リップル チャート・価格・相場・最新ニュース一覧

リップル(Ripple/XRP)のチャート・価格・相場・概要

1分5分10分15分30分1時間4時間4週
名称
XRP (XRP)
公開日時
2013/02/02
Twitter
@Ripple
ウェブサイト
アルゴリズム
承認方式
流通量/総量
38,305,873,86538,305,873,865
難易度調整
1 block
ブロックRR.
-
ブロックNo.
0
ネットHR/s
0
ブロック報酬
0

リップル(Ripple/XRP)とは

送金・決済機能に特化したプラットフォーム、リップルで運用される仮想通貨です。

仮想通貨と法定通貨を繋ぐブリッジ通貨として知られ、決済速度が非常に速いため、銀行間決済への利用も期待されます。

SBIをはじめとする大手金融機関・企業との提携も強く、日本での人気が非常に高いです。

▶️リップルとは?

リップル(Ripple/XRP)のおすすめ取引所は「bitbank」

公式HP 公式HPはこちら
会社名 ビットバンク株式会社
現物取引手数料 ビットコイン:無料(6/30まで)
他通貨:無料(6/30まで)
  • 手数料0%キャンペーン中
  • XRP取引量世界トップクラス
  • アプリで簡単にXRPを取引
▶️bitbankの登録はこちら ▶️bitbankのアプリの使い方はこちら

リップル(Ripple/XRP)ニュース一覧

XRP台帳はPoW台帳より「耐検閲性」が優れている|耐検閲性とは

XRP台帳はPoW台帳より「耐検閲性」が優れている|耐検閲性とは

2018/06/23

「検閲」とは、「技術的な原因によらず、特定のトランザクションなどに差別的に障害を与えること」です。XRP台帳とBTCのPoWシステムはともに一定の「検閲」に対する耐性の基準を満たしていますが、XRP台帳はより小さな「検閲」の問題に対しても高い耐性を持ちます。

XRP(リップル)を「有価証券」ではないとする3つの理由

XRP(リップル)を「有価証券」ではないとする3つの理由

2018/06/19

先日、アメリカ証券取引委員会(SEC)によって、ビットコインやイーサリアムが「有価証券には該当しない」と発表された。そんな中、Ethereum World Newsでは、XRPが証券に該当しない3つの理由について記述された。

世界の一般投資家は仮想通貨の現状をどう見ている?|購入意欲では日韓が最下位に

世界の一般投資家は仮想通貨の現状をどう見ている?|購入意欲では日韓が最下位に

2018/06/17

仮想通貨の主要意識調査まとめ。日韓では投機目的で仮想通貨の認知度が先行し、実需が広がりつつある欧米・アフリカなどで今後認知度がさらに高まると考えられる。意識調査の分析をする際には調査期間や調査対象などの基本情報を念頭において調査結果の背景を考察する必要がある。

米Ripple社SVP:韓国には仮想通貨に友好的な規制が必要

米Ripple社SVP:韓国には仮想通貨に友好的な規制が必要

2018/06/12

リップルのシニア・バイス・プレジデントは、韓国の仮想通貨に関する法律の部分的な緩和の必要があると主張しており、成長を妨げるのではなく、促進するような仮想通貨規制にすることで、韓国は金融市場で大きな力を得ることができると考えています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用