示しています。

現在まで消費者による仮想通貨利用が先立っていましたが、企業による利用もすぐ後ろまで追いついてきています。

仮想通貨(企業界隈ではデジタル・アセット)は法定通貨(米ドルやユーロなど)の代案にとどまらず、幅広い応用先があります。

例えば、金融機関は仮想通貨を外国為替取引の流動性供給を能率化するための連結道具として使うことができます。

つまり法定通貨の代わりとしてではなく、国境を越えた様々な法定通貨を繋げるものとして使えます

これにより費用が削減され、国際決済の速度が上昇するので、金融機関だけでなくそのユーザーも得します。

規定者は変更できない全面規制ではなく、デジタル・アセットの使われ方、そして人と企業に与える利益に集中するべきです。

仮想通貨はすでに世界に驚くような変化を与えています。

例えば世界中の人里離れた貧しい地域を繋げるファイナンシャル・インクルージョンの道具となっています。

他には国際決済システムと統合し始めているため、MoneyGramなどの送金サービスを利用している人が他国に住んでいる家族にお金を急速に送ることができるようになりました

そのような革新を妨げることは、これからの時代の進歩を止めてしまいます。

今こそが仮想通貨における「インターネット禁止」の時です。よく考えて道を選択しましょう。

Banning cryptocurrency would be as sensible as banning the internet

Feb. 8, 2018 by Antoinette O’Gorman

参考記事はこちらから