スマートコントラクト比較 ネオ vs. イーサリアム vs. ビットコイン

スマートコントラクトの取引状況について意見が飛び交う
ビットコインのアイデアが考案される前から存在するスマートコントラクトという概念について討論がされています。ビットコインのスマートコントラクトは安全だからこそ、制限がかかる可能性があります。
イーサリアム(ETH)とネオ(NEO)のスマートコントラクトについて
イーサリアムはビットコインのスマートコントラクトを上回る性能である一方、未だ多くの問題があります。ネオは、非ブロックチェーンへの接続が可能であり、先進的なスマートコントラクトが構成されています。

スマートコントラクトという言葉は、1994年に科学者のNick Szabo(以下 Szabo氏)により初めて使われました。

当時はまだ仮想通貨が発明されておらず、Szabo氏はスマートコントラクトを「契約を遂行するプロトコル」と定義しました。

多くの仮想通貨が、個々でスマートコントラクトのプロトコルを開発しているため、その特色も通貨ごとに大きく異なっています。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインのスマートコントラクト

ビットコインの基盤にあるブロックチェーン技術は、安全かつ信頼できる記録媒体であることに加え、そのシステムを利用してスマートコントラクトを作成することも可能です。

スマートコントラクトは複数のノードによって稼働しているため、そのシステム上で一貫性をもたせるには、契約内容は絶対的でなくてはいけません。

ビットコイン上に構築されているスマートコントラクトの開発エンジンは、ブロックチェーン技術をベースにしたものとしては初めてでしょう。

しかし、ビットコイン上で作成できるスマートコントラクトは非常にシンプルなものに限られ、その適用範囲にも限界があります。

イーサリアムのスマートコントラクト

イーサリアムによるスマートコントラクトは、ビットコインとは大きく様相が異なります。

イーサリアムの開発者らは、ビットコインのスマートコントラクトよりも優れたプログラムを設計するために、独自のプログラミング言語を創案しました。

また、不確実なシステム機能は存在せず、使用されるデータはブロックチェーン上の情報のみに限定されます。

そのため、イーサリアムのスマートコントラクトで実行できる契約には限りがありますが、この制約はセキュリティ上の理由によるものです。

イーサリアムでは指令がスタックとして管理され、実行中の契約コードが他の契約コードを呼び出すことができます。

しかし、このシステムにより、コードの呼び出しルートが一意に定まらず、スマートコントラクトの実行能力が大きく低下する可能性もあります。

ネオのスマートコントラクト

ネオのスマートコントラクトは、高い確実性をもち、パフォーマンス性能と拡張性にも優れていいます。

契約に使用されるデータは、ブロックチェーン上の台帳と、契約者個人が保有するデータストレージに保管されています。

ネオによる契約者が、契約内容に関するデータを保管した各々のデータストレージをもち、アクセス権はその契約者個人にのみ与えられます。

コンセンサスの仕組みは、各々の契約者がもつデータストレージの堅牢性によって保障されており、ブロックチェーン上にはないデータへの接続が必要な状況であっても、その実行が可能です。

契約が実行される際、ネオのスマートコントラクトではお互いの契約者が呼び出されます。

しかし、その関係性は呼び出しを明確にするために変動のないものでなくてはなりません。

また、拡張性が重要である理由は、2つあります。

スマートコントラクトは、所属する契約の状態記録のみを修正し、同じブロック内での取引は一度に限定されています。

また、ネオは相互運用可能なサービス層を通し、非ブロックチェーンデータへの接続が可能です。

これによって、スマートコントラクトが実行され、相互運用可能なAPIの増加にもつながります。

ネオのスマートコントラクトは、斬新なスマートコントラクトともいえ、多くの専門家がネオの優位性を認めています。

What’s The Deal With Smart Contract? NEO v Ethereum v Bitcoin

Frankie Crowhurst・ February 8, 2018

参考記事はこちらから