Consensys社がOmega Oneを導入

Consensys社がOmega Oneを導入
Exchange OMEGA ONE
信頼性 取引中に資金を残すため、ハックされる危険性 トレーダーの資金はブロックチェーン上の分散された契約にとどまる
流動性 取引内の流動性に限られる 全ての取引の流動性を集める
ソフィスティケーション 単純な成行注文や指値注文に限られる上、高価 -注文を分散し最適な取引・タイミングを指定
-最大の結果を出すためにゲーム理論を適応
費用 取引料金・高流動性費用 -より低い取引料金・流動性費用・手数料
-大きな注文には90%の割引

仮想通貨市場は巨大な成長をみせたものの、取引は未だに非流動的ばらばら高価、さらにはハッキングによる盗難の恐れがあります。

Consensys社の最新のブロックチェーン商品「Omega Oneは世界の仮想通貨為替に対応した自動分散遂行システムによりこれらの問題を改善し、取引のコスト低下また取引先リスクから利用者を守ります

根本的に仮想通貨市場の流動率を上げることにより、資産クラスとしての成熟の基礎を築き、未来の金融システムを構築しているとも言われています。

以下、Consensys社ブログより引用

なぜ流動性が大事か

市場が流動的なときは、立場の入れ替えが容易ですので多量の取引を価額変動に影響せず行うことができます。

これには急成長や破産を抑え市場の成熟を促す傾向があるためトレーダーに限らず市場全体にとって良いことです。しかし従来の市場よりも高い流動性費用(100万ドルが市場の10%のBTC/ETHを影響すのに対し、0.01%のUSD/EUR)があると、仮想通貨市場の急速な成熟または参入する資産による破裂の危険を伴います。

どのようにOmegaOneがこの問題を解決するのか

幸いこの問題は解決でき、従来の市場ではブローカーの仲介によって解決されています。仲介者は大きな注文を分散し、注文を適当な取引に割り当て、ゲーム理論の活用により流動性費用を削減し、結果的により効率的な流動性の利用を実現させました。

Omega Oneは仮想通貨市場でこの役割を果たし、仲介層を加えることにより取引リスクから利用者を守ります。取引エンジンがイーサリアムや他のブロックチェーンと可動すれば、トラストなしで資金取引が可能になります。

もしOmega Oneの会員がイーサリアム標準トークン(ERC20)の取引を望むなら、ある一定の時間と価額の範囲内でトークンAを弊社のスマート契約にロックしトークンBの注文を送信します。するとOmega Oneは我社の取引口座と資金を使いトークンBを市場に特定し、スマート契約内で会員と直接トークンの取引をします。

このシステムによりOmega Oneのアルゴリズムを利用した流動性採取の利点と会員の信頼性を結びつけ、取引先リスクを防ぎます。

オメガトークン

オメガトークンとはOmega One取引プロトコルによって仲介された仮想通貨トークンです。

会員はこのトークンを使うことによって料金の支払い費用割引の獲得、さらにプライベートダークプールで優先的な条件で取引が可能になります。報酬は流動性アクセスの増加、取引インテリジェンスの強化、そしてさらなる分散化のために再投資されます。

結果としてOmega Oneは低コストの取引全体的な流動性の増加、また市場の成長に貢献に役立つでしょう。

オメガトークンの実施は2017年後期に予定しています。

Consensys Introduces Omega One

By Richard Kastelein -June 12, 2017

原文はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。