マイクロソフト:「Ethereum on Azure」開発の進展を発表

Microsoft Azure上でEthereumブロックチェーンを実装
Ethereum on Azure」では、Ethereumのブロックチェーンを利用し、Azureのクラウドベースでブロックチェーン開発を簡便に行える開発環境を提供することを目的としています。
Microsoftのブロックチェーン戦略
同社は、ブロックチェーン技術の導入に向けた数々の積極的な戦略を打ち出しています。Azureにおけるブロックチェーン開発プラットフォームをはじめ、Coco Frameworkの開発、パブリックブロックチェーンを利用した分散型身分証明システムの導入など、ブロックチェーンの利用例は多岐に渡ります。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Ethereum on Azure – ワンクリック・クラウドビジネスソリューション

Microsoftは19日、同社が開発を進める「Ethereum on Azure」に大きな進展があり、同社が目的とする「ブロックチェーン開発環境の提供サービス」に一歩前進したと発表しました。

この開発により、Azure上におけるEthereum開発の信頼性解析精度の向上が見込まれます。

技術的な詳細については、Microsoft Azure blogにて確認可能です。

Microsoftのブロックチェーン開発は、多くの企業に分散台帳技術を提供する機会を生むことになり、Azure上で提供されるブロックチェーンソリューションは顧客からも大きな期待を集めています

Azure開発者のCody Bornは、ネットワークの信頼性やモニタリングにはブロックチェーンを用いた製品を構築することが必要不可欠であること、さらに、AzureにおけるEthereum開発の進展は、ブロックチェーンの利用ケースが広がることに寄与するだろうと述べています。

Microsoft Azureとは

Microsoft Azureは、Microsoft社が提供するクラウドコンピューティングサービスです。

同サービスを通じて、ITエンジニアはMicrosoft社のデータセンターネットワークにアクセスしアプリケーションの構築、管理を行うことができます。

2015年10月、MicrosoftとConsenSys(2015年に設立された、NYを拠点とするブロックチェーン開発企業)は提携を結び、Microsoft Azure上でEthereumのブロックチェーンを提供するサービスのための開発を行うことを同社HPで発表しました。

同サービスの目的は、企業の顧客、開発者に、クラウドベースでブロックチェーンの開発を簡便に行える開発環境を提供することです。

AzureプラットフォームはEthereumとの提携だけでなく、dAppsプラットフォームのLisk、DEXのBitsharesなどにも一部採用されています。

CoinPostの参考記事:

マイクロソフトが企業のブロックチェーン採用に革命をもたらすか?
マイクロソフトにより、企業がブロックチェーンを採用しやすくするための新たなシステム、「Coco Framework」が発表されました。
マイクロソフト社など大企業との提携で、伸び悩んでいた通貨が大きな上昇
Coinmarketcapによると、IOTA通貨は今週水曜日急上昇し、24時間以内に90%以上の急騰を記録、前日比ほぼ2倍となりました。

Microsoftのブロックチェーン戦略

Microsoftは、以前からブロックチェーン技術に強い関心を示しており、米IT大手ではIBMと並んで研究開発を盛んに行っています。

Ethereumの共同設立者であるJoseph Lubinは、過去にフォーブス誌の取材に対し「現在ブロックチェーンの開発に積極的であるIT企業はMicrosoftだけだ」と発言しています。

Azureのプロジェクトの他にも、同社は過去にいくつかのブロックチェーン技術開発に関するプロジェクトをリリースしています。

2017年8月には、分散台帳開発のサポート機能を備えたCoco Framework」というオープンソースのフレームワーク開発を発表しました

今年2月には、ビットコインやイーサリアムといったパブリックブロックチェーンを利用し、分散型の身分証明システムを構築することを発表しています。

Microsoft:ビットコインなどのパブリックブロックチェーンを分散型身分証明システムで採用
Microsoftはパブリックブロックチェーン(ビットコインやイーサリアムなど)を分散型身分証明システムに取り入れることを発表しました。Microsoftは最初にブロックチェーンベース分散型ID (DID)をMicrosoft Authenticator(認証)アプリに対応させるようです。

さらに同社は、2014年からBitpay(仮想通貨による決済サービスを提供)経由で、自社のオンラインストアにおいてビットコインによる支払いを受け入れており、仮想通貨に対する取り組みも他の米大手IT企業と比べ積極的に行っていると見受けられます。