ビットコインETF承認を目指し、約4.2兆円の資産運用会社とフィンテック企業の合同チームが許可申請

ビットコインETF
巨大機関投資家の参入が見込めることで実現を期待される「ビットコインETF」。これまで米SECには12の申請が却下されているが、懸念点を解消した新しいアプローチが話題に。
ETFとは

Exchange Traded Fund (上場投資信託)の略でインデックスファンドの一種。

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等に連動する運用成果を目指し、東証などの金融商品取引所に上場している投資信託のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインETF(上場投資信託)の動向

実現すれば、仮想通貨投資の「聖杯」になるとも言われている、ビットコインETF(上場投資信託)。

6月6日、ニューヨークに拠点を置く、老舗資産運用会社Van Eck Associatesと、金融テクノロジー開発と金融サービスを提供するSolidX Partnersの2社が共同で、米国証券取引委員会(SEC)へ、ETFの承認許可申請を行いました。

しかし、Van Eck社とSolidX 社がビットコインETFの許可申請をしたのは、これが初めてではありません。 

Van Eck社は2017年8月に、SolidX社に至っては、2016年3月にSECへの「ビットコインETF」承認申請を行っていますが、SECは2018年1月、約12の申請の取り下げを要請したことから、未だ実現には至っていません。

それでは、今回申請されたビットコインETFは、従来の申請内容と何が違うのでしょうか。

まず、投資業界および仮想通貨業界で有力視される2社が、それぞれの強みを生かしたタッグを組んだことが挙げられるでしょう。

Van Eck社は、1955年の設立以来、金(ゴールド)の投資信託や金採掘者ETFをはじめとする革新的な金融商品を提供しており、デジタル資産インデックスを創設するなど、常に新しい資産クラスへの投資商品を開発、展開してきた会社です。

その管理下にある資産は、380億ドル(約4兆1800億円)と言われており、Van Eck社最高経営責任者である、Jan van Eck氏は「ビットコインETF」商品について、次のように述べています。

ビットコインは、”デジタル・ゴールド”として、投資家のポートフォリオに含めるのに、理に適った正当な投資オプションであることが、明らかになってきたと考えている。」

SolidX社の場合

一方、SolidX社は、フィンテックを専門とし、暗号化ソフトとフィンテックを駆使した金融商品を開発してきたスタートアップです。

このような投資商品開発に長けた両社が申請した今回のETFは、SECが申請却下の要因としてあげた懸念事項に十分対処したものであると、SolidX 社、最高経営責任者のDaniel Gallancy氏は、Bloomberg社への電話インタビューで答えています。

「規制当局が懸念しているのは、個人投資家向けのETFであるようだと、様々なコメントから推量できる。そのような懸念は時間とともに変わると思われるが、現時点で最も適しているのは、機関投資家向けの商品だ。」

このコメントの通り、申請されているビットコインETFは、1シェアが25BTC (執筆時約2,125万円)と設定されており、この価格は従来のETF商品のシェア価格と肩を並べるものです。

また、規制側が懸念を示したシェア価格および基準価格設定しては、規制下にある取引所のBTC価格に基づくものだとしています。

さらに、両社が申請したETFは、BTC現物により裏付けられると同時に、BTCの紛失および盗難に対しての保険もかけられるとのことです。

Jan van Eck氏のこの商品に対する自信のほどは、同氏の次の発言からも、伺い知ることができます。

「私たちは、規制当局が審査中の他の(ETF)モデルよりも優れたものを共同で作り上げた、と信じている。」

「ビットコイン現物に裏付けられたETFは、ビットコイン価格と連動するように適切に構成・設計され、保険も組み入れてあることで、所有者をビットコインの調達と保有の運用上リスクから保護することに役立つ。」

投資の選択肢を広げ、仮想通貨エコシステムの発展にも大きく寄与することになると考えられるビットコインETFですが、規制当局であるSECは、昨年以来なかなかその慎重な態度を変えていません。

5月31日には、シンガポールに本拠をおく、世界第3位の仮想通貨取引所Huobiが、独自の仮想通貨ベースのETF商品取り扱いを発表しています。

仮想通貨投資業界の醍醐味は、国境を越えて互いの動向が影響しあっていくことですが、この動きは、アメリカの規制当局の決断を促すことになるのでしょうか。 今後のSECの判断が注目されます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

幸田直子naokoKodaCoinPostの海外在住ニュース担当記者

カリフォルニア大学卒。アメリカでインテリアデザイナーとして勤務後、会議通訳、翻訳に従事。イギリス在住中に、世界金融の危うい現状を知り、世界情勢について興味を持ったことが、今日、ブロックチェーンと仮想通貨との関わりに結びつき、その潜在力と可能性に注目している。