アイオタ(IOTA) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧

アイオタ(IOTA)のチャート・価格・相場・概要

1分5分10分15分30分1時間4時間4週
名称
IOTA (IOT)
公開日時
2016/07/17
Twitter
@iotatoken
ウェブサイト
アルゴリズム
承認方式
Tangle
流通量/総量
2,779,530,2832,779,530,283
難易度調整
ブロックRR.
ブロックNo.
0
ネットHR/s
0
ブロック報酬
0

アイオタ(IOTA)とは

IoTでの活用を想定し、少額決済に特化して設計された通貨です。

仮想通貨では極めて珍しく、ブロックチェーンを利用せず、代わりに独自のTangle(タングル)という技術を用いています。

取引手数料が無料で、膨大な取引にも対応できる高い拡張性を有するなどの特徴もあります。

▶️アイオタ(IOTA/IOT)とは?

アイオタ(IOTA)取り扱い取引所「Binance」

公式HP 公式HPはこちら
会社名 Binance
現物取引手数料 0.1%(BNBトークン利用で最大50%OFF)
特徴 ・手数料が安い
・数百種類にも及ぶ通貨を取り扱う
・世界トップクラスの取引量を誇る
▶️Binanceの登録はこちら ▶️Binanceの口座開設方法はこちら

アイオタ(IOTA)ニュース一覧

ドイツのアーヘン工科大学:IOTAの産業レベルでの活用を検討

ドイツのアーヘン工科大学:IOTAの産業レベルでの活用を検討

2018/03/26

アーヘン工科大学は”ブロックチェーン領域の再定義”を進めるプロジェクトのための潜在的な修士・博士候補を探している旨を公にし、IOTAの産業への応用に取り組む姿勢を見せました。本記事ではIOTAを支えるTangleという技術についても解説します。

仮想通貨の正しい価値を判断する新たな時価総額計算方法が話題に

仮想通貨の正しい価値を判断する新たな時価総額計算方法が話題に

2018/02/19

2つの仮想通貨を比較するために私たちは測定単位を定めなくてはならず、通貨の正しい供給量を把握するには「割り切れる単位」を使用する必要があります。仮想通貨の場合はサトシが最も小さな単位であり、定められた単位を使うことで「供給正常化」と呼ぶ現象を生み出すことができます。

ビットコインは唯一のライトニングネットワーク技術開発通貨ではない

ビットコインは唯一のライトニングネットワーク技術開発通貨ではない

2018/02/18

取引処理をブロックチェーン外で行うことで、取引速度の大幅な向上が期待されるライトニングネットワーク技術。今やビットコインだけでなく、ライトコインやジーキャッシュ、イーサリアムといったメジャーアルトの開発陣らも、ライトニングネットワークの開発に積極的です。

主要通貨+草コインの暴落率比較

主要通貨+草コインの暴落率比較

2018/02/07

2017年12月以前から仮想通貨全体が大きく盛り上がりましたが、年末付近から徐々に下落しはじめ、現在ではビットコインを初めとする仮想通貨全体が暴落しています。人気仮想通貨と人気草コインの年末付近の最高値から最低値を算出、下落率を比較してみました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用