エイダコイン(Cardano/ADA) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧

エイダコイン(Cardano/ADA)のチャート・価格・相場・概要

1分5分10分15分30分1時間4時間4週
名称
Cardano (ADA)
公開日時
0001/01/01
Twitter
@cardanocom
ウェブサイト
アルゴリズム
Ouroboros
承認方式
PoS
流通量/総量
25,927,070,53845,000,000,000
難易度調整
ブロックRR.
ブロックNo.
0
ネットHR/s
0
ブロック報酬
0

エイダコイン(Cardano/ADA)とは

プラットフォーム名のカルダノ(Cardano)が正式ですが、日本では通貨名のエイダコイン・エイダ(ADA)と呼ばれることが多いです。

独自のスマートコントラクトを採用したプラットフォームCardanoで発行されています。

世界的に有名な開発者の参加でも知られており、国や研究機関、企業との提携も多く進んでいます。

エイダコイン(Cardano/ADA)取り扱い取引所「Binance」

公式HP 公式HPはこちら
会社名 Binance
現物取引手数料 0.1%(BNBトークン利用で最大50%OFF)
特徴 ・手数料が安い
・数百種類にも及ぶ通貨を取り扱う
・世界トップクラスの取引量を誇る
▶️Binanceの登録はこちら ▶️Binanceの口座開設方法はこちら

エイダコイン(Cardano/ADA)ニュース一覧

メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ

メインネットを開始する予定のERC20通貨ラインナップ

2018/05/24

TRON、EOS、Vechain、Ontologyなどがメインネットを開始することが発表されています。メインネットを開始する時期、新しいトークンに更新する方法、また今回のメインネットの開始に伴う注目すべき情報を紹介しています。

仮想通貨ADA:韓国のモバイル決済プラットフォーム「メタップスプラス」と提携

仮想通貨ADA:韓国のモバイル決済プラットフォーム「メタップスプラス」と提携

2018/05/09

株式会社EMURGO(エマーゴ)は、日本のフィンテック企業「メタップス」の子会社メタップスプラスが、時価総額7位の仮想通貨「ADA」と提携したことを発表しました。メタップスプラスのアプリプラットフォームでは、すでに10億DL以上されており、パートナー店舗3.3万店以上での、決済及び提携プロモーションでの使用を予定しています。

仮想通貨の正しい価値を判断する新たな時価総額計算方法が話題に

仮想通貨の正しい価値を判断する新たな時価総額計算方法が話題に

2018/02/19

2つの仮想通貨を比較するために私たちは測定単位を定めなくてはならず、通貨の正しい供給量を把握するには「割り切れる単位」を使用する必要があります。仮想通貨の場合はサトシが最も小さな単位であり、定められた単位を使うことで「供給正常化」と呼ぶ現象を生み出すことができます。

主要通貨+草コインの暴落率比較

主要通貨+草コインの暴落率比較

2018/02/07

2017年12月以前から仮想通貨全体が大きく盛り上がりましたが、年末付近から徐々に下落しはじめ、現在ではビットコインを初めとする仮想通貨全体が暴落しています。人気仮想通貨と人気草コインの年末付近の最高値から最低値を算出、下落率を比較してみました。

次のビットコインになりうる6つの仮想通貨

次のビットコインになりうる6つの仮想通貨

2018/02/04

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、その投資熱が最も高まった一年でした。本記事では、ビットコインやリップル、イーサリアムといった主要な仮想通貨に続いて、今後ますます発展を遂げていくであろう仮想通貨を6種取り上げて解説いたします。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用