Wanchain CEO ジャック・ルー氏にインタビュー

Wanchainに関して
クロスチェインテクノロジーの解説や、マルチウォレットに関する新情報をインタビューしました。また、バイナンスが日本で使えなくなった今、新たな取引所への交渉が進んでいるようです。
中国仮想通貨市場
今は業界全体が動いており、以前の規制からは異なる方向に向かっているとのことで、ブロックチェーン技術にも中国政府は前向きとのことです。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨Wanchain(WAN)とは

仮想通貨Wanchain(WAN)は、2017年9月にICOを行ない、2018年3月に世界最大手仮想通貨取引所Binanceに上場したことで話題となった通貨です。

Wanchainは、ブロックチェーンとスマートコントラクトを利用し、ビットコインやイーサリアムなど異なるブロックチェーンを繋げる金融プラットフォームの構築を目指しています。

また、モネロでも使われているリング署名、ワンタイムアドレスといった技術による匿名性の確保も目指しています。

今回は、WanchainのCEOであるジャック・ルー氏にインタビューを実施しました。

ご協力いただいたジャック・ルー氏に御礼申し上げます。

インタビュー内容一覧

―簡単な自己紹介をお願いします。

はじめまして、ジャックルーです。

以前はFACTOMという中国の会社を立ち上げ、CTOとして勤めていました。

昨年、Wanchainというプロジェクトを、世界中の方々や、中国の開発者達と、Wanglu(ワングルー)という会社とともに始めました。

Wanchain発足から一年経った今も、順調に開発も会社も続いています。

Wanchainでは『クロスチェーンテクノロジー』と言うものを売りにしているとのことですが、詳細についてご説明をお願い致します。

今現在ブロックチェーンをみると、二つに分離されます。

パブリック(public)プライベート(private)です。

例えばビットコインとイーサリアム。

どちらもすでにグローバル化していますが、互いに”会話”することができません。

何故なら元のプログラム言語が違うからです。

それらの異なるエコノミーをつなげるためのプロトコルを開発しているのです。

そうすれば、1つのエコノミーからのコインやトークンを別のエコノミーに流すことができます。

それと共に私達はプライバシーを守り、プライバシートークンとスマートコイントラクトを組み合わせます。

私たちは、トークン・エコノミーのすべてのトークンを接続し、非常に複雑な金融取引やトークンエコノミーで考えられるトランザクションを作成する基本コンポーネントである、プライベート・クロスチェーン・スマートコントラクトをサポートできます。

―Wanchainが上場しているBinanceは日本の金融庁から警告を受けています。日本人ユーザーのために、新しい取引所との提携はお考えですか?

はい、もちろん検討しています。

既にいくつかの取引所とコンタクトを取っており、今回のカンファレンスでも何人かとコンタクト済みで、この後ももう一社と話す予定です。

bitFLyerの加納さんともお話ししましたか?

はい、今朝(4月4日)お会いしました。

―Wanchainが開発中のマルチ通貨ウォレットは6月リリース予定とのことなのですが、ビットコインとイーサリアムどちらも対応可能と発表されています。このウォレット発表後、どのように進展していきますか?

WAN価格についてはお話しできませんが、このマルチ通貨ウォレットがリリースした後は、あらゆる面で業界が良くなっていくと思います。

ロードマップの予定としては6月から今年中旬をめどに準備を進めています。

まずはイーサリアムと統合し、その後ビットコインと統合する予定です。

どちらもこの業界で最も大きい銘柄で、ほとんどの仮想通貨はEthereumかBitcoinをベースにしているので、Wanchainにとって非常に良い経験になるでしょう。

その後他のブロックチェーンとも統合しようと思っています。

また、プライベート・チェーン・ソリューションにも取り組んでいます。

来年か、早くて今年を予定しています。

3つのプロジェクト(Utour,Allspark,Gametank・Beyond Blocks Summit Tokyo:Day1 参加レポート参照)とドバイで行われる会議でもいくつかのプロジェクトの発表をする予定です。

これらのプロジェクトの大半がWanchainによって繋がれています。

Binanceなど、アジア圏から離れる仮想通貨企業が多いです。その中で、中国においての仮想通貨業界の状況を教えて下さい。

中国では、マイニングや、経験豊かな投資家が充実しており、また大規模な人口もあり仮想通貨経済の規模は非常に大きいと思います。

しかし、2017年、ICOで市場は大変混乱していました。

政府が推測している間にICOにおける詐欺行為が多く行われていました。

多くの人々がブロックチェーンの仕組みを知らずにこの分野に突入し、中国における社会的問題や財政的不安定を引き起こしました。

政府は9月に速急な行動を起こし、ICOを禁止しました。

それはいい選択だったと思いますが、政府はまだこの新しいテクノロジーが何なのか、それをどうコントロールするべきなのか理解していないと思います。

経済大国などは古い思考ゆえにこの技術を受け入れる時期が遅れるでしょう。

私は今後新しい規制が生まれると思います。

今は業界全体が動いており、それぞれが異なる方向に向かっています。

私はこの業界全体と、中国政府が最善の道を見つけようと努力していると思います。

中国政府は、ブロックチェーンの使用を認識し、ブロックチェーン技術を今後5年間最優先事項に置いて、1日でも早く活用できるように精進しているからです。

ブロックチェーンの革新は止まらないでしょう。

それは困難で、時間もかかりますが、日本が現状のように先頭に立ち続ければブロックチェーンに将来はあると思います。