熊本電力がマイニング事業参入/電気代業界最安値を目指す

熊本電力がマイニング関連会社を設立
業界最安値の電気代を目指す他にも、顧客に応じた最適なマイニング環境の提供やクラウドマイニングの提供を発表しています。

熊本電力株式会社(以下、熊本電力)が仮想通貨マイニング事業を展開する関連会社OZマイニング株式会社を設立しました。

熊本電力株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:竹元 一真、以下「熊本電力」)は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし仮想通貨採掘事業を行う関連会社のOZ(オズ)マイニング株式会社(本社:東京都港区、以下「オズマイニング」)を地域新電力会社としては初めて(※当社調べ)設立しました。

情報引用元:PR TIMES

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

熊本電力とは

「熊本電力」は明治から昭和にかけて存在した「熊本電気」や、現在九州地方7県を中心に事業展開している「九州電力」とは異なる、平成26年3月に設立された新電力会社です。

親会社は平成24年5月に設立された「TakeEnergyCorporaion」です。

TakeEnergyCorporaionの主要取引先には九州電力株式会社、東京電力株式会社、株式会社DMM.com、株式会社ウェザーニューズなどが含まれています。

業界最安値の電気代を目指す

熊本電力は今回以下のサービスを発表しました。

  • 顧客に応じた最適なマイニング環境の提供
  • クラウドマイニングの提供

また、マイニング事業展開により、業界最安水準(※熊本電力調べ)の1kwhあたり10円台〜(※供給エリアや契約種別、季節によって異なる)の電気供給を受ける、とのことです。

それ以外にも、太陽光発電所が増えていることで検討されている一般電気事業者の出力抑制の対策として、余剰電力をマイニングに振り向ける、としています。

DMMやGMOなどの大手企業もマイニング事業に参加している

熊本電力の親会社TakeEnergyCorporaionの取引先に株式会社DMM.comが含まれていますが、DMMも同様にマイニング事業への参入を発表しています。

寒冷地である石川県金沢市でマイニングファームが設立され、世界でも大手規模に類する規模とDMMは説明しています。

また、GMOも仮想通貨マイニング事業を発表し、未定ではありますがICOや次世代マイニングボードの販売等にも言及しています。

GMOがビットコイン等仮想通貨のマイニング事業を開始
2017年12月20日、GMOインターネット株式会社は欧州法人を通じて仮想通貨のマイニング事業を開始したことを発表しました。また、次世代マイニングボードの販売、クラウドマイニング、ICOといった事業が現在検討されています。

まとめ

マイニング事業は国や地域が主導で進めていく流れが出て来ています。

例えば、ロシアは国を挙げて仮想通貨マイニング事業に関与しようとしています。

ロシア知事、マイニングファーム発足のためマイナーをサンクトペテルブルク(レニングラード)に招待
ロシアがビットコインを含む仮想通貨マイニングの工業団地を発足させようとしています。ロシア知事がサンクトペテルブルク付近のソスノヴィ・ボールにマイナーを招待しました。

日本でも秋田県鹿角市がマイニング企業を誘致したことが話題になりました。

新電力会社が参加したことで更に勢いが加速していく可能性があるかもしれません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。