【Vol.1】Lisk日本人開発者の遠田秀説氏に独占インタビュー

Lisk唯一の日本人、遠田秀説氏
海外の大学を卒業後、日本のITベンチャーに3年勤務。その後、もともと興味のあったブロックチェーン業界で最初の基盤となるプロジェクトに参加したいと考え、Developerを促進するというビジョンを掲げるLiskへジョインしたという遠田氏。現在はLiskCommander(元Lisky)、Lisk Elements(元Lisk-js)の二つにコミットされています。
Lisk Core1.0の4つのポイント
Core1.0について、新APIのデザインと導入やP2P転送レイヤー書き換えなど、そのゴールとなる4つのポイントの詳細についてお聞きしました。全体としての進捗はスケジュール通りとのことで、今後の新たな情報公開が期待されます。

CoinPost主催でLisk CEO Max氏をお招きする初のイベントに先立って、Lisk社唯一の日本人開発者である遠田秀説氏に独占インタビューを行いました。

今回のインタビューはvol.1とvol.2に分けてお届けいたします。

vol.1では日本人開発者の遠田秀説氏の経歴やLiskでの役割について伺いつつ、Core1.0の話題を含むLiskの今とこれからについてお話していただきました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Liskで働く唯一の日本人

―Lisk入社以前はどのようなお仕事をされていたのですか?

元々はカナダ、アメリカの大学を卒業して2013年に日本でサイバーエージェントに入社し、そこから3年間、2016年までゲーム関連の事業に携わりました。

その後日本のAPCommunicationsという会社からベルリンに子会社を作りたいという募集があり、それに参加して現地で子会社設立に動きつつ、他のスタートアップとレストラン関係のアプリやビジネスをやっていました。

Liskで働くことになったきっかけを教えてください。

もともと2014年ごろからブロックチェーンに興味があり、次第に開発者として仕事をしたいなと思うようになりました。

その中でLiskを選んだのは、ブロックチェーン業界が全体としてまだアーリーステージという中でインフラや最初の基盤となるプロジェクトにまずは参加したいと考えていて、まさにLiskがそういう状況だったからです。

また、LiskのDeveloperを促進するというビジョンにも共感しました。

―他の通貨を開発している会社ではなく、Liskだった理由についてもう少し詳しくお聞きしてもよろしいでしょうか。

LIiskが一番これまでのスタートアップの文化に近く、プロダクトを中心としたチームを作っていたからですね。

あとはやはり将来的に自分が使いたいと思えるプロダクトだったというのが大きいです。

―Lisk内にもプロジェクトが色々ありますが、どのプロジェクトにコミットされているのでしょうか。また、他のプロジェクトの進行状況などはわかりますか。

現在はLiskCommander(元Lisky)、Lisk Elements(元Lisk-js)の二つにコミットしています。毎朝スタンドアップのような形で話してある程度は聞くのですが、詳しいところまでは入っておらずわかりません。

日本人であるというのは開発者として海外で働くに当たって何かメリットはあるのでしょうか。また、採用に関して特に日本人を入れたいなどといった部分はありますか。

日本人であることのメリットは業務面では特にないですね。

ただ、日本を好きな人が多く、話すきっかけになるというのはあります。

採用についても、どこの国の方を採用したいとかは特には無いと思います。

コミュニティマネージャーなどであれば国にこだわる場合もあるかもしれませんが、開発者は特に国籍は関係無いですね。

―現在Liskには開発者は何人ほどいらっしゃるのでしょうか。

開発者だけですと20〜30人ほどではないでしょうか。

―Max氏(Lisk CEO)が仰るには、Liskはベルリンに集まってどちらかというと中央集権的にやった方が良いプロダクトができるとのことでしたが、海外で開発をされている方などはいないのでしょうか。

開発に関しては基本フルタイムの方はベルリンに集まっていると思います。

また、Github上で世界中のコミュニティの方々からのコミットやフィードバックなども頂いています

オフィスを移転したと伺いましたが現在のオフィス環境はいかがでしょうか。

現在はWeWorkを1フロア全体貸し切って働いています。

もちろんオフィス自体は綺麗ですし、場所もベルリンの中心で使いやすいですね。

―Max氏(Lisk CEO)やOliver氏(Lisk CTO)はオフィスにいることが多いのでしょうか。

基本的にOliverはオフィスにいますが、Maxはカンファレンスなどによく行ったりしていますので、そういった場合は彼はオフィスにいないですね。

Max氏とOliver氏のお二人はどのような方々でしょうか?遠田さんからご覧になっていかがでしょう。

Maxは日本が好きで、気さくに話しかけてくれます。

ビジョンをしっかり持っていますし、チーム作りにちゃんとこだわっていたりとスタートアップ気質を守っているところがすごいと思っています。

OliverはCTOとして開発の全体を見ていますし、プロダクトのクオリティといいますか、コードのクオリティだけでなくセキュリティやテストなどを含めてすごく気を配っています

