カリフォルニア州のバークレー市が仮想通貨のICOを検討中

急進主義及び、反体制主義の再来
ドナルド・トランプ氏の大統領就任及び、移民や、税制を始めとするあらゆることに対しての行政政策に批判が蓄積し、バークレー市がその体制への反抗を示しています。
バークレー市がICOを検討
バークレー市は、ICOで発行される独自トークンは、必要な人々への寝床の確保を目的として掲げています。しかし、その一方で、全体像として、トランプ氏の行政への防衛手段であるとも語っています。

1960年代に急進主義及び、反体制文化の有名な地として馳せたカルフォルニア州のバークレー市が再び返り咲こうとしています。

休止状態にあった挑戦的な思想が、ドナルド・トランプ氏の大統領就任及び、移民や、税制を始めとするあらゆることに対しての行政政策によって再び呼び起こされようとしています。

そして、その抵抗する際の一つのツールとして検討中なのが、市で独自のトークンを発行するICOなのです。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

トランプ氏の行政への反抗として、バークレー市は独自の仮想通貨発行を検討

バークレー市議会メンバーのBen Barlett氏(以下、Bartlett氏)は以下のように主張しました。

「バークレー市は、反抗の中核を担っており、その反抗策がうまく機能するには通貨が必要なのです。」

この反抗はトランプ氏の行政についてであり、現地大学での言論の自由及び、違法移民を違法の枠から外す聖域都市の筆頭であるバークレー市への出資を取り消す脅威についても言及しました。

この独自通貨は最初は地方債のように発行され、市のホームレスの人々に寝床を提供する目的でICOが行われます

さらに、Bartlett氏はこのように続けました。

「私達は、大惨事の渦中にいます。よって、私達は自身で専門家たちを集め、自身で(必要な人々に寝床を提供するための)資金を調達しなければならないのです。」

「もしカリフォルニア大学バークレー校が、言論の自由を認めず、無実の人々に対して違った視点から危害を加えるのであれば、政府からの助成金はなくなる?」

移民取り締まりの脅威及び、住民の再構成された税法に対する懸念は、負の影響を与え、Bartlett氏は、市長をICOのアイデアに参画させることに漕ぎ着けました。

市は、Neighborly及び、カリフォルニア大学バークレー校のブロックチェーンラボと協力し、プロジェクトを進め、早ければ5月にも公開される予定です。

NeighborlyのCOOであるKiran Jain氏は以下のように言及しています。

「将来の価値、または、サービスを保証するほとんどのICOと違い、私達の通貨は具体的な目標に対して発行されることを保証します。」

Bartlett氏は、この独自トークンは、必要な人々への寝床の確保の先に、全体像として、トランプ氏の行政への防衛手段であると語りました。

バークレー市は、トランプ氏の政策に隠すことなく反抗していることによって、その予算が削減されるのは承知の上なのです。

最初は、廃止に対しての連邦巡回区第9条例、そして、今回は聖域都市に対して。どちらもいかれた規則です。最高裁判所で会いましょう。

天国での戦い

もし2つの事柄が結びついているとしたら、それは仮想通貨及び、カリフォルニア州のバークレー市でしょう

その市は、1960年代から急進的な政治学習の場として知られており、あらゆる種類の生活の実験の場でもあります。

このような成長的なコミュニティでは、連邦政府は攻略し、利用するべき政治的組織なのです。

民権を例にとると、一連の屈強な法律執行は、太平洋から大西洋の間に住む市民を守る理想として掲げられていました。

その他の政治的思想は連邦や政府に権力を持たせることで大義のために地域コミュニティがないがしろにされてしまうことを警告しました。

人種平等のサービスも危険な取り決めでもあるのです。

バークレー市が、感心しなかった国家または、連邦の政策に対して、同じことを正反対の方法で成し遂げるにはどうすれば良いのでしょうか?

アメリカの1960年代以前の連邦法では、州が連邦の過度の取り組みを無効化する権利を認めていました。

同時期での、そのような州の権利及び、無効化する権利は、少数民族を第二階級として扱うことを望む人種差別者を保護する規定だと考えられていました。

さらに連邦政府は、何度も社会工学的な政策を施工し、バス通学輸送によって公立学校での人種差別廃止を通じて、ビジネスや商業での取り決めも人種によって左右されないように保証しました。

しかし、今回は国家政府はその財務面を通じて権力を行使するかも知れません

”あなたの州、または、地域は、私達が打ち出した最新の命令に従わないのですか?そうですか、では、教育や、道路を始めとする様々な事に対して政府から助成金は出さない事にしましょう。”

このようになり得るのですが、実際その内の一部の助成金は無くてはならないものなのです。

コミュニティは、民権を始め、環境懸念や自動車速度制限に関しても連邦の方針を受け入れることが強制されており、州の権利及び、無効化する権利が、最新の権利章典の修正によって廃止されたことで、地域は運命を受け入れることしかできなくなってしまいました。

現在は、無効化の権利や州の権利と呼ばれないだけで同等の政治情勢が台頭してきています。

大麻使用者や、マリファナ使用者、ヘビーメタル信者、性的少数者に至るまでがその方法を見つけ、州全体投票まで漕ぎ着けており、彼らの成功は、無視できないものと言えるでしょう。

もうゲイの結婚した人々を見て、目を驚かせることは少なくなりましたし、快楽を得るためのマリファナを有罪としない、または、合法化させる取り組みも出てきています。

バークレー市は、無効化を推し進める戦いを行なっており、仮想通貨がその決め手となり得るのです。

トークン化は、不愉快な連邦の見解に対しての良い兆候であり、少なくともアメリカ内でもう一つの主要な州がこの取り組みに賛同しています。

The City of Berkeley, California Considers Doing Cryptocurrency ICO

Feb 11, 2018 by C. Edward Kelso

参考記事はこちらから