金融庁がBinanceに対し警告?|無登録海外取引所は今後取引不可に?

Binanceが日本から取引出来なくなる可能性
金融庁がBinance(バイナンス)に対して警告を出す方針であることを日経新聞が報じました。
Binanceが日本人の口座開設時に対し、本人確認をしていなかったことを問題視
金融庁は投資家が損害を被る可能性を考え、金融庁はBinanceが日本における営業を止めない場合、改正資金決済法違反の疑いで刑事告発する方針です。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

金融庁がBinanceに警告を出す方針か?

3月22日、金融庁がBinance(バイナンス)に対して警告を出す方針であることを日経新聞が報じました。

金融庁が問題視しているのは、Binanceが日本人の口座開設時に対し、本人確認をしていなかったこと、とされています。

未登録ではあるものの、口座開設時に本人確認を行う海外取引所の扱いについては未だ不明のままですが、今後、日本在住の投資家は金融庁無登録の海外取引所での取引ができなくなっていく可能性があります。

投資家が損害を被る可能性を考え、金融庁はBinanceが日本における営業を止めない場合、改正資金決済法違反の疑いで刑事告発する方針、と報じられています。

コインチェックの匿名通貨取り扱いも取り下げられる可能性が出てきていますが、Binanceも匿名通貨を複数取り扱い、またマネーロンダリングなどの対策も十分に行えていないと判断されているのかもしれません。

Binanceへ警告後、日本人顧客に対し返還手続きを出す可能性も、日経新聞では指摘されています。

金融庁はマカオに本社を置くブロックチェーンラボに対しても警告を行なっており、今回で海外無登録業者に対し警告を行うのは2回目となります。

今後、更にこういった事例が増えていく可能性が高いです。

※追記

Binance CEO CZ氏は、今回の日経新聞の報道に苦言を呈しました。

日経新聞は無責任なジャーナリズムだ。

我々は日本金融庁と建設的な対談中で、なにも命令を受けていません。

金融庁と建設的な対談中にも関わらず、我々に来る前に新聞社に情報を伝えることは道理にかないません。

Binance CEOは以前金融庁からHPから日本語取り消しの指示を受けていたと発言

Binance CEO CZ氏は、以前CoinPostの独占インタビュー時、ホームページから日本語表記を消す様に金融庁に指示された、と発言していました。

Q.ホームページから日本語が消えた理由を教えて下さい。

詳しい理由はわかりませんが、 日本の金融庁からホームページ上の日本語を取り消すように指示をされたので、ホームページ上から日本語を取り除きました。

以前より金融庁から問題視されていて、今回それがついに表面化したのだと思われます。

Binance CEOが語る日本進出の噂の真相
最近まで、Binanceが日本から撤退するのか、日本に支社を作るのかなどの憶測がありました。CoinPostの過去のインタビューでもBinanceの日本支社設立について取り上げたことがありましたが、バイナンス社ではその方針に変更があったようです。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。