イーサリアム共同創設者:仮想通貨バブル崩壊と考える人は先見の明がない

仮想通貨市場は、バブル崩壊ではない
イーサリアムの共同創設者である「Joseph Lubin」氏は、仮想通貨市場の暴落に対して”バブル崩壊”と決め付ける意見に対して、『先見の明がないのではないか』と主張しました。その理由について、複数の根拠を述べています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨業界は”発展途上”である

イーサリアム共同創設者Joseph Lubin氏は、Bloombergに対し、バブル崩壊だと決め付ける意見に対して『先見の明がない』と述べました。

「私たちは、イーサリアムプラットフォーム上に分散型アプリケーション(dApps)を作ることに集中しているため、ビットコインなどの仮想通貨の動向をじっくり追いかけることは出来ていない」

「これまで、同じような”市場調整”を何度も目の当たりにしてきた。最近の暴落を”バブル崩壊”と決め付けるには、先見の明が不足しているように感じる」

さらに、仮想通貨業界のエコシステム(業界全体の収益構造)が、まだ初期段階で不完全な状態にあると付け加えました。

世界的な”取り締まり強化”に関する機運の高まりと、それに伴う投資家の狼狽売りにより、仮想通貨の市場価格は断続的な大幅下落に見舞われてきました。

先週末にかけて、ビットコインは7400ドル(約78.7万円)、イーサリアムは465ドル(約4.9万円)まで値を下げて取引されていましたが、その後反発し、イーサリアムの価格は534ドル(約5.7万円)まで上昇しています。(*CoinMarketCap調べ)

しかしそれでも、先日までキープしていた1,000ドル(約10.6万円)ラインにすら遠く及びません。

なお、ビットコインの価格は、警戒されていた「G20」において、ポジティブなニュースが発表された直後から上昇を見せ、記事執筆時点で8,270ドル(約87.9万円)で取引されています。

CoinPostの関連記事

金融安定理事会:G20での仮想通貨規制の呼掛けを拒否・BTC大きく反発
金融安定理事会(Financial Stability Board)は、ビットコインなど仮想通貨を規制することを要請する各国の呼びかけを拒否、財務大臣に送った文書の文面にて、『現時点では、仮想通貨は世界的な金融の安全性を脅かす存在ではない』と言及しました。

市場価値を大きく毀損しているにも関わらず、Lubin氏は仮想通貨界の方向性(特に規制関連)について概ね満足しており、次のように述べました。

「規制当局による規制強化の動きについては、悲観的にならず前向きに捉えている

「有価証券とみなされないユーティリティトークンのトークン化セキュリティに期待しているさまざまな管轄エリアが存在し、これはアメリカでも当てはまる」

「イーサリアムおよび他のブロックチェーン技術をもって、世界中で数多くの優良アプリが作成されている(着実に前進している)からだ」

さらに氏は、こう付け加えました。

「仮想通貨界で横行しているICOなどの詐欺被害から、適切な対策を施すことは”理に適って”おり、今後は法に則った形で、適切にトークンを発行する必要がある。」

このように、業界に精通している識者たちは悲観していないものの、肝心の市場価格がいつ回復するかは、まだ定かではありません。

仮想通貨市場は、環境の変化に非常に敏感であるため、短期的に強力な回復が見込めない限り、ほかの主要通貨同様、イーサリアムの価格が低迷する可能性も十分考えられます。

Ethereum Co-Founder: Saying Cryptocurrency is a Bursted Bubble is “Shortsighted”

Mar. 19, 2018 by NEWSBTC

参考記事はこちらから