ビットコイン先物取引が価格下落の要因:SF連邦準備銀行がレポート公開

ビットコイン先物取引の価格への影響
Federal Reserveが公開したレポートによると、ビットコインの先物取引の開始によって、ビットコインに否定的な投資家たちが市場に参入できるようになり、その結果現在まで続く価格の下落傾向に至ったとのことです。
ビットコインの今後
ederal Reserveは、ビットコインへの投機の流れが衰退していくにつれて、通貨としてのビットコインのメリットが価格決定の最大の要因となると述べています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコイン先物取引の価格への影響

Federal Reserve Bank of San Francisco (以下Federal Reserve)が金融レポートを公開し、ビットコイン価格が20,000ドル台を記録した昨年末以降、10,000ドル台の現在まで下落したのはビットコインの先物取引開始の結果だと報じました。

Federal Reserveはレポートで以下のように公表しています。

先物取引導入後のビットコインの急速な価格上昇とその後の下落は、偶然ではありません。一般的な先物取引の導入時の市場変化と同様の形でビットコイン価格も変動しています。

昨年のビットコインの過去最高価格は、12月中旬のCME(シカゴマーカンタイル取引所)でのビットコン先物取引の導入が要因となってもたらされました。

しかし、その1週間前にCBOE(シカゴオプション取引所)が同様にビットコインの先物取引導入を発表した時は取引は盛り上がらなかったとレポートでは述べられています。

また、レポートによれば、ビットコイン価格が上がる方に賭けた楽観的な投資家たちはビットコイン価格上昇の唯一の要因だったとのことで、価格の上昇がさらなる楽観派の投資家の増加につながりました。

対して、悲観的な投資家たちは、ビットコインの先物取引が導入されるまでビットコインの価格下落に賭けて利益を得る手段がありませんでした。

先物取引で下落に賭けられるようになったことで、先物市場に価格下落の需要がうまれ、続いて価格も実際に下落することとなりました。

ビットコイン先物取引の開始は悲観的な投資家を市場に参加させることとなり、ビットコインの上昇トレンドを反転させる要因となりました。

レポートでは上記のように記載されています。

また、先物市場は取引規模が小さかったため、CBOEやCMEの先物取引導入によって一晩のうちにビットコイン価格が崩壊するといった自体にはならなかったとも報じられました。

ビットコインの今後

先週、Federal Reserveの前総裁は、以下のように発言していました。

ジェローム・パウエル氏の代わりに私が連邦準備制度理事会議長に任命されていたら、連邦の独自仮想通貨の構想を練るチームを組成していたでしょうね。

Federal Reserveは、今後の価格は、需要と、伝統的な金融機関への支払い手段・直接投資対象としての仮想通貨の採用の有無が影響するとの見方を示しています。

また、ボーダーレスで手数料の低い、法定通貨に取って代わる通貨として、ビットコインが現実世界に適用されていくかどうかが、今後のビットコインの価格を決める最大の要因になるとの表現でも説明がなされました。

Federal Reserveはレポートで以下のように述べました。

我々はビットコインの長期的な価格に影響する要因をいくつかは理解していますが、ビットコインの通貨としての現実的なメリットへの理解は、長期的な価格を推し量るにはまだまだ不十分です。しかし、ビットコインへの投機の流れが衰退していくにつれて、通貨としてのビットコインのメリットが価格決定の最大の要因となるでしょう。

また、レポートでは以下のような記述もあります。

もし現在ビットコインが基軸通貨として支配するこの仮想通貨市場で、他の通貨が基軸通貨としての利用を拡大したとしたら、ビットコインの需要は急激に落ちるでしょう。なぜなら、この市場は勝者独占の気質が強いからです。