Ripple社David Schwartz氏が語る:XRPとxRapidの未来について

Rippleの初期開発者
David Schwartz氏は現在Ripple社のChief CryptographerでXRPを作った初期メンバーとしてブロックチェーン業界全体から注目を集めている人物です。
XRPとxRapidの将来について
XRPと、リップル社のXRP利用の決済プロダクト「xRapid」の未来についてお聞きしました。また、今後の方針やアップデートの方向性、流動性向上のための改善策などについても掲載されています。

3月29日のSlush Tokyo 二日目、リップル社のChief CryptographerであるDavid Schwartz氏に独占インタビューを実施致しました。

XRPの今後や新しいプロジェクトであるxRapidについてのお話を伺わせていただきました。

インタビューにご協力いただいたDavid Schwartz氏に御礼申し上げます。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

インタビュー内容一覧

日本のユーザーに自己紹介をお願いします。

私はDavid Schwartz(デイビッドシュワルツ)、リップルの暗号研究者です。

私は現在XRP Ledger, そして仮想通貨XRPと呼ばれるリップルプロジェクトの初期から携わっていた開発者の一人です。

2018年はリップル社にとって今の所(インタビュー時3月29日)どうでしょうか?

現在市場は良くない状況ですが、そのおかげで我々のチームは、ユーザーの皆様に本当の価値を提供するための開発に今まで以上に集中することができています。

―2018年は特に何が大変ですか?

規制に関する問題を不安視する方が大勢いて、実際の使用事例から注目が逸れてしまっています。

ですからリップル社としては、国際決済の使用事例を中心としてプロジェクトを進めています。

―リップル社はインターレジャー・ビジネスを発表しました。リップル社は今後どのようになると予想していますか?

我々は常に、銀行や金融機関でも使用可能で、規制要件に沿って、なおかつ資産・価値の流動があるオープンで分散型の決済ネットワークを築いています。

これが私たちを他の会社から差別化する点だと自負しています。

我々に重要なのは現在起きている問題を正しく認識することと将来今よりどのようにもっと効率的にお金が動けるか両方を見ながら動くことです。

―xRapidの将来とは?またいずれは日本にも来るのでしょうか?

xRapidは、XRPで従来の会社でも決済できるようにしたプロジェクトです。

主に取引額が少なく取引回数の多い『送金』を視野に入れて取り組みました。

非効率的な支払い経路や、または(ブリッジ通貨として)ドルの価値が高く流動性が必須なルートで導入を初めます。

その後、流動性を高めてから、金融機関等での大きい額の送金や取引も出来るようになるのが目標です。

―XRPに関して、現在チームはどのような事を中心として動いているのでしょうか?

全ての機能を搭載しようとするのではなく、実際に使用してもらう状況を考えて動いています。

我々は業績を非常に重要視していて、他の分散型システムよりリップルは高い取引率を誇っています。

現在は支払い・決済、資産保有または資産の移転を主に中心にプロジェクトを進めています。

二つ目の着目点はセキュリティーです。

リップルには独自のキーローテーションの機能があります。

例えば、もしパスワードがもう安全でないと判断した場合、他社と違ってパスワードだけを変える事ができます。

また第三者機関から我々のコードを審査してもらってもいます。

もうひとつの着目点は分散化の向上です。

もっと多くのユーザーにXRP Ledgerを使用してもらいたいと思っています。

リップル社だけでなく一般のユーザーにもXRP Ledger上でアプリケーションを作っていって欲しいです。

その為に以前より積極的にコミュニティー参加を促し、実際にXRP Ledgerを使用しているユーザーのサポートに力をいれています。

―リップルの競合相手は誰だと思っていますか?

それは競合相手の定義の仕方によりますね。

実際の使用事例において、我々の競合相手は、人々が今まで通りに決済をするー例を挙げれば、Swiftなどの送金会社です。

技術面においての競合相手は、イーサリアムなどのXRP Ledger以外のブロックチェーンの使用を検討しているブロックチェーン企業です。

しかし、ユーザーが望んでいる機能を我々が持っている場合XRPの方が、速くて安く、また信頼が置けます。

けれども人によっては合わない場合も時々あります。

―将来的なXRPのアップデートについて教えて下さい。

いくつかの新機能を今後予定しています。

ひとつめはpayment channelと呼ばれるもので、これにより、ledger外で取引可能になります。

XRPをより素早く移動できる様に取引所間でこの機能を使用して欲しいと思っています。

また分散化を促す機能や支払いや資産の受け取り方をユーザーがコントロールできる機能なども搭載する予定です。

リップルは常に規制に対して実用的なアプローチを保ってきました。

つまり規制に従いたい人に不自由がないように心掛けてきました。

理由もなく資産が送られてくる問題が度々起きていますが、あるユーザーにとってはこれは何の問題の無い事です。

しかし場合によっては、法的義務により全ての取引を報告しなければならないユーザーもいて、そのような方々にとってはいい迷惑です。

そういう理由で支払いや資産の受け取り方をコントロールできる機能の作成に着手しています。

―XRPの今後の方針について教えて下さい。

『XRPはリップル社のもの』という偏見を変えようとしています。

XRPは誰でも参加できるオープン・レジャーで、ちゃんと分散化されています。

これをもっと多くの人に知ってもらいたいです。

―3月に入ってからXRPの価格が下落しています。流動性は今後の課題ですがどう対処する予定ですか?

xRapidが一つの答えです。

xRapidは銀行ではない機関がXRPで決済を行う手段の一つです。

トレーダーと取引が成立した時、人々はその時々で使われている通貨を使用したいと思います。

我々の望みは、xRapidを通して取引量を総じて増やす事により、流動性を上昇させる事です。

今の課題は効率です。例えば、米ドルから日本円は良い支払い経路です。

たくさんの人に取引されていてコストも高くありません。

逆に米ドルからメキシコペソ、日本円からメキシコペソはコストが高い為、流動性もそこまで必要ありません。

取引量の少ない支払い経路をターゲットすることにより、今後は取引量の多いルートも徐々に狙っていきたいと思っています。

―日本の皆様に一言お願い致します。

XRP ledger上の開発をもっと見たいです。

リップルのledger上の取引量は1日で300万ドルを超えています。

日本のコミュニティーの皆様の参加を心よりお待ちしております。