投資ファーム創設者:仮想通貨は世界を変える|現在の状況はインターネット黎明期

仮想通貨の不安定さの要因
投資家Brian Kelly氏は、現在の仮想通貨はFUD(Fear”恐れ” Uncertainty“不確定” Doubt“疑い”)の3要素に象徴されるとしつつも、現在の仮想通貨のボラティリティの高さはシンプルにその仕組みや存在が勘違いされていることによってもたらされていると考えているようです。
価格低迷に対し、現在が底値で今後高騰との見方
Kelly氏は、現在仮想通貨が置かれている現状は悲惨極まりないものである一方、これが底だろうと考えているようです。ウォーレン・バフェットの名言を引用しつつ、危機に見える今こそ仮想通貨投資のチャンスだと示唆しました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨の不安定さの要因

ビットコインの価格が2022年までには25万ドルに達するだろうと以前答えたことのある、投資家Brian Kelly氏はCNBC誌の企画「ファストマネー」内にてこう語りました。

仮想通貨の置かれた現状は1980、黎明期のインターネットに似ているでしょう。仮想通貨の技術は世界を変える可能性を持っています。ですがまだ非常に新しい技術なのです。

Kelly氏の発言から振り返ってみると、現在の仮想通貨はFUD(Fear”恐れ” Uncertainly“不確定” Doubt“疑い”)の3要素に象徴されるといってよいでしょう。

ビットコインなど仮想通貨がもつ、ボラティリティの高さは、こうした不確定な要素が絡み合っているのです。

しかし、技術的な部分を詳細に見てみれば、仮想通貨はいずれより大きな存在になることは明白だと考えている投資家は多く存在します。

その一人が投資ファームBKCM LLCのCEOであり創設者Brian Kelly氏です。

彼はこのデジタル資産投資ファンドのマネージャーを務める人物であると同時に、「Bitcoin Big Bang」を書いた人物としても知られています。

彼は現在の仮想通貨のボラティリティの高さは、シンプルにその仕組みや存在が勘違いされていることによってもたらされていると考えているようです。

彼は以下のように語りました。

仮想通貨や、ブロックチェーン技術は未来のCISCOやMicrosoftになるでしょう。

ですが、仕組みが大きく異なります。これらはオープンソースのソフトウェアです。特定の企業のことをさしているのではありません。

この部分を多くの人たちは勘違いしています。

価格低迷に対し、現在が底値で今後高騰との見方

「こうした状況の置かれている現在の仮想通貨は底値を示しているに過ぎない。

Kelly氏ら仮想通貨を肯定的に見る投資家たちはそう考えています。

4月5に行われたCNBCのインタビュー内でファンドストラット社の創業者にして、アナリストであるTom Lee氏はこう答えました。

4月17日までに仮想通貨が市場に大量に出回るでしょう。アメリカ国内の投資家たちは、推定で25億ドルのキャピタルゲイン税を払わなくてはなりません。それに対応するための売り圧力が強まっています。

Tom Lee氏はこうした現状を「悲惨」という言葉で表現していますが、彼もまた、Kelly氏と同様に、仮想通貨が今後高騰を見せると発言している人物として知られます。

彼自身は現在仮想通貨が置かれている現状は悲惨極まりないものである一方、これが底だろうと考えているのです。

こうした見解にKelly氏も同意します。

彼は名投資家ウォーレンバフェットが残した以下の言葉が現在のBitcoinを含めた仮想通貨マーケットでの投資を行うためのアドバイスとして適していると述べます。

多くのものが熱望している時こそを恐れなさい。そして多くの人たちがそれを恐れている時にそれを求めなさい。

そしてKelly氏は、バークレイズが先日の発表の中で仮想通貨をウィルスに例え、仮想通貨に高値が付くことはないと表現したことを引用してこう語りました。

バークレイの発表がありましたが、あれをみれば、ビットコインであろうとなかろうとどんな資産でも手に入れたくなりますね。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。