モルガン・スタンレー:ビットコインマイナーの損益分岐点は約92万円と予想

マイナー達の損益分岐点
モルガン・スタンレー社のアナリストであるCharlie Chan氏は、例え安価な電力を使用したと仮定しても、大規模マイニングプールの損益分岐点を満たすには、ビットコイン価格が$8600(約92万円)を上回る必要がある、と言及しました。
マイニングチップの需要低下
もしビットコイン価格が回復せず、このまま低迷を続けると、マイニングチップの需要、そして、価格の低下にも繋がり、台湾集積回路製造社(TSMC)を始めとする半導体製造会社にも影響を与える事になると危惧されています。

もしビットコインが$8600(約92万円)にまで回復しないと、ビットコインマイナー達は仮想通貨を発行していくことに収益性を見出せなくなるかもしれない、とモルガン・スタンレー社のアナリストは発言しました。

ビットコインは、90万円前後で取引されていますが、2017年12月中旬の200万円台から転落して以来、その水準まで回復することがなく時が過ぎています。

「私達は、例え低価格の電力(約3円 kW/h)を活用したと考慮しても、大規模なマイニングプールの損益分岐点が、$8600(約92万円)であると予測しています」

株式アナリストであるCharlie Chan氏とそのチームは木曜日に言及しました。

そして、報告書では以下のように記述されています。

「よって、私達は、ビットコインマイニングハードウェアの需要および、価格がさらに低下し、TSMC社の半導体ウェハの需要にも影響を与えると考えています」

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインマイニングの損益分岐点

情報源: モルガン・スタンレー社の調査予測($1=107円換算)

台湾集積回路製造社(TSMC)は、仮想通貨マイニング需要の不透明性から基づいて、4月19日に2018年度の利益予想(10~15%)を10%にまで下方修正しました。

モルガン・スタンレー社は、このアジアの巨大半導体製造社TSMCの10%ほどが仮想通貨マイニング需要に左右されているのではないかと予想しています。

ビットコイン”マイニング”は、ブロックチェーン での取引の記録を追加するにあたって、匿名のマイナー達がネットワークでの承認処理を行います。

その承認処理では、複雑な数学的方程式の解を求めるため、高い計算処理能力を必要とします。

マイナー達は、その数学的方程式を解く事によって、報酬としてビットコインを受け取ることが出来ます。

大半のマイニンググループは中国に存在しており、その効率性を高めるため”プール”という組織形態でマイニングを行なっています。

しかし、より多くのマイナー達が参入するにつれて、その処理に必要な数学的方程式のデフィカルティ(難易度)も増して行くのです。

モルガン・スタンレー社のアナリストは以下のように語りました。

「私達は、新しいマイニング容量の導入が、2H18(2018年後半)においてマイニングのデフィカルティ(難易度)をさらに高めるのではないかと考えています」

「もし2H18においてビットコイン価格がさほど変化しなかったとしても、私達のシュミレーションでは、マイニング収益は劇的に下落すると予想されています」

専門的なマイニングチップを販売する企業は、まだ(値段に)余裕があるかもしれません。

しかし、モルガン・スタンレー社のモデルによると、特定用途向け集積回路(ASIC)の販売者は、2年後もビットコインが$5000(約53.5万円)で取引されたとしても採算は取れる状況にあると示唆されています。

Bitcoin ‘miners’ are losing money at any price below $8,600: Morgan Stanley

Apr 19, 2018 by Evelyn Cheng

参考記事はこちらから