テックビューロ:5月にmijin v.2 Catapult(カタパルト)リリース予定

「mijin v.2」のカタパルト(Catapult)が5月にリリース予定
ネムブロックチェーンなどのオープンソースのものに導入される時期については、明確にはなっていませんが、プロジェクトの進展が明らかになったことでユーザーからの期待感が増しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

カタパルト(Catapult)が5月ついにリリースか

テックビューロ社のブロックチェーン製品、「mijin」のv.2である、「Catapult(カタパルト)」がついに5月リリース予定と発表されました。

具体的な予定としては以下の3段階に分けられ、3段階目で正式に販売開始されるとのことです。

日付 内容
2018年3月26日 mijin v.2 Catapult ディベロッパー・プレビュー・サービスとSDKリリース
2018年4月 mijin v.2 Catapult コアエンジン 評価版リリース
2018年5月 mijin v.2 Catapult のリリース、オープンソースとエンタープライズ・ライセンスのデュアルライセンス提供開始

カタパルト(Catapult)がネムブロックチェーンに導入予定?

mijin v.2であるカタパルト(Catapult)は、驚異的な処理速度を誇っていると言われています。

具体的には、Segwit導入後のビットコインが秒間約14取引である中、秒間3000~4000取引の処理性能を備えているとされています。

クレジットカードの中で世界一の処理能力をもつVISAは、秒間4000~6000取引と言われており、比較出来る水準にまで達しています。

昨年11月の発表では、2018年以降にネム(NEM)のブロックチェーンに実装予定とされていました。

ただし、テックビューロ株式会社代表取締役であり、NEM.io財団の理事でもある朝山貴生氏(以下、朝山氏)は、2018年2月1日のNEM.io財団の記者会見で、以下の様に述べています。

今年mijinが公開されますが、NEMなどの非中央集権化されたオープンソースのものに導入されるのはまだ先になるでしょう。

CoinPostの関連記事

NEM.io財団の理事:朝山氏がハッキング事件対応の経過を公表
NEM.io財団の理事である朝山貴生氏による2/1の発表内容はコインチェックのハッキング事件を受け、NEM.io財団からの幾度となく発表されている内容を再度確認した形にもなっています。また、Catapult(カタパルト)についても言及しています。

mijinとは

mijinとは、大手仮想通貨取引所Zaifの運営元であるテックビューロ社が提供する、プライペードブロックチェーン製品です。

ネムのコア開発者がテックビューロ社で開発したもので、「NEMプロトコル」を採用しており、銀行口座、電子マネー、認証システム、登記システムなど様々な用途に使用可能です。

ビットコインなどのパブリックブロックチェーンとは違い、指定したノードだけが参加可能となります。

既存の様々なデータベースと入れ替えることで、高価なハードや環境を整えることなく、ブロックチェーンの特徴である改ざん不可の特性を得ることが出来ます。

これによりコストが大幅に削減される他、用意されたJSON APIからJavaScriptを使って全ての機能が利用可能であるため、知識を取得するコストも必要ありません。

また、独自トークンの発行により、仮想通貨だけではなく、ポイントや商品券、電子マネー、チケット等としてアプリやサービス内での利用が可能です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。