ビットコインの価格が4月~6月に反発すると予想される3つの理由

ビットコインの価格上昇に寄与する3つの要素
2018年は、ビットコインにとって厳しい幕開けとなりました。1月上旬からビットコインの価格は下落を続け、4/6現在でその価格は70万強と低迷を続けています。しかし、多くの有識者は、4月以降にビットコインの価格下落が終わり、再び上昇しはじめるだろうとの見方を示しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコイン価格上昇の3つの理由とは

2018年はビットコインにとっては先行きの怪しいスタートでしたが、いよいよ価格回復の見込みが出てきたようです。

第一四半期には時価総額を1190億ドルまで下げ、規制機関の圧力や市場の厳しい評価に晒されました。

しかしその苦しい時期を脱し、ようやく第二四半期での価格回復の準備が整ったようです。

CNBCのBrian Kelly氏とCCNはこの価格回復のために重要なポイントとして以下の項目を挙げています。

アメリカの確定申告がほぼ終了

12月のビットコイン価格の好調で利益を得た投資家たちは、今現在、確定申告で国に支払いをする必要があり、3月に売り圧力が高まったのはそのせいです。

Kelly氏は、3月の売却の集中には確定申告以外にテレグラムICOへの投資家の移行も関係していたとした上で、以下のように述べています。

3月に起きた確定申告関連の売却は長くともあと1週間ほどで終わりを迎えるでしょう。

コインチェックの買収が完了

4/6、マネックスグループがコインチェックを買収し、完全子会社化することを発表しました。

コインチェックがマネックスの完全子会社化を公式発表|本日16時より記者会見
コインチェックがマネックスの完全子会社化となることを公式発表しました。16時より詳細内容が記者会見において発表される予定です。また、麻生金融相が、仮想通貨交換業のみなし業者への行政処分についても、本日発表します。

マネックスグループはアメリカに拠点を置くトレードステーションの親会社でもあります。

BK Capital Management CEOのBrian Kelly氏はCNBCに対し以下のようにコメントしました。

今回の買収によってしっかりと管理された日本の上場企業下に取引所が置かれるという状況が生まれ、この事が仮想通貨の信用を大きく引き上げることになるでしょう。

歴史はビットコインに味方

価格の下落中に買おうとしている場合でもない限り、3月はビットコイン投資家たちにとって堪え難い時期となりました。

しかしたとえ一時的に価格下落に苦しんだとしても、ビットコインにとっては予定外のことではありません

歴史的に見れば、毎年3月はビットコインの価格が落ち込むもので、一方喜ばしいことに4月は価格も回復し、ビットコインの取引に最適な時期になるというのが常です。

2013年時点のFundstrat社のデータでは以下のように述べられています。

過去7年のうち、3月に価格が落ち込んだ年は6年あり、4月に価格が上昇した年は5年あります。

さらなる追い風

ビットコインはますます追い風を受けていると言えます。

これまでに挙げた3つの要因の実現が直近に差し迫っていますが、他にも好調をもたらす要因はあります。

ビットコインをとりまく世界市場は、価格の不安定さを取り除くべく、きちんとした規制体制の具体化を待ち望んでいるということもその一例です。

そのような動きが進めば仮想通貨市場がさらに飛躍するのは間違い無いでしょう。

3 Reasons Why Bitcoin Price Will Rebound in Q2 2018

APRIL 05, 2018 21:06

参考記事はこちらから