イランへの経済制裁の影響|高まるビットコイン需要と現実味を帯びる国有仮想通貨構想

アメリカからイランへ経済制裁、イランの困窮続く
アメリカがイランに対し新たな経済制裁を課すと宣言したため、ただでさえ悪化していたイラン経済はその深刻さを増し、国民はイランの法定通貨からビットコインへと逃れているようです。
イラン政府が仮想通貨発行か
中央銀行CBIによる、金融機関でビットコインを含む全ての仮想通貨を取り扱うこと及び取引することを禁止する決定に続き、同国の「情報通信技術大臣」を務めるJayad Azari-Jahromi氏は今年の4月に、自国の実験型仮想通貨企画が出来ていると発表しました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

イランの抱える経済的トラブル

米国トランプ大統領が一方的な核合意解除の上、イランに対し新たな経済制裁を課すと宣言したため、イランの国民たちはビットコインへと経済的救済を求めるようになっているようです。

再開された米国からの制裁は間違いなく、イランの総輸出、特に原油輸出(イラン相当なGDPを占めている)に深刻な悪影響を与えるでしょう。

過去数ヶ月間にわたる外貨為替不足と銀行における金融困難に続き、以前から価値を失くしてしまったイラン通貨IRR(リアル)はドル高がよりひどくなってきたのです。

すなわち、既に悪化している国内経済が、経済制裁の再開によりさらなる危機的状況に陥ろうとしているのです。

イラン中央銀行(CBI)はこの事態を収拾しようとしましたが、効き目がなかったようです。

というのも、CBIは公式と闇市場の外貨為替相場を統一させたにも関わらず、IRRは下落する一方でした。

国有仮想通貨への構想

また、イラン政府が国有仮想通貨を発行するのではないかとされています。

「イラン政府は国有仮想通貨を作っている」との報道は多々見られます。

中央銀行CBIによる、金融機関でビットコインを含む全ての仮想通貨を取り扱うこと及び取引することを禁止する決定に続き、同国の「情報通信技術大臣」を務めるJayad Azari-Jahromi氏は今年の4月に、自国の実験型仮想通貨企画がすでにできていると発表しました。

もしもイランが自国の仮想通貨を作ったとしたら、南アメリカの国、ベネズエラの後に続くことになります。

ベネズエラは今年の2月にペトロ(PTR)を公開しています。

ペトロ(PTR)は、同国の経済を苦しめていた制約から逃れる手段とされています。

それに対し、米国政府がペトロの国内における取引を禁じたため、ペトロの交換可能性は低下させられると思われます。

ビットコインが救うイラン経済

イラン国民はビットコインの禁止令にも関わらず、未だビットコインを使って国外へ送金しています。

イラン国内の報道機関によれば、ここ数か月間、国民から仮想通貨の購入に費やされた金額は25億ドル以上だったそうです。

しかし、中央銀行の禁止令が多額の仮想通貨取引を困難にし、IRRの流出を引き留めると予測されています。

イラン国会の経済委員会主席Mohammad Reza Pourebrahimi氏は、国内の仮想通貨活動の多くが単なる投機行為に過ぎないと信じているようです。

さらに同氏は、「他所の仮想通貨はイランの銀行システムにとって脅威である」とも述べました。

よって、政府が国有バーチャル通貨を発行する必要性は大いにあると言えるでしょう。