アマゾンウェブサービス(AWS)がブロックチェーンフレームワークを導入

AWSがブロックチェーンフレームワークを導入
ユーザーがインターネット上でさまざまなサービスを実行できるソリューションを提供する「AWS」は、イーサリアムと「Hyper ledger Fabric」のユーザーが独自のdAppsを作成するためのブロックチェーンフレームワークを導入しました。
クラウドサービスによるブロックチェーン支援が加速
17日には、中国の最大手スマホメーカー「Huawei」がブロックチェーンソリューションの開発支援を表明しており、今回の発表を契機に、より多くの企業がクラウドサービスでのブロックチェーンフレームワークを導入するようになると思われます。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

AWSとは

アマゾンウェブサービス(AWS)とは、世界有数のECサイトである「アマゾン(Amazon)」が提供するウェブサービスの総称です。

AWSが提供する100種類以上のソリューションからいくつかのサービスを組み合わせることで、企業や個人はインターネット上でさまざまなサービスを実行することができます。

AWSが提供するソリューションの一例として、次のようなものが挙げられます。

  • ウェブサイト:サーバーの負荷状況に応じて処理スペックを自動調整できる
  • ビッグデータ:ビッグデータの保管とデータ分析が実行できる
  • IoT:IoTデータの詳細な分析を実行できる

そのほかにも「クラウドサーバ」など、さまざまなソリューションを提供しており、ユーザーはそれらを組み合わせることで、あらゆるアプリケーションを構築することができます。

AWSがブロックチェーンソリューションを導入

AWSは4月19日、イーサリアムとオープンソースのブロックチェーン基盤の一つである「Hyperledger Fabric」向けのブロックチェーンフレームワークである「AWS Blockchain Templates」の導入を発表しました。

「AWS Blockchain Templates」では、ユーザーが独自のブロックチェーンアプリケーションを簡単に作成することができます。

これによって、ユーザーはブロックチェーンネットワークを手動で設定するための時間と労力を、ブロックチェーンアプリケーションの構築に費やすことができるようになります。

2017年には、「AWSがブロックチェーン関連のサービスを開始する予定はない」との噂が広まっていました。

しかしながら、2017年12月6日に「R3コンソーシアム」との提携を発表、同社のCordaプラットフォームをAWSの最初のブロックチェーンソリューションとして導入しています。

Cordaは、ユーザーがAWSプラットフォーム上で分散型アプリケーション(dApps)を使用して、新しいアプリケーションを直接構築できるように設計されています。

企業によるブロックチェーンソリューションの提供が進む

4月17日には中国のスマートフォンメーカーHuaweiが、ブロックチェーン技術を応用したサービスを開始することを発表しました。

CoinPostの関連記事

中国大手通信企業Huawei:ブロックチェーン開発支援サービスを発表
中国大手通信企業のHuaweiがブロックチェーン開発支援サービスを発表しました。Blockchain-as-a-service(Baas)として発表された今サービスは、ブロックチェーン技術開発の企業、開発者向けに開発されているプラットフォームです。

Huaweiが発表したサービスであるBlockchain-as-a-service(Baas)は、ブロックチェーン関連企業や、開発者によるブロックチェーンアプリケーションの開発を助けます。

これにより「Huawei Cloud」ユーザーは、クラウド上で安全かつ透明性が高いアプリケーションを安価に作成できます。

クラウドサービスの最大手であるアマゾンが、”新たなブロックチェーンフレームワーク”を導入したことにより、ますます多くの企業がブロックチェーンのクラウドサービス事業に乗り出す可能性も考えられます。

Introducing AWS Blockchain Templates for Ethereum and Hyperledger Fabric

Apr 19, 2018

参考記事はこちらから