ビットコイン(BTC)価格を”MOON”させるために必要不可欠な「5つの要素」

ムーンさせるために何が必要なのか
2017年12月に記録したビットコイン(BTC)の最高値”200万円台”を突き抜けるために欠かせない「5大要素」について、米経済誌Forbesに掲載されたBlockStarのCEO「Christian Ferri」氏による的確な分析を紹介しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

BTC価格は再びムーンするのか

2018年初頭より、ビットコイン(BTC)価格の低迷が3ヶ月以上も続いてきた中、ようやく仮想通貨市場も”回復の兆し”が見え始めてきました。

現時点では、9200ドル(約100万円)付近で推移・取引されています。

過去最高の高値を更新するため、必要な5要素を解説しています。

ムーンとは

「To the Moon」の略。

月にまで届きそうな勢いで価格が上がっている、仮想通貨の”急騰チャート”のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

1:セキュリティインフラの改善

米経済誌Forbesによると、ビットコイン価格を急騰させるために欠かせない要素として、「価値の保存(Store of Value)」と、取引の仲介を担う標準通貨としての浸透であると記述されています。

ただしこの実現には、より安全かつ利便性の高いインフラが必要不可欠であると考えられています。

BlockStarのCEO「Christian Ferri」氏(以下、Ferri氏)は、以下のように説明しました。

「ビットコインが、デジタルゴールドのような”価値の保存”の用途として使用されると仮定した場合、人々が新しい金融媒体を信頼して利用していくためには、仮想通貨エコシステム全体を網羅できる”より安全なインフラ”が必要不可欠だ。

「それを実現することで、さらに多くの人々の市場参入を期待できることからも、拡張性のあるインフラは極めて重要な位置付けにある。」

2:価格の安定化

Ferri氏はForbesに対し、「ビットコインをメインストリームで使用される通貨に押し上げるには、セキュリティの向上だけでは不足している。」ことを主張、「合法的な法定通貨としての役割を担うには、プロトコルの向上によって、価格変動も安定化させなければならない。」と述べました。

「もしビットコインが、日常的な取引の仲介を担うために”プロトコル”を改善するのであれば、既述のセキュリティや拡張性以外にも、安定性の向上も必要だ。」

「この安定性があれば、今日5ドル(約545円)で買ったカフェラテが明日50ドル(約5450円)で売れる、といったようなことを防ぐことになる。」

3:機関投資家の参入

ビットコインなどの新高値更新に向けてはさらなる流動性が必要で、大量の資金流入も欠かせません。

その”大量の資金”の元となるのが、莫大な資本力を持つ機関投資家です。

Fabric Foundationの経営執行役会長を務める「Paul A. Taylor」氏は、Forbesに対して以下のように述べています。

「仮想通貨インデックスファンドなどへの機関からの資金の流入は、小さな影響が連鎖的に伝わることで大きな影響を及ぼすようになる”カスケード効果”を引き起こし、さらなる人々の流入に繋がることになる。」

CrowdfundXのDarren Marble氏(以下、Marble氏)もこの意見に、以下のように同意しました。

「現段階では、機関投資が今後の”ビットコイン発展のカギ”を握っていると言わざるを得ない。これまでは、流動性の問題、セキュリティリスクと資産の保護、取引先リスクなどの懸念により、ビットコインを非中央集権的取引所で購入することを躊躇していた経緯がある。」

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場と3頭の「クジラ」|巨大金融機関参入の機運高まる
先日、世界3大投資家のジョージ・ソロス氏や、世界的財閥であるロックフェラーやロスチャイルドが仮想通貨市場に参入する可能性が報道されました。彼らの経歴と、世界的投資家や財閥が仮想通貨業界に参入する可能性について考察します。

4:認可を受けた取引所

大口投資家が、ビットコイン投資に手を出し始めているのは周知の事実であると言えます。

しかし、より大きな資本力を有する”機関投資家”が本腰を入れて参入するには、規制当局の認可を受けた(信頼性の担保された)取引所の存在も重要です。

Marble氏は、Forbesに対し、以下のように言及しました。

「tZEROや、Coinlist、NASDAQのような認可済みの取引所が、二次的となる仮想通貨プラットフォームを構築する必要がある。それによって初めて、金融のプロが運用する資金として知られる、スマートマネーがビットコインに直接流入してくることになる。」

「この状況が実現した場合、塞き止めるものはなくなり、仮想通貨業界は”新時代に突入”するだろう。そうなった場合、時価総額は10億ドル(約1090億円)を越し、ビットコイン(BTC)価格も過去最高値を更新する可能性がある。」

5:上場投資信託(ETF)

仮想通貨の父とされるビットコインの最高値更新に向けた最後の主要要素は、仮想通貨関連ETFとも呼ばれる上場投資信託の設立です。

BitcoinIRA.comの共同創業者及び、COOを務めるChris Kline氏は、以下のように述べています。

仮想通貨関連の上場投資信託は、仲介アカウントを通してより簡潔に取引を行うことができるため、ビットコインやその他の仮想通貨の価格上昇に貢献するのではないかとされている。」

「ビットコインや仮想通貨業界全体の勢いは、強い兆候に転じていることからも、価格の反発は時間の問題だと言えるだろう。」

3 Things That Could Lift Bitcoin Prices To New Highs

MAY 2, 2018 by Panos Mourdoukoutas

参考記事はこちらから

5 THINGS THAT WILL SEND BITCOIN BACK TO THE MOON

May 3, 2018 by ADAM JAMES

参考記事はこちらから