リップル社CEO:XRP使用のxRapid正式版を近日リリース、大手銀行の採用に自信を示す

XRPを使用する「xRapid」の需要拡大へ
米リップル社CEOのGarlinghouse氏は、オランダで開催された「Money20/20」にて、仮想通貨XRPを使用したxRapidの正式版を近日リリース予定だと明かし、大手銀行で採用される可能性についても自信を示した。
XRPとは
米リップル社が開発する仮想通貨で、ネットワーク上の仮想通貨やフィアット間をつなぐブリッジ通貨の役割を持つ。GoogleやSBIホールディングスなどが出資しており、銀行間における国際送金システムでの利用などで、将来性を期待されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

XRP使用のxRapidが本格始動

6月4日にオランダの首都アムステルダムで開催された「Money20/20」にて、米リップル社のCEOを務めるBrad Garlinghouse氏(以下、Garlinghouse氏)がCNBCのインタビューに応じ、今後のリップル社及び、デジタル通貨XRPについて言及しました。

まず、インタビューの冒頭でGarlinghouse氏は、「デジタル通貨であるXRPは、オープンソースのエコシステム」であり、リップル社は、あくまでも「XRPエコシステムを使用することで、安価かつ迅速な国際間送金、決済を実現しようとしているに過ぎない」と語り、XRPとリップル社には明確な線引きがあることを主張しました。

現時点で、リップル社の商品であるxCurrentは、100以上の銀行に採用されており、あらかじめ法定通貨を所持する2銀行間で即時送金を行うことができます。

この方法は、法定通貨をあらかじめ所有している銀行間であれば可能な送金方法ですが、流動性が低かったり、十分な法定通貨を所有していない金融機関間の場合でも、デジタル通貨XRPを使用し、リアルタイムでの流動性を実現したxRapidで国際間送金を円滑に進めることができるのです。

Garlinghouse氏は、

銀行や企業間送金のため、現時点で数兆ドル(約数百兆円)が(世界中であらかじめ用意しておく法定通貨として)保管されているが、xRapidを使用することで、その資金を解放し、効率的に使用することができるのではないか

と言及しました。

xRapidは、2017年後半にベータ版を公開しており、

  • Western Union(160年の歴史を持つ、国際送金・海外送金サービスを行うアメリカの会社)
  • MoneyGram(米NY証券取引所に上場する、国際的送金ネットワークのサービスを行うアメリカの会社)
  • Mercury FX(為替交換業サービスを行うイギリスの会社)

など、送金業界で名の知れた企業によって、すでに導入・使用されています。

Garlinghouse氏は、近々xRapidをベータ版ではなく”正式版”として公開予定で、2018年中に、大手銀行が流動性を高めるツールとして、xRapidを採用することに大きな自信を持っていることを明かしました。

さらに「2019年には、より多くの銀行や金融機関が、xRapidを採用していくことになる」と予想しています。

仮想通貨、XRPの今後

XRPの価格について言及されたGarlinghouse氏は、以下のように述べました。

「価格を予測することはできない。」

「我々はXRPエコシステムの一部に過ぎず、エコシステムには他にも数多くのプレイヤーが存在しているんだ。我々がXRPの実用性を高めていくことで、エコシステム自体が成長し、より健全なものとなっていくと考えている。」

Garlinghouse氏は、「全てのデジタル資産の価値は、その実用性によって上昇するものだ。」と主張。エコシステムの成長が、”実在する顧客が持つ、実在する問題を解決する”ことに繋がっていくとコメントしました。

現時点でXRPが、ビットコインやイーサリアムに続き、仮想通貨市場における時価総額3位に位置付けていることについて問われると、このように回答しています。

「仮想通貨同士は、必ずしも”直接的な競合”に当たる訳ではない。仮想通貨市場の成長にしたがって、勝ち残る仮想通貨は複数あるだろう。」

さらにGarlinghouse氏は、Twitter社CEOのJack Dorsey氏の”世界共通の単一通貨”という考えや、国家がデジタル通貨を発行することに関しては、否定的であり、「ドル、ポンド、ユーロ、円」などの利便性の高さから、仮想通貨は法定通貨を代替することはなく、あくまでも”国際間送金のような補佐的要素を担う”との考えを明らかにしています。

最後にGarlinghouse氏は、仮想通貨市場は、「未だ新興市場のようなものに過ぎず、ボラティリティも極めて高くなっている」と語る一方、

「実在する顧客の実在する問題を一つ一つ解決していき、さまざまな価値を生み出していくことで、市場は成長・安定していくだろう。」との見解を示しました。リップル社はそのビジョンを実現するため、数ヶ月単位の短期間ではなく、3〜5年程の長期的な視野で物事を捉えていることを強調しています。

CoinPostの関連記事

『SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)』サービス開始|大きく期待できる5つの理由
日本最大級の取引所「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)」の本オープン時期、上場予想5通貨、大きく期待できる5つの理由、仮想通貨XRP(リップル)を開発する米Ripple社との提携内容など、SBIVCの現物取引サービス「VCTRADE」に関する最新情報をまとめています。【6/15更新】
仮想通貨リップル(XRP)とは|今後の将来性とおすすめ取引所
【6/1更新】仮想通貨リップル(XRP)のプロジェクト「xRapid、xCurrent、Xpring」に関する解説をはじめ、リップル(XRP)の価格上昇につながる今後の将来性、おすすめ取引所、安全性の高いウォレットの使い方について、投資初心者でもわかるようにまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Koji Takahashikoji_cryptoCoinPostの海外在住ニュース担当記者

CoinPostの海外在住ニュース担当記者をしています。 海外大学への留学を経て、現在NZで生活をしながら、仮想通貨投資や記事の作成に取り組んでいます。