やはり小さなミスが大きなお金を動かすことになりますからね。

Core1.0のゴールと進捗について

―リブランディング、リローンチイベントはいかがでしたか。

マーケット的には下落しましたが、そのイベントに来てくださった方たちは皆期待してくれていましたし、いろんな方とお話ししましたがやはり期待感は高いと感じました。

―ユーザー、フォロワーからはコア1.0を待ち望む声が挙がっています。Thomasからはセキュリティやクオリティをスピードより重視しており現在は延期していると伺いましたが進捗はいかがでしょうか。

現状は特に大きい問題が見つからない限りはスケジュール通り進んでいます。

―スケジュール通りということですとLisk Core1.0 に関して第1Qと伺っていますが、これは3月末などにもしかしたら発表があるのでしょうか。

リブランディングの時に4〜6週間と言っていましたので、そのスケジュール通りと聞いています。

―Core1.0のゴールについて少し詳しく聞いてもよろしいでしょうか?

①新APIのデザインと導入

Coreに完全に入っているわけではないので知っている限りのシェアになりますが、まずは新APIのデザインと導入について。

ウォレットであったり要はこのLiskCoreを使っている人たちですね、例えば取引所なども使っていると思うのですが、その方たちが使っているネットワークへのインターフェイスをより使いやすく拡張性があるように再定義しました。

②P2P転送レイヤー書き換え

次にP2P転送レイヤーの書き換えについてですが、これはDecentralized networkなので、ノード同士が通信をしてネットワークが成り立っていますが、その通信方法の変更/書き換えがこれにあたります。

③Atomic block writesを完全サポートするためのデータベースレイヤー書き換え

また、アトミックブロックライト完全にサスポートするため、というのは、今までどういう方法を取っていたか私は把握していないのですが、現状のLiskCoreではpostgressというリレーショナルのデータベースを使っているんですね。

すると、ブロックを生成する時にいろんなテーブルに書き込むのですが、コードベースでアトミックになるように制御素していたというのが1.0以前の話でした。

その部分をデータベースの機能を使って処理をすりようにし、クオリティを上げる、というのがここで説明されている内容です。

④タイプ0トランザクションに64byteデータフィールドを追加

最後に、タイプゼロトランザクション64バイトのデータフィールド追加に関してですね。

タイプゼロのトランザクションというのは基本的なお金の受け渡し、すなわちLiskの受け渡しがそれに当たっているかと思います。

64バイトのデータフィールドというのは、プロトコルレベルの変更にはなるのですが、そのトランザクションに対して何か新しいデータを付け加えられるようなフィールドを追加するということです。

こちらは今後の拡張性に大きく関与してきます。

―SDKに関してはロードマップの進行状況と同じように進んでいますか。

SDKに関しては、コアリリースの次の大きい開発目標の1つということです。詳細に関しては後日情報が公開されるとのことだそうです。

―現状CommanderとElementsにコミットされているということですが、その二つについて簡単にご紹介いただけますでしょうか。

Commanderに関してはPCの黒い画面、CLI(コマンドラインインターフェイス)というんですがそれ用のプログラムで、Commanderからあるノードに対してお金の受け渡しにあたるトランザクションを投げたり、トランザクションをローカル内で作ったりということをします。

開発者やノードを管理している人、デリゲートとかのですね、そういった方向けのツールというのが現在の位置付けになります。

Commanderは今後いろんな機能が追加されていきます。

今後はデリゲートの人たちが使えるようなノード管理などもCommanderでできるようになっていくはずです。

Elementsに関しては、Commanderの中で使われているものなのですが基本的にはライブラリ集になっています。

現状はまだ使われていませんが、これからcoreでも使われるようになって行って、暗号系のライブラリであったりAPIを繋ぐためのライブラリであったり、トランザクションを作ったり確認したりする用のライブラリであったりと、そういいたものが全部詰まっているのがElementsになります。

vol.2では業界全体へ話題を広げ、「日本のブロックチェーン業界とこれからブロックチェーン関連で働く人たちへ」をお届けいたします。