BTCライトニングネットワーク:メインネット初期ver公式リリース間近か

ビットコインのライトニングネットワーク
ビットコインのスケーラビティ問題を解消するため、スピーディーかつ安価な取引を実現できると着目されているライトニングネットワーク。一部の評論家は、最近の開発における進捗状況から、公式リリースが近いことを予想しています。
中部電力がライトニングネットワークを活用
中部電力が、Nayuta社が中心となり、オープンソースで開発中の「Lightning Networkソフトウェア」を用いることで、低手数料、即時着金の電気自動車充電の支払いを実現しました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ライトニング:1000ノード(約2000チャネル)まで拡大

ライトニングネットワーク(以下、LN)は、ビットコインのメインネット実装におけるアクティブノード数が、新技術進展のための歴史的な到達点とされる1000を上回り、スケーラビティ問題を解決するための大きな布石となりました。

ライトニングネットワークとは

ビットコインのスケーラビリティ問題解決のため、取引承認をブロック以外でも可能にする、パブリックブロックチェーンの2nd Layer(第2層)に当たる技術。

直接繋がりのない2者間でのマイクロペイメント(1円以下の小額送金・少額決済)を実現することができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

監視データによると、2018年3月12日時点で1003ものオンラインノードが存在、過去最高の1892ものチャネルが開かれていることが確認されています。

評論家たちは、LN開発者の技術的な進捗状況から、メインネットプロトコルの初期バージョンが、近いうちに公式リリースされるのではないかと予想しています。

ライトニングは、テストネットとメインネット双方の実装で劇的な進歩を遂げました。

ビットコインに対する批判は未だ燻っているものの、ネットワークのノード総数は増加の一途を辿っています。

これらの批判は、プロトコルがユーザーの取引処理を行う際に「技術的に完璧でない」という懸念に収束されており、技術的欠陥から資金を失うリスクが払拭されない限り、彼らにとって魅力を感じられないということに他なりません。

ビットコインキャッシュの存在意義はどうなる

2018年2月、ライトニングネットワークの技術が、マイクロソフトから賞賛を受けました。

世界有数のIT企業は、「ビットコインキャッシュ(BCH)」が採用した、ブロックサイズの拡張のような”オンチェーン”による解決策よりも、“オフチェーン”による解決策の方が、より望ましいと述べました。

このニュースに対し、SNSのコメンテーターは、

「ライトニングネットワークの技術は、ビットコインキャッシュを”時代遅れ”にする可能性を秘めている。より安価で、迅速な取引を実現させることが出来るからだ。」

と指摘しています。

いずれにせよ、当分の間は、ビットコイントレーダーに大きな変化はないでしょう。

ビットコインは、低い取引承認手数料であるにも関わらず、取引承認数は過去2年間で最小を記録しました。

USDなどの法定通貨へ現金化する傾向も見られないことから、BTCの価格は「$9,000(約95万円)から$11,500(約121万円)のレンジ」をボックス相場でしばらく上下するのではないかと考えられています。

2018年2月に行われた、Bitcoin core及び、主要企業におけるSegWitの大規模採用も「手数料の削減や、取引時間の短縮」に貢献しましたが、人々のビットコインに対する熱意を再び取り戻すまでには至っていません。

SegWitとは

セグウィットとは、仮想通貨取引が抱える2つの問題(スケーラビリティ問題・トランザクション展性)に対する解決策の一つ。

SegWitが導入されることでより円滑な仮想通貨取引が見込まれが、機器などの対応を強要されるマイナーからは反発を受けやすい。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

LIGHTNING NETWORK MAINNET PASSES 1000 NODES AS RELEASE ‘NEARS’

Mar 12, 2018 by WILMA WOO

参考記事はこちらから

中部電力がライトニングネットワークを活用

中部電力による、3月1日のプレスリリースにて、ライトニングネットワークで電気自動車充電の支払いを可能にすることが判明しました。

Nayuta社が開発した、ブロックチェーンに対応した「充電用コンセント」と、インフォテリア社が開発した「スマートフォンアプリ」をインターネットで接続することで、「電気自動車の充電履歴をブロックチェーンで管理する技術」と、それに関わる集合住宅向け新サービスの実証実験を実施したとしています。

株式会社Nayutaのメンバーが中心となり、オープンソースで開発中の日本発のLightning Networkソフトウェアを用いることで、「低手数料かつ即時着金」の電気自動車充電支払いを行っているとのこと。

IoT(Internet of Things)とライトニングネットワークの組み合わせは、世界でも最も早い段階での取り組みとされています。

CoinPostの関連記事

中部電力ら3社がブロックチェーンを利用した電気自動車等の充電に係る新サービスを実験
3/1にインフォテリア、中部電力、Nayutaの3社が電気自動車、プラグインハイブリッド車の重点履歴をブロックチェーン管理する技術の実証実験を実施しました。電力会社も含めた大手企業が仮想通貨及びブロックチェーンに着目しています。
中部電力が仮想通貨を用いた電子決済アプリを開発
中部電力が、仮想通貨を用いた電子決済アプリを開発。社内におけるコーヒー代金の支払いや、ユーザー間の通貨交換に使う実験を行うほか、将来的に「余剰電力を個人間で売買可能にするシステム」の構築を目指しています。
ビットコインニュース一覧