夕刊CoinPost|6月11日の重要ニュースと仮想通貨情報

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPost重要ニュース3選

まずは、CoinPost記事のニュースから。

仮想通貨大暴落の原因と今後の注目点を探る|BTC価格は4月初旬の水準に

仮想通貨市場は6月11日夜にかけて暴落し、ビットコイン相場は再度4月初旬に付けた2018年の底値付近と同水準となった。

以下の記事では、仮想通貨暴落の原因を考察している。

仮想通貨大暴落の原因と今後の注目点を探る|BTC価格は4月初旬の水準に
仮想通貨が6月11日夜にかけて暴落し、ビットコイン相場は再度4月初旬と同水準となりました。仮想通貨暴落の原因を探ります。

タイが仮想通貨規制枠組みで基準を明文化|XLM、ETCの取引ペア新承認

タイの証券取引委員会(SEC)は6月8日、仮想通貨取引関連企業に対して、ライセンス料、手数料、登録資本金を策定した。

ICOに関する一般投資家向けの上限額を設けた上、トークン発行者に対して、最低1年間の関与を義務付けた。

タイが仮想通貨規制枠組みで基準を明文化|XLM、ETCの取引ペア新承認
タイの証券取引委員会(SEC)は6月8日、仮想通貨取引関連企業に対して、ライセンス料、手数料、登録資本金を策定。ICOに関する一般投資家向けの上限額を設けた上、トークン発行者に対して、最低1年間の関与を義務付けた。

ノルウェー航空:今後仮想通貨で航空チケットが購入可能に?

4月より本格的に参入し、今後仮想通貨払いがノルウェー航空で行えることを示唆している。

ノルウェー航空:今後仮想通貨で航空チケットが購入可能に?
ノルウェー航空CEOが仮想通貨取引所を4月より開始。取材では仮想通貨を使ったスケーリングにも触れ、ノルウェー航空では仮想通貨払いが今後可能になるのではないかと憶測が飛び交っています。航空チケットが仮想通貨で買える様になるかも?

Pick Up(全般)

仮想通貨市場は、時価総額20兆ドルに到達すると予想

New York Bloomberg Summit中に、元ゴールドマンサックスとフォートレス・インベストメント・グループの著名投資家であるMike Novogratz氏は、Erik Schatzker氏に対し、仮想通貨市場は20兆ドルの時価総額に達すると述べた。

Novogratz氏は、1月の仮想通貨全体の暴騰は、1996年のドットコムバブル(1999年のバブル前に起こり、ドットコムの時価総額を6兆ドルに押し上げてから1兆ドルにまで下落)と似ていると指摘。

Novogratz氏によると、「仮想通貨市場の現在の最高値は9000億ドルだが、この革命はインターネットバブルを超えており、いずれ20兆ドルの価値になる」と考えている。

モスクワ証券取引所:ICO関連情報を提供

モスクワ証券取引所CEO(最高経営責任者)のAlexander Afanasiev氏は金曜日、「モスクワ証券取引所は、ICOについての情報を公開予定である」とロイター通信に対して述べた。

Afanasiev氏によれば、モスクワ証券取引所は現在トークンセールに関する情報を公開するためのプラットフォームを開発中であり、それを18年後半に一般に公開する予定である。

モスクワ証券取引所はトークンの直接上場は行わないが、一定のトークンについての説明と各ICOの詳細を投資家向けに提供する。

モスクワ証券取引所は需要があればICOの先物商品を提供することも考えているという。

“現在、そのような先物商品体制について準備をしている”とアファナシエフ氏は付け加えた。

FunFair (FUN)は底かもしれない

FunFairは5月に大きく下落し、価格は1カ月ぶりに0.06ドルから0.027ドルに下がり、USD建で55%減少した。

現在サポートラインに価格が存在し、このトレンドが反転する可能性があると予想されている。

現在の仮想通貨全体の地合いが悪く、自信を持って上昇トレンドに変わるというのは時期尚早だが、トレンドが反転する可能性があることが言える。

一方で、FunFairがサポートラインを下回る可能性もあり、抜けるとさらに下降トレンドが継続する可能性もあるため、注視するべき通貨だ。

ロシア:ウェブサイトが仮想通貨マイニングのためにハッキングを受ける

ロシアのKhabarovsk市の政府ウェブサイトは、このサイトに訪問した人たちの処理能力を使用し、仮想通貨マインングをするためのハッキングを受けた。 政府のIT担当者Vyacheslav Kovalenko氏は、5月末からWebサイトのページを開いたユーザーが、自分のコンピュータに秘密のマイニングソフトウェアをインストールした悪意のあるWebサイトに転送されたと報告した。

このウェブサイトは、政府の仕事と公式行事に関する情報を掲載しており、1日あたり約600人の訪問者が訪れている。

この事件は、”Cryptojacking”として知られるようになっており、不正マイニング行為は、ここ数ヶ月間で数多くのニュースが報道されている。

Binance:ハッカーがパスワードを盗み2BTCを失う

BeanThe5は、 自分のBinanceアカウントで起こった盗難に関して、人気の高い/r/cryptocurrencyのサブディレクトリにスレッド立てた。このRedditスレッドを見た多数のユーザーは、Binanceがセキュリティに関して最も信頼のある取引所であったため、かなり驚いていた。

ハッカーは、”SIMスワップ”方式を使用し、セキュリティの高い2段階認証(2FA)を通過することができた。

犯人は、個人電話プロバイダに連絡して、すべてのSIM情報をハッカーの携帯電話に移動させる必要があり、元のユーザーデバイスではなくハッカーの電話にすべての2FAセキュリティメッセージが送信されます。

そうすることで個人パスワードにもアクセスが可能になるため、2FAアカウントを管理した後、Binanceから資金を引き出すことが簡単だった。

Bitstamp、Kraken、ItBit、Coinbase:CFTCの捜査を受ける

Bitstamp、Kraken、iBit、Coinbaseの4つの取引所が新たな調査を受け、市場で不安を引き起こし、Bitcoinが7,000ドルを下回った。

米国政府の調査官が、CoinbaseとKrakenを含む4つの主要仮想通貨取引所に、「価格操作の疑念が生じた」として取引データの提供を求めたのだ。

これを受け、週初に先物取引が始まったCMEでは先物売りが膨らんだ。

一時6650ドルと前週末の清算値と比べた下げ幅が1000ドルに達し、つられてCBOEの先物価格も大幅安となった。

IDAアイルランド:多国籍企業を引き付けるためのブロックチェーンイニシアチブを支援

国家機関は、ブロックチェーン技術を扱う企業間で革新と協力行動を促進するために、Blockchain Irelandと呼ばれるイニシアチブをリードしている。

オンラインプラットフォームは、ブロックチェーンに焦点を当てた国際的ビジネスのために、理想的な場所として共和国を宣伝するためにも使用されるだろう。

最近では、技術者がイーサリアムベースのブロックチェーンプラットフォームと製品を作成し提供する開発ラボを含む、ダブリンベースの新しい革新的スタジオを作り、60人を雇用する計画を発表した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。