ビットコイン送金手数料が大きく減少|BCHの立場はどう変化するか?

ビットコインの送金手数料が2017年の最低レベルまで低下しました。

2017年の末には、仮想通貨市場全体の価格上昇によるBTCの需要が増加、ビットコインの送金需要(トランザクション)に対するBTCの処理能力が追いつかず、「送金の遅延や送金手数料の増加というスケーラビリティの問題」が深刻化していました。

このような、2017年後期にかけてBTC需要が急激に高まった背景としては、

  • 世界の主要取引所がBTCを扱っている点
  • アルトコインを多く扱う海外取引所が、BTCを基軸通貨として取引ペアを扱っている点
  • 仮想通貨需要に伴い、市場のボラティリティが顕著に表れ、世界の価格差を狙うアービットラージなどが盛んになった点

などの理由が挙げられます。

また、BTC決済店の増加などから、決済通貨としての需要増加も「トランザクションの増加の要因」と言えるでしょう。

CoinPostの参考記事

セグウィット(Segwit)とは?
SegWit(セグウィット)は、仮想通貨取引が抱える2つの問題(スケーラビリティ問題・トランザクション展性)に対する解決策の一つです。SegWitが導入されることで、今後より円滑な仮想通貨取引が見込まれます。

このようなビットコインのスケーラビリティ問題の解決に関しては、多くの解決策が議論されてきました。

そのうちの一つとして、Segregated Witness(セグウィット:SegWit)と呼ばれる「トランザクション(取引履歴)を圧縮してデータ量を小さくする技術」が実装されましたが、実際の使用率は直近までかなり低く、多くの取引では利用されませんでした。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

状況の変化

セグィットが実装されたにも関わらず、状況が変わらなかった点については理由があります。

セグウィットが実装した場合、ビットコイン全体がセグウィットアドレスに変更され、利用できるわけではないためです。

例えばユーザーの場合、セグウィットを採用した企業のウォレットアドレスを自分で設定して取り扱わなければならないことや、提供するウォレットや取引所などが、セグウィットアドレスに対応させる必要がありました。

しかし、先日この状況を変える「ビットコイン コア 0.16.0」がリリースされました。

CoinPostの参考記事

ビットコイン コア 0.16.0:SegWit完全対応
開発者らによってBitcoin Coreバージョン0.16.0は公式にリリースされ、ウォレットソフトウェアの様々なコードベースが改善されました。最大の変更点はSegWit完全対応です。他にもRBF機能追加や、階級的決定性など様々な微調整が施されています

0.16.0のリリースによる変更点は複数ありますが、手数料改善に直結したのは、セグウィットアドレスのデフォルト化です。

このアップデートにより、ユーザーはSegWitを完全に活用することができるようなります。これにより取引サイズの低減が見込まれ、最終的に手数料の低下に繋がります。

手数料の変化

こちらの図は、ビットコインの手数料の変化です。

ビットコインを送るための手数料は、2017年には最高で37ドル(約4000円)を一時的に記録していましたが、現在では2017年の最低レベルまで低下しています。

これは「USD表示」のため、ビットコインの価格上昇を加味しない、BTCでの取引手数料で考えると、さらに低い水準まで落ちていることがわかります。

セグウィット利用割合率

こちらの図は、セグウィットを利用した取引の増加数の変化チャートです。

このチャートではっきりとわかるように、セグウィットトランザクションは増加の一途を辿っています。

これは、海外の大手取引所CoinbaseやBitfinexなどが、セグウィットに対応したことなども大きな要因と言えます。

また、このデフォルト化により増加したセグウィットトランザクションは、BTC取引を取り扱う他の企業がアップデートを行うことで、結果としてより反映されることが予想されます。

ビットコインキャッシュ(BCH)はどうなる?

ビットコインのスケーラビリティの問題などから、8倍のブロックサイズを持ち誕生したビットコインキャッシュ。

その後もビットコインキャッシュの開発は進み、「トランザクション処理の優位性や、手数料の低さ」が大きな特徴の通貨として支持されています。

BCHはビットコインの手数料増加に伴い、注目されてきましたが、「ビットコインの取引手数料が低下した今、必要ないのでは?」と考える方も中にはいらっしゃるかも知れません。

しかし、現時点でそのような疑問を否定できる理由が、大きく2つ存在しています。(以下2点)

  • 1:SegWitのみで手数料が下がってるわけではなく、トランザクション量自体が下がっている点
  • 2:処理能力が上がった後も、BCHの優位性は変わらない点

ビットコインの手数料が下がった原因は、セグウィットの他にトランザクションの低下も、大きな理由の一つとして挙げられます。

ビットコインのトランザクションは、過去最高で1日500,000件まで増加していましたが、現在では150,000件から200,000件まで低下しており、約3分の1まで減少しています。

この根本的なトランザクションの低下も、取引処理の状況や手数料に大きく関係しているため、再度仮想通貨全体の価格上昇や仮想通貨使用率が増加した場合などに、トランザクションの増加、これが要因となる手数料の増加は十分あり得ます。

したがって、「ビットコインの問題は、改善の方向へと向かっていますが、問題の解決までには至っていない」という結論になります。

また、こちらの図が示しているように(BCHの手数料が安いため気づきにくいですが、下部の赤線がBCHの手数料チャートです)、ビットコイン手数料が安くなった状態でも、ビットコインキャッシュの手数料の安さと安定性は一目瞭然です。

取引処理の観点から考えても、継続して注目される通貨となるでしょう。

CoinPostの参考記事

ビットコインキャッシュとは|今後の将来性とおすすめ取引所
【2018年6月最新情報】時価総額上位の仮想通貨である「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)」の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。さらに、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)のおすすめ取引所やニュース一覧、チャートなども掲載しています。
仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

各務貴仁CoinPost7株式会社CoinPost取締役COO 兼 編集長

高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの正確な情報をより早く届ける運営体制に力を入れている。