仮想通貨のインデックス投資とは

時価総額の上位にいる主要通貨を組み込む、仮想通貨のインデックス投資
米国大手取引所のコインベースが世界初の仮想通貨インデックスファンドを設立するというニュースが話題になりました。インデックス投資についての情報と、既存プロジェクト2つ(IconomiとCRYPTO20)を紹介します。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

インデックスとは

インデックスとは、市場全体の動きを表す指標や指数のことで、日本で一番有名なのは日経平均株価と東証株価指数TOPIXです。

アメリカだと、ダウ平均(ニューヨーク平均株価)やS&P500(米国の大型株500銘柄で構成)は有名です。

インデックス投資とは

上記で説明した指標に連動した投資信託やETFに投資するのがインデックス投資と呼ばれるもので、仮想通貨では、時価総額の上位にいる主要通貨をポートフォリオに組み込み運用する方法です。

例であげると、BTC:30%、ETH:30%、XRP:20%、BCH:20%のような形です。

仮想通貨は、他投資案件に比べリスクが非常に高く、情報の非対称性の中でリターンを上げるのは難しいことのように思えます。

よって、多通貨へ分散投資することで、リスクを極力減らし、市場リスクのみ受ける投資をするべき、と考える投資家が多い傾向にあります。

Coinbaseが仮想通貨インデックスファンド導入

昨日米国大手取引所のコインベースが仮想通貨のインデックスファンド導入を発表したことのニュースがありました。

海外大手取引所コインベース:仮想通貨インデックスファンド事業に参入
海外の大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、投資信託の一種である「仮想通貨のインデックスファンド事業」に参入することを発表しました。

仮想通貨に投資している投資家は、短期間で考えると”損失“があるかも知れないという懸念点があると感じながら、長期で見ると仮想通貨市場のさらなる発展で資金が”増えるかもしれない“ということを意味していると思います。

今後、投資信託やETFに加え、コインベースのような仮想通貨インデックスが増えてくると予想されます。

しかし、分散投資をしているため、何十倍などのリターンは厳しいものになります。

仮想通貨インデックス通貨

Iconomi (ICN)

Iconomiは、イーサリアムベースのプロジェクトの一つであり、資産運用や管理に特化したプラットフォームです。

プラットフォーム上で使われる仮想通貨をICNといい、ICN保有者には、資産の運用や管理によって発生した報酬の一部が、スマートコントラクトにより支払われる仕組みです。

インデックス投資をするには多数の仮想通貨でポートフォリオを組む必要があるのですが、Iconomiを利用することで多数の仮想通貨に簡単にまとめて投資をすることが可能です。

Iconomiでは時価総額ランキングの上位の主要通貨を集めたBlockchain Index(BLK)やアルトコインを集めたPinta(CCP)など様々なポートフォリオのような投資商品を購入できます。

Iconomiダッシュボード

まだ実装していない機能で、誰でも個人でファンドマネージャーになれる機能が追加されるようで、個人でポートフォリオを組み、それを売ることも可能です。

CRYPTO20 (C20)

CRYPTO20は、2017年に設立し、本社をケイマン諸島に置いている投資家向けの仮想通貨インデックスファンドを手掛ける会社です。

CRYPTO20の目的は、投資を簡単にそしてわかりやすくすることにあります。

仮想通貨は種類がとても多く、どのコインに投資すればいいかわからない方も多いので、自分自身で分析する代わりに投資家はCRYPTO20に投資を行うことで比較的簡単にマーケット全体の利益を得ることができます。

詳細

CRYPTO20は時価総額トップ20の仮想通貨に時価総額の割合で分散投資しています。

しかし、1通貨への投資上限はほとんど10%以内に設定されており、手数料は管理費用が年間0.5%がかかるだけとIconomiと比べて安くなっています。

加えて、自動で週に一度投資割合の調整をCrypto20側でしてくれるというメリットがあります。

まとめ

以前にニュースがあった、フィスコが日本初の仮想通貨ファンドを設立に加え、すでに世界中で100以上の仮想通貨ファンドが存在しており、投資商品として仮想通貨が株式や投資信託の商品と並ぶ可能性は十分にあると思われます。

仮想通貨インデックス投資をするかしないかにしろ、上記2通貨のポートフォリオを参考に、投資に役立ててみて下さい。

※注意

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

仮想通貨のご購入やサービスのご利用につきましては、当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で行っていただきますようお願い申し上げます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。