BitmainがETHマイニングASIC実装|イーサリアムはハードフォークするのか

Bitmainがイーサリアム対応ASIC実装
Bitmainがイーサリアム対応マイニングASICを実装し、第一陣が既に売り切れたと報告されました。これに対応し、イーサリアムではハードフォークも検討されています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

イーサリアムマイニングASIC

ビットコインマイニングハードウェア会社Bitmainが長い間噂されてきたイーサリアムマイニング技術を月曜日に明かしました。

Bitmainのウェブサイトによると、Antminer E3は今年7月に800ドル(約85000円)という価格で実装される予定です。

陳述によると、「1ユーザーにつき1個」という注文制限が設けられ、中国と台湾への発送規制がかけられました。

期待された通り、この発表はすぐに買い手の関心を集めました。

第一陣は既に売り切れたようです。

Bitmainのイーサリアムマイニングプロダクトについては、2月に中国ニュースサイトTechnews.cnがハードウェアの詳細を発表したときに初めて話題になりました。

Susquehanna所属のアナリストであるChristopher Rolland氏は、Bitmainのクライアントに対し、今度のイーサリアムベースASICが(世界中の仮想通貨マイナーからの需要が高いプロダクトをもつ)グラフィックカードメーカーのAMDやNvidiaの展望を衰えさせると言いました。

Rolland氏は以下のように語りました。

「先週アジアを旅行していたとき、BitmainがすでにイーサリアムマイニングASICを開発し、2018年第2四半期に発送できるように供給を準備していることを確証しました。」

しかし、イーサリアムエコシステムがプロトコル変化を通して今度のASICの利用を防ぐような対策を施すかは分かりません。

先週、ある開発者がASICの利用を防ぐネットワークのハードフォークを提案するイーサリアム改善案を提唱しました。

Bitmain Confirms Release of First Ethereum ASIC Miners

April 3, 2018 by Stan Higgins

参考記事はこちらから

CoinPost考察

イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)マイニングで採用されるアルゴリズムであるEthashは、ASIC耐性があるとされてきました。

しかし、Bitmainでイーサリアム対応ASICマシンが発売されたことで、イーサリアムの集権化が懸念材料の一つとなっています。

ただ、ウォール・ストリートの株式調査会社であるSusquehanna社のChristopher Rolland氏による顧客レポートの中で、先週の内にこの内容は発表されていたため、織り込み済みだったことからETH価格はそれほど大きな反応を見せていません。

Bitmain社がイーサリアム用ASICマシンを開発か
ウォール・ストリートの調査会社が、GPU製造メーカーで大きなシェアを誇るNvidia社とAMD社の評価を下げました。同社は、仮想通貨マイニング機器最大手のBitmain社が、イーサリアム用ASICマシンの製造・販売に着手していると報告しています。

しかし、イーサリアムではASICマイニングによる集権化への対策として、ハードフォークも検討されているため、今後の動向は要注目となるでしょう。

多くのイーサリアム投資家がASICに対抗するハードフォークに賛同
イーサリアムの創設者の一人であるVlad Zamfirが新たに行った投票によれば、多数のイーサリアムユーザーが、イーサリアム対応ASICを利用したマイナーを排斥するためのハードフォークへの賛同の意をを示しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。