日本進出予定のCoinbase:ブロックチェーン証券の提供目指す

CoinbaseはSECのブローカー・ディーラーライセンスの承認待ち
世界最大級の仮想通貨取引所CoinbaseがSEC(米国証券取引委員会)のブローカー・ディーラーライセンスの獲得に向かっていることが発表されました。もし、承認されればCoinbaseはブロックチェーンベースの有価証券を提供することが可能になります。
Coinbaseの”ゴール”に向けた動き
先日、Coinbaseは三菱UFJフィナンシャルグループと連携し、日本市場に進出しました。また、Coinbaseは代替的取引システムや投資顧問業者のライセンスをもつ企業を買収してきました。Coinbaseは最も信頼される仮想通貨売買や利用の手段になるという”ゴール”に向け歩みを続けています。
代替的取引システム(Alternative Trading System)とは
Alternative Trading Systemは日本語訳にすると代替的取引システムとなります。米国の情報ネットワーク企業などが運営する電子取引システムのことです。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

投資顧問業者(registered investment advisor)とは
registered investment advisorは日本語では投資顧問業者となり、顧客に有価証券やデリバティブ取引への投資をサポートもしくは、投資の一任を受ける企業のことです。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinbaseはSECのブローカー・ディーラーライセンスの承認待ち

今週水曜日6月6日に世界最大級の仮想通貨取引所Coinbaseが、 SEC(米国証券取引委員会)のブローカー・ディーラーライセンスの獲得に向かっていることが発表されました。

米国の証券ブローカー・ディーラーは証券会社に当たり、委託注文優先の取次業務であるブローカーと、顧客注文を仕切る業務であるディーラーを行うためにはSEC(米国証券取引委員会)への登録が義務付けられています。

Coinbaseの社長およびCOOであるAsiff Hirji氏(以下 Hirji氏)は同社のブログでこのことを明らかにしました。

現在、ブローカー・ディーラーライセンス(broker-dealer license)、代替的取引システム(Alternative Trading System)、投資顧問業者(registered investment advisor)の3つのライセンスの承認待ちとなっています。

もし承認されれば、CoinbaseはSEC(米国証券取引委員会)と米国の金融業規制機構であるFINRA(Financial Industry Regulatory Authority)の監視の下、ブロックチェーンベースの有価証券を提供することが出来ます。

SEC(米国証券取引委員会)Jay Clayton氏は、ビットコインなどのソブリン通貨と取って代わろうとしている仮想通貨に有価証券法を適用することはないと述べていますが、他の通貨に関しては議論が続けられており、初めにクラウドセールスによって配布された通貨は、ビットコインなどとは違うと発表しています。

さらに、SEC(米国証券取引委員会)は、ほぼ全てのICO(Initial coin offering)トークンは政府の指導基準の下では有価証券であるとしています。

Coinbaseの”ゴール”に向けた動き

Coinbaseは先日、三菱UFJフィナンシャルグループと連携し、日本市場の開拓を目指す意向を発表しました。

年内には、仮想通貨交換業の登録を申請する予定です。

三菱UFJと連携し日本進出する米最大級仮想通貨取引所Coinbaseの影響とは?
アメリカ最大の仮想通貨取引所であるCoinbaseは、16年7月に同社に10億円強出資した、三菱UFJフィナンシャルグループ(以下、三菱UFJ)と連携し、日本市場の開拓を目指すと日経新聞が報じました。

仮想通貨業界初のユニコーン企業であるCoinbaseは世界中でビジネスを深く広く広げています。

以前の発言によると、CoinbaseのHirji氏はCoinbaseのプラットフォームにリストアップされてる4つの通貨、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインは米国内での規制の風潮が流れていても、積極的にサポートしていくと発言しています。

ブローカー・ディーラーとして操業することで同社がリストアップすることができる資産(仮想通貨)の数を広げていくことが出来ます。

Hirji氏はブログに以下のように書いています。

「今では仮想通貨から有価証券トークンまで、たくさん種類のブロックチェーンベースのデジタル資産があります。

米国では、これらのいくつかはSEC(米国証券取引委員会)の監視の下になければなりません。

これを考慮しつつも、3つのライセンスを保持することで、私たちはゴールに一歩近づきます。

そのゴールとは、(Coinbaseが)顧客にとって様々な種類の仮想通貨資産を売買したり使用したりするには最も信頼できる手段になることです。」

3つのライセンスの獲得に向けた動きの一環として、Coinbaseは政府が発行する様々なライセンスを持っている3社を買収してきました。

ブローカー・ディーラーとしてSEC(米国証券取引委員会)に登録しているKeystone Capital Corp.とVenovate Marketplace, Inc.に加え、投資顧問業者(registered investment advisor)の認可を受けているDigital Wealth LLC.を買収しました。

また、Venovate Marketplace, Inc.は代替的取引システム(Alternative Trading System)としての認可も受けています。

Hirji氏は次のようにブログを締めくくっています。

「世界のよりオープンな金融システムに向けた大きな一歩だと考えています。

ライセンス獲得を目指し、またブロックチェーンの恩恵を統制された金融サービス産業に与えるように努力してまいります。

随時新情報を更新していくことを楽しみにしています。」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。