決済プロバイダFleetcor社:Ripple XRPトークンを試用

決済プロバイダー、Fleetcor Technologies社がXRPを活用したプロダクト、xRapidの試験開始
ここ数か月、Fleetcor社だけに限らず、Ripple社と契約を結ぶ企業が増えています。企業らはRippleプロダクトを活用することで国際送金のコスト・時間の短縮を狙います。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Fleetcor Technologies社がXRPを活用したプロダクト、xRapidの試験開始

ワークフォース・フリート決済プロバイダーであるFleetcor Technologies社は、Ripple社のカスタムトークンXRPを活用したプロダクト、xRapidの試験をしています。

『昨年Fleetcor社を買収したニューヨークの金融コンサル企業Cambridge Global Payments社もパートナーシップの一部となります』とRipple社の代表者は語りました。

Cambridge社は2017年からRipple社のクライアントですが、スタートアップ企業のxCurrentプロダクトを大幅に利用していました。

今回のニュースは、テレコムプロバイダーIDT社及び決済プロバイダーMercury社が試験版xRapidの契約をしたとの報道が流れて一か月後のことでした。

IDTとMercuryFXがXRPを採用する新たなRipple社のパートナーに
IDTとMercuryFXの2社はRipple社のxRapid(XRPを利用した送金方法)を利用し、取引の迅速化を目指します。xRapidはMoneyGramとCuallixにも採用され、XRPの実用化が進んでいることが分かります。

MoneyGram社はその直後、同じプロダクトを利用し国際決済のスピードと効率性を試験していると公表しました。

MoneyGram社、XRPを活用し決済迅速化へ
世界大手送金企業MoneyGram社がRipple社のxRapidを活用し、クロスボーダー決済の低コストかつ迅速化を目指します。XRPの活用によって多くの金融機関が長年抱えてきた流動性問題が解決するでしょう。

現在企業らは、取引を行うために各国の事前積み立てされた銀行口座を利用しなければなりません。

昨年からメキシコ金融サービス会社Cuallixは、XRPをオルタナティブとして利用しています。

近日同社ブログでは、xRapidにより迅速かつ低コストな米国ー南部間の決済を実行していると言います。

ここ数か月の間、Ripple社と契約をする企業は急増していますが、それらはXRPではなくブロックチェーン・テクノロジー・スタックを利用し国際決済を容易化しています。

リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。

過去数か月にわたり、アブダビを拠点とするUAE Exchange社、中国のLianLian社、イギリスSantander銀行はxCurrentを利用する契約を結びました。

当時、企業らは国際送金によるコストと時間を短縮する方法を探していると発表していました。

Payment Provider Fleetcor to Pilot Ripple’s XRP Cryptocurrency

Nikhilesh De on Mar 1, 2018

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。