リップル社:イギリスの規制当局に「より適切なルール整備」を要求

リップル社の規制に関する考え
規制問題に取り組むリップル社の「Ryan Zagone」氏は、イギリスの規制当局に対し、より適切なルールの整備を求め、日本における規制の在り方が他国よりも一歩先んじていることを主張、適切な規制を行うことで、豊富な資金力を持つ機関投資家の参入を促すことができるとしています。
規制面で一歩進んでいる日本
2018年初頭、日本の仮想通貨取引所Coincheckがハッキングを受け、5.3億ドル(約580億円)相当のNEMが盗難される事件が発生したことで、利用者保護を掲げる「金融庁」は規制強化を推進。結果的に、安全水準に満たずシステムが不完全な取引所(事業者)の排除に成功しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

リップル社がイギリスで規制強化を要求

主要仮想通貨の中で「最も中央集権的な通貨(XRP)」を有するリップル社は、イギリスの規制当局に対し、日本に習って自由な仮想通貨市場に”適切な枠組み”を設けるため、規制強化することを要求しました。

The Telegraphによると、リップル社の規制関係に対応する部署を率いる「Ryan Zagone氏(以下、Zagone氏)」は、イギリスの規制機関に対し、消費者保護、アンチマネーロンダリング、財務的安定の3本を柱にした「リスクの抑制と革新の推進」に関する適切な規制体制を見つけてほしいと語ったことを明らかにしました。

彼は、以下のように述べています。

「より明確な線引きと規制が必要な時代であり、より確かなものが必要となってきています。もう一度”俯瞰して見る”というアプローチに立ち返る必要があるかもしれない。」

リップル社は、さまざまな中央銀行やその他大手金融機関と共に取り組んでおり、機関が施行する規制によって最も恩恵を受けると言えるでしょう。

さらに、Zagone氏は、イギリスの規制機関に対し、世界に先駆けている「日本の仮想通貨規制モデル」を模倣するべきだと主張しました。

他国に先駆ける日本の取り組み

2018年初頭、日本最大手の仮想通貨取引所である「Coincheck」が、ハッキングにより5.3億ドル(約580億円)相当のNEMが盗難される事件が起きました。

日本の金融庁は、この事件をきっかけに日本の仮想通貨取引所に対し監視を強化。金融庁の認可を得るための「仮想通貨交換事業者の登録申請」を促し、充分な安全が確保されていないとされる、仮想通貨業界の事業者を排除することに成功しました。

金融庁は、全ての未登録仮想通貨取引所に対し登録申請を促すと同時に、各取引所へ臨時の立入検査も行いました。

金融庁は3月下旬、「Tokyo GateWay」及び、福岡基盤の「Mr.Exchange」に対し、データセキュリティの面で大幅な改善を要求、さまざまな保証措置の面でも欠陥が見られたことから、さらなる改善を求めました。

しかし、2社ともそれに準ずることができずに、廃業を余儀なくされています。

さらにRaimu、bitExpress、そしてBit Stationの3つの取引所も、営業停止に追い込まれました。

そして日本では、ICOに関しても、将来性などポジティブな部分と仮想通貨市場での消費者保護を優先しつつ、効果的に規制しようとする動きが出てきています。

4月上旬に、政府の支援を受けた研究者は、国内のICOに対して、安全な活動を目的とした「規制ガイドライン」を提案しています。

銀行の立場

イギリスでは、すでにイングランド銀行や金融行為監督機関(以下、FCA)を含む、専門のチームを結成しています。

しかし、イングランド銀行もFCAも、過去にビットコイン(仮想通貨)に対しては、一貫して否定的な立場を貫いています。

3月に、イングランド銀行の総裁に就任した「Mark Carney」氏は、以下のように言及しました。

「端的に言って(仮想通貨は)失敗と言える。仮想通貨は価値の保存として機能していない。」

「過去5年間を見ても、日別のビットコインの標準偏差は英貨の10倍以上もあった。この極端なボラティリティは、仮想通貨に本質的な価値がないこと、物理的な保証がないことを反映していると言える。」

一方で、Zagone氏はリップル社が仮想通貨業界において、より強い規制を求めていることを認め、以下のように述べました。

適切な規制は、高速道路のガードレールのようなものだ。これがあることによって、(大きな資本力を持つ)機関投資家などの新しい参入者を引き入れることができる。」

RIPPLE LIKES REGULATION, REQUESTS MORE FROM THE UK

Apr 16, 2018 by Adam James

参考記事はこちらから